« 男のご飯−707 | トップページ | 男のご飯−709 »

2010年8月22日 (日)

男のご飯−708

今日は創作日本料理。先ずはサーモンといくらのサラダ、ミツバ・三色パプリカ・キューリ・人参といくらをてんこ盛りにして、レモンを搾りブラックペパーとパセリを振り掛け特性胡麻マヨドレでいただく。脂乗り々でいくらでもいける位旨い。次は蒸し穴子のグルグル巻き、蒸し穴子をグルグルに出し巻きにしてもろキューとミツバを添えほんの少しの岩塩でいただく。身がホク々で目が回りそうな位美味しい。三品目は餅豚の生姜焼き、酒・味醂・醤油・胡麻油・塩胡椒と下ろし生姜のタレに漬け込み、胡麻油でチンゲンサイと一緒に炒め炒り胡麻をたっぷり振り掛けていただく。タレが良く馴染んで生姜ない位旨ーい。四品目は手羽先のカレー風味のパン粉揚げ、塩胡椒・ガーリック・タイムを振り掛け細かく砕いたパン粉とカレー粉をまぶして揚げ、レタスを敷きオクラを添えレモンを搾っていただく。きめ細かいカレー風味のパン粉がカリッと仕上がってレモンの酸味とマッチして羽ばたきたくなる位美味しーい。最後は穴子のお澄まし、穴子の頭と豆腐・京薄揚げを入れ炒り粉だし・酒・ミリンと醤油で仕上げミツバをたっぷり入れレモンの皮をトッピングしていただく。穴子れ無い位良いだしが出てコクが合って旨い。今日の〆のデザートはあん鈴豆腐とコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、サーモンといくらのサラダ
2、蒸し穴子のグルグル巻き
3、餅豚の生姜焼き
4、手羽先のカレー風味のパン粉揚げ
5、穴子のお澄まし
6、あん鈴豆腐とコーヒー

Img_15352

|

« 男のご飯−707 | トップページ | 男のご飯−709 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−708:

« 男のご飯−707 | トップページ | 男のご飯−709 »