« 男のご飯−684 | トップページ | 男のご飯−686 »

2010年7月21日 (水)

男のご飯−685

今日は創作日本料理。先ずはツナの胡麻サラダ、ミツバ・大根・人参・キューリ・セロリ・マッシュルーム・アボガド・トマトと一緒に、炒り胡麻をたっぷり振り掛け胡麻油とマヨネーズでいただく。ご満足なサラダで美味しい。次は茄子と満願寺唐辛子の煮物、胡麻油で軽く炒めだし・酒・味醂・醤油に鷹の爪を加えて煮込み鰹節をたっぷり振り掛けていただく。炒めた満願寺唐辛子がとても甘く夏本番て言うくらいチョイピリで旨い。三品目は鰻巻き、シンプルに半身を卵でグル々に巻き残りの蒲焼きを添えてミツバを飾りタレに山椒を振り掛けていただく。少し早めの夏本番は言う事無くボリューム満点で美味しーい。四品目はトンカツ、肉厚の餅豚ブロックに塩胡椒をしてチーズをたっぷり挟み、パン粉を直にまぶして揚げ千切りキャベツとトマトを添えレモンを搾ってケチャップでいただく。小麦粉を付けないことで適度に油が抜けてコンガリトロ々で旨ーい。最後はあさりのお澄まし、鱚の日干しで取っただしであさりを煮込み塩と味醂で仕上げミツバをたっぷり入れ柚子を刻んでいただく。何とも言えない鱚の上品な甘いだしがあさりのだしと相まって美味しい。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、ツナの胡麻サラダ
2、茄子と満願寺唐辛子の煮物
3、鰻巻き
4、トンカツ
5、あさりのお澄まし
6、バニラのアイスクリームとコーヒー

Img_055612

|

« 男のご飯−684 | トップページ | 男のご飯−686 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−685:

« 男のご飯−684 | トップページ | 男のご飯−686 »