« 男のご飯−666 | トップページ | 男のご飯−668 »

2010年6月26日 (土)

男のご飯−667

今日は創作日本料理。先ずはサラミとチーズの胡麻サラダ、ミツバ・大根・人参・キューリ・パプリカ・トマト・生ワカメにバジルの葉を加えレモンを搾り炒り胡麻・胡麻油とマヨネーズでいただく。セサミンにバジルの香りが加わって美味しい。次は肉じゃが、バラブロックを塩胡椒とガーリックで軽く炒め人参を加え鰹だし・酒・味醂・砂糖と醤油でじっくり煮込み、蒸かし芋とマロニーを添えミツバとレモンの皮をトッピングしていただく。お肉がトロ々で脂身が甘く芋がさっぱりしてどいつもこいつも旨い。三品目は鰤カマ大根、塩胡椒をして胡麻油で焼き鰹だしでとことん煮込んだ大根と原木椎茸を添えミツバを飾りレモンを搾っていただく。鰤は適度に脂が乗っていてレモンでさっぱりと大根は粒マスタードたっぷりで美味しーい。四品目は地鶏の唐揚げ、だし・酒・味醂・砂糖と味噌のタレに漬け込んで片栗粉をまぶして唐揚げにし、レタスの上にトマトとパプリカと一緒に盛リレモンをたっぷり搾っていただく。一言たれが良く染みて滅茶苦茶旨ーい。最後は生ワカメと京薄揚げとじゃがいものお澄まし、炒り粉だし・酒・味醂と醤油で仕上げ炒りごまをたっぷり入れていただく。胡麻ん足でさっぱりして美味しい。今日の〆のデザートは熟れ々プラムとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、サラミとチーズの胡麻サラダ
2、肉じゃが
3、鰤カマ大根
4、地鶏の唐揚げ
5、生ワカメと京薄揚げとじゃがいものお澄まし
6、熟れ々プラムとコーヒー

Img_106672

|

« 男のご飯−666 | トップページ | 男のご飯−668 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−667:

« 男のご飯−666 | トップページ | 男のご飯−668 »