« 男のご飯−665 | トップページ | 男のご飯−667 »

2010年6月25日 (金)

男のご飯−666

今日は創作日本料理。先ずは卵とチーズのサラダ、レタス・ベビーリーフ・大根・人参・パプリカ・キューリ・トマトと一緒にイクラをトッピングしてマヨネーズでいただく。半熟卵とチーズと野菜の一体感が良いあんばいで旨い。次は椎茸の肉詰め、原木椎茸の軸をみじん切りにして合挽き肉に塩胡椒と五香粉を練り込んで詰め、胡麻油で炒めピーマンを添えレモンを搾っていただく。みじん切りした軸の歯応えが程よくジューシーで身分厚で美味しい。三品目は地鶏の照り焼き、塩胡椒・ガーリックとタイムを擦り込んで焼き砂糖とだしに味醂で照りをつけレタスとトマトと一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。照り具合と言いショキ々したレタスにレモンが利いて旨ーい。四品目はイカナゴの南蛮、丁寧に腹わたと背骨を取り塩胡椒と片栗粉をまぶしてコンガリ揚げ二杯酢を回しがけ、刻みレモンとミツバと一緒にいただく。衣に二杯酢が良く染みてミツバとレモンの風味が絶妙で美味しーい。最後は海老卵のワカメあんかけ、塩胡椒をして炒めた海老にを半熟の卵で包み、鰹だし・酒・味醂・醤油に生わかめを加え片栗粉で仕上げたあんを掛けミツバをたっぷり入れ柚子と一緒にいただく。この美味しさは柚子れまへん。今日の〆のデザートはミルクのアイスクリームとコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、卵とチーズのサラダ
2、椎茸の肉詰め
3、地鶏の照り焼き
4、イカナゴの南蛮
5、海老卵のワカメあんかけ
6、ミルクのアイスクリームとコーヒー

Img_1063312

|

« 男のご飯−665 | トップページ | 男のご飯−667 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−666:

« 男のご飯−665 | トップページ | 男のご飯−667 »