« 男のご飯−650 | トップページ | 男のご飯−652 »

2010年6月 3日 (木)

男のご飯−651

今日は創作日本料理。先ずは貝柱に鮭といくらの親子のサラダ、ベビーリーフ・水菜・大根・人参・セロリ・空豆・キューリ・トマトと一緒にミルしたナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。旬鮮でゴマン足で美味しい。次はサワラの塩焼き、塩だけで焼きブロッコリー・冷や奴にミョウガ竹の甘酢味噌を添えレモンを搾っていただく。昔ながらのこう言う旬の素材はシンプルな調理が素材が活きて旨い。三品目はニラ玉の炒め物、玉ねぎ・ニンニクの茎と一緒に黒毛和牛を炒めニラ・もやしと味醂・オイスターソース・塩胡椒で仕上げ卵を半熟に綴じていただく。お肉は餅々で卵はフワ々で美味しーい。四品目は地鶏の唐揚げ、酒・味醂・だし・醤油・胡麻油・塩胡椒と玉ねぎのみじん切りを加えたタレに漬け、片栗粉をまぶして水分を飛ばしながら唐揚げにし水菜とトマトを添えレモンをたっぷり搾っていただく。タレが良く染みて衣に絡み付いた甘い玉ねぎの食感が何とも言えず旨ーい。最後は豚汁、大根・人参・茄子・カボチャ・舞茸・ゴボウ・京薄揚げ・絹豆腐を、炒り粉だし・酒・味醂とお味噌で仕上げ刻みネギをたっぷり入れていただく。具沢山で美味しい。今日の〆はミルクのアイスクリームとコーヒーでお腹いっぱいになりました。

1、貝柱に鮭といくらの親子のサラダ
2、サワラの塩焼き
3、ニラ玉の炒め物
4、地鶏の唐揚げ
5、豚汁
6、ミルクのアイスクリームとコーヒー

Img_997312

|

« 男のご飯−650 | トップページ | 男のご飯−652 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−651:

« 男のご飯−650 | トップページ | 男のご飯−652 »