« 男のご飯−638 | トップページ | 男のご飯−640 »

2010年5月19日 (水)

男のご飯−639

今日は創作日本料理。先ずはお刺身の盛り合わせ、ウニ・鯛・鮃・中トロ・鮭・サーモン・いくら・貝柱・赤貝・穴子・イカに卵を添えすだちを搾ってワサビ塩でいただく。旬鮮で美味しいとしか言えまへん。次は加茂茄子の田楽、皮から丁寧にくり抜いて塩胡椒と片栗粉をまぶして揚げ味噌・酒・だし・砂糖と味醂のタレで仕上げ、ミツバの上に盛りトマトを添え木の芽を飾りレモンを搾っていただく。揚げ加減と味噌ダレの絡み具合がマッチして木の芽の香りが程よく旨い。三品目は握り寿司、お刺身のネタを気持ち固めに炊いた人肌で小降りのシャリで握りレモンを搾って岩塩でいただく。軍艦巻きのウニは言うまでも無くシャリの甘酢が決って美味しーい。四品目は天ぷらの盛り合わせ、海老・イカ・鯛・鮪にカボチャ・茄子・パプリカ・椎茸・ミツバと一緒に揚げてパセリを飾りレモンとすだちを搾り分け岩塩でいただく。卵がたっぷりの衣がカリッと揚がってそれぞれのネタが際立って旨ーい。最後はシジミの赤出し、炒り粉だし・酒・味醂で煮込んで赤味噌を溶きミツバをたっぷり入れていただく。シジミのだしがしっかり出ていて身もプリ々でお寿司が引き立って美味しい。今日の〆のデザートはバニラアイスとブルーベリーヨーグルトにコーヒーで美味しい々ご飯でした。

1、お刺身の盛り合わせ
2、加茂茄子の田楽
3、握り寿司
4、天ぷらの盛り合わせ
5、シジミの赤出し
6、バニラアイスとブルーベリーヨーグルトにコーヒー

Img_948312

|

« 男のご飯−638 | トップページ | 男のご飯−640 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−639:

« 男のご飯−638 | トップページ | 男のご飯−640 »