« 男のご飯−631 | トップページ | 男のご飯−633 »

2010年5月10日 (月)

男のご飯−632

今日は創作日本料理。先ずは鮭といくらの親子のサラダ、ミツバ・大根・人参・キューリ・パプリカ・セロリ・トマトと一緒にレモンを搾ってマヨネーズでいただく。野菜がショキ々で鮭は脂が乗っていて親孝行で美味しい。次は椎茸の肉詰め、鶏ミンチに塩胡椒とガーリックを振り掛けて練り込み椎茸にたっぷり詰め、片栗粉をまぶしてごま油で揚げ煎り胡麻を振り掛けレモンを搾って岩塩でいただく。肉汁もたっぷりジューシーで椎茸がカラッと揚がって旨い。三品目は若竹煮、鰹だしに酒・味醂と醤油で大根をしっかり煮込み柔らかくなった所に筍と生わかめを加えて軽く煮込み木の芽をトッピングしていただく。大根はトロ々で上品な薄味のたっぷりなだしに木の芽の香りが程よく美味しい。四品目はチンゲンサイとあさりの炒め物、玉ねぎニンニクと一緒にあさりを炒めチンゲンサイと枝豆を加え、だし・白ワイン・味醂・醤油に鷹の爪を利かせて蒸し焼きにしレモンをたっぷり搾っていただく。あさりもチンゲンサイは言うまでも無く枝豆の歯応えがたまらなく旨ーい。最後はキューリとカルビの炒め物、カルビは塩胡椒とガーリックに片栗粉をまぶして炒め種を取ったキューリを加え、だし・酒・味醂・醤油とゴマ油で仕上げ煎り胡麻を振り掛けすだちを搾っていただく。お肉にソースが良く絡んでキューリがショキ々で美味しーい。今日の〆のデザートはアイスクリームにりんごのヨーグルト掛けとコーヒーでお腹いっぱいになりました。

1、鮭といくらの親子のサラダ
2、椎茸の肉詰め
3、若竹煮
4、チンゲンサイとあさりの炒め物
5、キューリとカルビの炒め物
6、アイスクリームにりんごのヨーグルト掛けとコーヒー

Img_926612

|

« 男のご飯−631 | トップページ | 男のご飯−633 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−632:

« 男のご飯−631 | トップページ | 男のご飯−633 »