« 男のご飯−611 | トップページ | 男のご飯−613 »

2010年4月 7日 (水)

男のご飯−612

今日は創作日本料理。先ずは生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ、春キャベツ・香菜・人参・キューリ・パプリカ・セロリ・トマトと一緒にブラックペッパーとマヨネーズでいただく。やっと暖かくなり何もかもが春々して美味しい。次は鮎の塩焼き、鮎の解禁を待ちきれず丁寧に鱗と滑りを落とし化粧塩をして塩焼きにしレモンを搾ってたで酢でいただく。身がとても柔らかで苦みも少なく旨い。三品目は春キャベツとアスパラガスの牛スジ炒め、塩胡椒とガーリックでを軽く炒め野菜を加えて少なめのオイスターソースで仕上げ香菜をトッピングしていただく。春キャベツが甘くお肉は適度な歯応えがありジューシーで美味しーい。四品目は菜の花のクリームチキン、塩胡椒・ガーリックとミックスハーブを擦り込んで炒め湯がいた菜の花を加え、だし・酒・ミルクと生クリームで仕上げレモンを搾っていただく。お肉がとてもクリーミーでしかもジューシーで菜の花も苦く無く旨ーい。最後は筍とふきのお吸い物、炒り粉だし・酒・味醂と醤油で仕上げ木の芽を浮かせていただく。野菜もだしも上品で木の芽が利いて美味しい。今日の〆のデザートはカボチャの白玉団子とあずきにコーヒーでお腹いっぱいになりました。

1、生ハムとアボガドと半熟卵のサラダ
2、鮎の塩焼き
3、春キャベツとアスパラガスの牛スジ炒め
4、菜の花のクリームチキン
5、筍とふきのお吸い物
6、カボチャの白玉団子とあずきにコーヒー

Img_85552

|

« 男のご飯−611 | トップページ | 男のご飯−613 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−612:

« 男のご飯−611 | トップページ | 男のご飯−613 »