« 男のご飯−576 | トップページ | 男のご飯−578 »

2010年2月17日 (水)

男のご飯−577

今日はイタリアン。先ずは温製サラダ、空豆・細筍・カボチャ・ブロッコリー・パプリカ・ピーマン・ズッキーニ・人参・しめじを蒸し焼きにして、ベビーリーフを散らし塩胡椒とオリーブオイルにレモンを搾っていただく。香ばしくてホク々で甘く素材の味が際立って旨い。次は手羽先と空豆のコンソメスープ、塩胡椒をして焼き目をつけ玉ねぎ・しめじ・ニンニクとローズマリーの葉で煮込みパセリをトッピングしていただく。鶏のさっぱりした脂とローズマリーの風味が活きて身もスープも美味しい。三品目は鱈の白子のコトレッタ、塩胡椒をしてミキサーに掛けたパン粉をつけ溶き卵に潜らせて粉チーズとパン粉を再度まぶしてオリーブオイルで焼き揚げ、じゃがいも・人参・ブロッコリー・ズッキーニ・アボガドとパセリを添え、ブルーチーズをトッピングしレモンを搾って焦しビネガーソースでいただく。衣がカリ々で香ばしく身はトロ々でブルーチーズがバッチリで旨ーい。四品目はラムチョップのバルサミコソース、塩胡椒・ガーリック・タイムをして焼き空豆・アスパラガス・人参・じゃがいも・トマトにパセリを飾りレモンをたっぷり搾っていただく。そのままでも酸味の利いたソースでもとてもジューシーで美味しーい。最後はボロネーゼとポモドーロのフェットチーネ、鶏ミンチのボロネーゼに茄子・パプリカ・ズッキーニ・セロリとホールトマトで仕上げたソースをたっぷり絡め、パセリとバジルをトッピングしてパルミジャーノを削り掛けていただく。アルデンテのパスタに溢れんばかりのソースがたっぷり絡んで具沢山で旨い。今日の〆のデザートはバンビーノとカスタードクリームにカプチーノで美味しい々イタリアンでした。

1、温製サラダ
2、手羽先と空豆のコンソメスープ
3、鱈の白子のコトレッタ
4、ラムチョップのバルサミコソース
5、ボロネーゼとポモドーロのフェットチーネ
6、バンビーノとカスタードクリームにカプチーノ

Img_72072

|

« 男のご飯−576 | トップページ | 男のご飯−578 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−577:

« 男のご飯−576 | トップページ | 男のご飯−578 »