« 男のご飯−518 | トップページ | 男のご飯−520 »

2009年12月 1日 (火)

男のご飯−519

今日は創作中華料理。先ずは肉団子と春雨のスープ煮、合挽き肉・生姜・ネギ白菜・酒・片栗粉で団子にして、鶏ガラ・酒・ガーリック・塩胡椒で戻した春雨・トマトと一緒に煮込んで塩胡椒で仕上げていただく。トマトの酸味が程よく温まって美味しい。次は鮭といくらの皇帝風サラダ、キューリ・セロリ・大根・人参・パプリカにミョウガを加え、ミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。ほんまに親孝行で旨い。三品目は鶏もも肉のレタス巻き、塩胡椒・五香粉とニンニクでじっくり焼き上げだし・酒・テンメンジャン・味醂と豆板醤で仕上げたタレをたっぷりつけ、レモンを搾ってトマトと一緒にレタスで巻いていただく。皮がカリッとして身がジューシーでピリットパンチが利いて美味しい。四品目は蒸し野菜の胡麻味噌、ブロッコリー・カリフラワー・アスパラガス・人参・蓮根・長芋・ヤングコーン・スナック豌豆を蒸し、だし・酒・味醂・砂糖・大阪味噌・テンメンジャンで仕上げた味噌ダレに炒りごまをたっぷり掛けていただく。シンプルな故夫々の野菜の味が際立って旨く胡麻かしが利か無いのが味噌かな。五品目は牡蠣のオイスターソース炒め、長ネギ・ニンニク・生姜・ピーマン・パプリカ・人参・舞茸・アスパラガスと一緒に炒め、だし・酒・味醂・豆板醤・ラー油・胡麻油と塩胡椒で仕上げていただく。オイスターソースと調味料バランスが良く身がプリン々で野菜も美味しーい。最後はかに玉、卵を溶き刻みネギ・生姜汁・だしと一緒に焼き、だし・酒・砂糖・醤油・味醂・生姜汁と片栗粉で仕上げたあんをたっぷり掛けていただく。卵がフワ々で蟹があーん旨ーい。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、肉団子と春雨のスープ煮
2、鮭といくらの皇帝風サラダ
3、鶏もも肉のレタス巻き
4、蒸し野菜の胡麻味噌
5、牡蠣のオイスターソース炒め
6、かに玉

Img_554312


|

« 男のご飯−518 | トップページ | 男のご飯−520 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−519:

« 男のご飯−518 | トップページ | 男のご飯−520 »