« 男のご飯−477 | トップページ | 男のご飯−479 »

2009年10月10日 (土)

男のご飯−478

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと野菜のサラダ、水菜・キューリ・イエロートマト・パプリカ・人参・大根・栗と一緒に胡椒とマヨネーズでいただく。言う事無く美味しい。次は秋の定番土瓶蒸し、鰹だしに酒と味醂とマツタケをこれでもかと入れ鱧・銀杏・ミツバと一緒に仕上げすだちを搾っていただく。マッタケの香りがたまらなく笑ける位美味しーい。三品目は秋の定番栗ご飯、ちょっと多めに栗を入れミツバをトッピングしてすだちを搾っていただく。笑ける位旨ーい。四品目は鯛の骨焼き、塩胡椒をして満願寺唐辛子と一緒に焼いてこれもすだちを搾っていただく。脂がしっかり乗っていて魚好きには滅茶苦茶美味しーい。五品目は手羽先のバター焼き、塩胡椒をしてオクラ・百合ねと一緒に焼いて柚子を搾っていただく。羽ばたきたくなる位旨い。最後は餅豚の野菜炒め、白菜・水菜・人参・セロリ・椎茸・ピーマンと一緒に炒め、だし・酒・醤油で仕上げミツバと香菜をトッピングしていただく。仕上げには申し分無く美味しい。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、生ハムと野菜のサラダ
2、土瓶蒸
3、栗ご飯
4、鯛の骨焼き
5、手羽先のバター焼き
6、餅豚の野菜炒め

Img_431412

|

« 男のご飯−477 | トップページ | 男のご飯−479 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−478:

« 男のご飯−477 | トップページ | 男のご飯−479 »