« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

男のご飯−469

今日は創作日本料理。先ずは野菜と豆腐のサラダ、ベビーリーフ・キューリ・トマト・大根・人参・香菜と一緒にたっぷり煎り胡麻を掛けレモンを搾りマヨネーズでいただく。胡麻の風味が程よく野菜が美味しい。次は牛肉と筍の炒め物、ピーマンと一緒に大白胡麻油で炒め酒・だし・醤油・タイム・ゴマ油と塩胡椒で仕上げ香菜をたっぷりトッピングしていただく。香菜との相性も良くお肉が旨い。三品目は真鯛の兜煮、酒と味醂でじっくり煮込みだし・砂糖と醤油で仕上げ、味醂で照りを付けごぼう・ねぎ・豆腐と一緒にレモンを搾っていただく。身が柔らかくとことん骨まで美味しーい。四品目は揚げ茄子の煮物。シンプルに軽く片栗粉をまぶして揚げ炒り粉だし・酒・味醂・醤油で薄味に煮込み刻みネギをたっぷりトッピングしていただく。揚げた茄子にだしが良く染込んで上品な味で旨ーい。五品目は切り干し大根、しっかりもみ洗いをして京薄揚げ・鷹の爪と一緒にゴマ油で炒め、戻し汁・だし・酒・砂糖・味醂で仕上げ香菜をトッピングしていただく。こういう家庭の味がほんまに美味しい。最後は豆腐と京薄揚げのお吸い物、鰹だし・酒・味醂とほんの少しの醤油で仕上げ刻みネギをたっぷり入れゆずを利かせていただく。仕上げにはさっぱりして旨い。今日の〆のデザートはお腹いっぱいで食べれませんでした。

1、野菜と豆腐のサラダ
2、牛肉と筍の炒め物
3、真鯛の兜煮
4、揚げ茄子の煮物
5、切り干し大根
6、豆腐と京薄揚げのお吸い物

Img_40031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

男のご飯−468

今日はブルゴーニュワインでフレンチ、先ずはカボチャのクリームスープ、ブイヨンで玉ねぎと一緒にコトコト煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げパセリを刻んでいただく。とてもクリーミーで旨い。次は小鯛のカルパッチョ、ベビーリーフ・セロリ・トマト・パセリと昆布締めした小鯛にレモンを乗せ、塩胡椒・太白胡麻油とマヨネーズでいただく。昆布の締め方が適度で美味しい。三品目はイベリコ豚のソテー、塩胡椒・ニンニクにローリエを利かせてソテーし、カボチャ・椎茸・人参・玉ねぎ・トマトにクレソンを添えケチャップとレモンを搾っていただく。気持ちレアー気味に仕上げたお肉がとてもジューシーで旨ーい。四品目はからすカレイのラタトゥイユソース、塩胡椒・ニンニクにオレガノを利かせ片栗粉をまぶしてソテーしてカボチャ・茄子・パプリカ・ピーマン・玉ねぎ・ズッキーニをコンソメとホールトマトで仕上げたラタトゥイユソースを掛けレモンを搾っていただく。この脂の乗り方はトマトう事無く華麗で美味しーい。最後は栗入りクリームリゾット、玉ねぎとニンニクで炒め栗と一緒にチキンブイヨンで煮込みパセリをトッピングしていただく。とてもクリーミーで目がクリ々する位旨い。今日の〆のデザートは栗とブルーベリーヨーグルトのアイスクリームで美味しい々フレンチでした。

1、カボチャのクリームスープ
2、小鯛のカルパッチョ
3、イベリコ豚のソテー
4、からすカレイのラタトゥイユソース
5、栗入りクリームリゾット
6、栗とブルーベリーヨーグルトのアイスクリーム


Img_392012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

男のご飯−467

今日は創作日本料理。先ずは野菜と卵のサラダ、トマト・キューリ・人参・大根・パプリカ・空心菜と半熟茹卵を塩胡椒とマヨネーズでいただく。野菜と半熟卵の絡みが絶妙で美味しい。次は里芋の煮っ転がし、丁寧に剥いて水につけ水から煮込んで灰汁を洗い、昆布だしで酒・味醂・醤油でじっくり煮込みゆずをトッピングしていただく。とても柔らかくホクホクで笑ける位旨い。三品目は豆腐と京薄揚げのお澄まし、炒り粉だしで仕上げミツバをたっぷり入れていただく。さっぱりあー美味しいって感じ。四品目はするめいかの昆布煮、昆布と鰹だしで砂糖・味醂・酒・醤油を内臓と一緒に煮込んでいただく。昆布のだしが利いてこんなイカした旨い食べ方は内臓。五品目は焼きそば、豚・いか・海老・キャベツ・もやし・人参・椎茸・紅生姜と一緒に、だしを少し入れウースターソースとトンカツソースで炒め粉鰹・鰹節・マヨネーズをたっぷり掛け溶き卵につけていただく。青海苔が無くても滅茶苦茶旨い。最後は卯の花のだし煮、人参・ごぼう・干し椎茸・ねぎと一緒に昆布・炒り粉だし・酒・味醂・砂糖・醤油で煮込んでいただく。だしが多い分パサつかずしっとりして美味しい。今日の〆のデザートはブルーベリーのアイスクリームで美味しい々ご飯でした。

1、野菜と卵のサラダ
2、里芋の煮っ転がし
3、豆腐と京薄揚げのお澄まし
4、するめいかの昆布煮
5、焼きそば
6、卯の花のだし煮
7、ブルーベリーのアイスクリーム

Img_38692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

男のご飯−466

今日は創作日本料理。先ずは野菜のサラダ、空心菜・キューリ・人参・大根・パプリカ・トマト・ミツバと一緒に炒り胡麻とマヨネーズでいただく。美味しいではおまへんか。次は塩豚、塩胡椒・タイムをして炒め塩・酒・炒り粉だしでじっくり煮込みミツバを添えレモンを搾っていただく。塩見加減が絶妙で旨ーい。三品目は鯵の塩焼き、只ただ塩胡椒をして焼いてミツバを添えたっぷりレモンを搾っていただく。真鯵に美味しい。四品目は手羽先のバジルペースト、塩胡椒をしてフライパンで焼いてピーマンと人参を添えレモンを搾っていただく。滅茶苦茶旨くて羽ばたきたくなる。五品目は豆腐と京薄上げのお吸い物、鰹だしでミツバをたっぷり入れすだちを搾っていただく。さっぱりして美味しいではおまへんか。最後は米茄子の田楽、塩胡椒をしてフライパンで焼いてだしに溶いたたっぷりのあま味噌で仕上げてレモンを搾っていただく。この旨さは甘さを利かせたのが味噌やな。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、野菜のサラダ
2、塩豚
3、鯵の塩焼き
4、手羽先のバジルペースト
5、豆腐と京薄上げのお吸い物
6、米茄子の田楽

Img_384012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

男のご飯−465

今日は創作中華料理。先ずは戻り鰹の皇帝風サラダ、キューリ・パプリカ・人参・大根・セロリ・白髪ねぎにミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。美味しくて鰹に戻ってくれてありがとうと言いたい。次はチンゲンサイのクリームスープ、鶏ガラでじっくり煮込み生クリームとミルクと塩胡椒で味を整えていただく。トロットロでクリーミーで旨ーい。三品目は麻婆茄子豆腐、ネギ・ニンニクと鷹の爪で合挽き肉を炒め鶏ガラに塩胡椒・花椒・酒・オイスターソース・胡麻油と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。ピリッとパンチが利いてパクチーとの相性が良く美味しい。四品目は酢豚、下ごしらえした餅豚と刻みねぎ・ニンニク・ピーマン・人参・筍を大白胡麻油で炒め鶏ガラ・酒・五香粉・ポン酢と片栗粉で仕上げパセリを刻みレモンを搾っていただく。レモンとお酢の爽やかな酸味が適度で美味しーい。最後は焼き餃子、シンプルに豚とねぎを包んで蒸し焼きにしてパクチーと一緒にポン酢とラー油でいただく。皮がカリッと具はジューシーで旨い。今日の〆のデザートはもぎたてのイチジクで用意した鶏の唐揚げは食べれませんでした。

1、戻り鰹の皇帝風サラダ
2、チンゲンサイのクリームスープ
3、麻婆茄子豆腐
4、酢豚
5、焼き餃子
6、もぎたてのイチジク

Img_38042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

男のご飯−464

今日は創作日本料理。先ずは野菜と豆腐のサラダ、レタス・人参・大根・パプリカ・キューリと一緒に炒り胡麻をたっぷり掛けマヨネーズでいただく。美味しくてこのシンプルさには叶わない。次は牛スジの土手焼き、塩胡椒とニンニクで軽く炒めごぼうとコンニャクを加え、炒り粉だしで煮込み砂糖にお味噌を溶いてとことん煮込んでいただく。どいつもこいつもトロットロで旨ーい。三品目は鮭といくらの親子の塩焼き、塩胡椒だけでフライパンで焼き長ネギ・ブロッコリー・オクラと人参を添えいくらをたっぷりトッピングしてレモンを搾っていただく。美味しくてイクラでも食べてしまう。四品目は手打ちカレー卵綴じうどん、牛肉・長ネギ・焼き茄子と一緒にだしに溶いたカレーと、だしに綴じた卵を掛け千切りネギをトッピングして一味でいただく。この腰の入り様は最早笑ける位美味しーい。最後は豆腐と京薄上げと大根のお味噌汁、日本の定番とも言えるこのお味噌汁は旨い。今日の〆のデザートはブルーベリーのアイスクリームで用意した鶏の唐揚げは食べれませんでした。

1、野菜と豆腐のサラダ
2、牛スジの土手焼き
3、鮭といくらの親子の塩焼き
4、手打ちカレー卵綴じうどん
5、豆腐と京薄上げと大根のお味噌汁
6、ブルーベリーのアイスクリーム

Img_37802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

男のご飯−463

今日はワインでイタリアン。先ずはキュロットのクリームスープ、コンソメで炒めた玉ねぎと一緒に煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げパセリを振りかけていただく。とてもクリーミーで美味しい。次はカプレーゼ、国内の牧場が作った自家製のモッツァレラをトマトとバジルに乗せ、塩胡椒・太白胡麻油を掛けレモンと一緒にいただく。爽やかな太白胡麻で旨い。三品目は久しぶりのミニピザ、餃子の皮にトマトソース・アーリーレッド・パプリカ・しめじ・茄子・バジルと一緒に、たっぷりのモッツァレラで焼きパプリカを振りかけてただく。旨いとしか言えまへん。四品目は地鶏のトマトソース煮込み、塩胡椒・タイムと片栗粉をして玉ねぎ・人参・セロリ・茄子・茸・と一緒に軽く炒め、ローズマリーの葉を入れチキンブイヨンとホールトマトでじっくり煮込んでいただく。トマトの酸味が程よくハーブが利いて美味しーい。五品目はサーモンのバジルペースト、塩胡椒と片栗粉をしてこんがり焼いてバジルペーストをたっぷり乗せ、人参・ブロッコリー・しめじ・オクラとパセリを添え特製トマトソースにレモンを搾っていただく。脂の乗ったサーモンがホクホクでバジルが旨ーい。最後はクリームパスタの巨峰添え、炒めた玉ねぎをコンソメとミルクに生クリームで仕上げたソースにフェデリーニを絡め巨峰と一緒にいただく。クリームがたっぷり絡み甘い巨峰と相性が良く美味しい。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、キュロットのクリームスープ
2、カプレーゼ
3、ミニピザ
4、地鶏のトマトソース煮込み
5、サーモンのバジルペースト
6、クリームパスタの巨峰添え

Img_376012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

男のご飯−462

今日は創作日本料理。先ずは卵と野菜のサラダ、ミツバ・セロリ・人参・大根・パプリカ・枝豆・ガーネット・パクチーと一緒に太白胡麻油とマヨネーズでいただく。卵の湯で加減が絶妙で野菜が旨い。次は冬瓜と豆腐と京薄揚げのお味噌汁、鰹だしでじっくり煮込んで赤味噌を溶いて長ネギをトッピングして一味でいただく。冬瓜が柔らかく一味がピリッと利いて美味しい。三品目は穴子の出し巻き、シンプルに焼き穴子をだし少なめの卵で巻いてパセリをトッピングして大根おろしでいただく。この美味しさは穴どれ無い。四品目は黒豚の角煮、塩胡椒をして軽く焼き炒り粉だし・酒・味醂でカボチャと一緒にトロ々に煮込んでレモンを搾っていただく。辛子が無くても滅茶苦茶旨い。最後は秋鯖の塩焼き、今回は塩胡椒をしてフライパンでしめじ・パプリカと一緒に焼いてレモンを搾って大根おろしでいただく。とても鯖々して美味しーい。今日の〆のデザートはブルーベリーとソーダーのアイスクリームで美味しい々ご飯でした。

1、卵と野菜のサラダ
2、冬瓜と豆腐と京薄揚げのお味噌汁
3、穴子の出し巻き
4、黒豚の角煮
5、秋鯖の塩焼き
6、ブルーベリーとソーダーのアイスクリーム

Img_37092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

男のご飯−461

今日は創作中華料理。先ずは冬瓜の鶏ガラスープ、只ただじっくり煮込んで片栗粉でほんの少しトロミをつけパクチーをたっぷり入れていただく。冬瓜がトロ々で美味しい。次は皇帝風サラダ、鯛・鮪・サーモン・いくらと一緒に何時もの野菜と特製マヨドレでいただく。それぞれの魚を一度に楽しめて旨ーい。三品目はチンゲンサイと貝柱のクリーム煮、塩胡椒・ニンニク・鶏ガラ・酒で煮込み生クリームで仕上げパセリをトッピングしていただく。これもまたクリーミーで旨い。四品目はアスパラガスと牛肉の炒め物、長ネギとニンニク・鷹の爪で香りつけピーマンとしめじを加えて炒め、塩胡椒・酒・鶏ガラ・五香粉・醤油で仕上げていただく。ピリ々してパンチが利いて美味しい。五品目は焼売、合挽き肉とネギで包んで枝豆で飾ってポン酢でいただく。熱々で一言旨い。今日の〆のデザートは黒豆の甘露煮と枝豆の豆尽くしでお腹パンパンになりました。

1、冬瓜の鶏ガラスープ
2、皇帝風サラダ
3、チンゲンサイと貝柱のクリーム煮
4、アスパラガスと牛肉の炒め物
5、焼売
6、黒豆の甘露煮と枝豆

Img_369312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

男のご飯−460

今日は創作日本料理。先ずは野菜の梅肉サラダ、ミツバ・アーリーレッド・人参・パプリカ・キューリ・セロリ・オクラ・ガーネットと一緒にだし・酢・梅肉・太白胡麻油・マヨネーズのドレッシングでいただく。梅が肉い位美味しい。次は冬瓜のそぼろあんかけ、鰹だしでトコトン煮込み合挽き肉のそぼろに酒・味醂・醤油と片栗粉であんにしていただく。冬瓜がトロ々でそぼろあんが旨い。三品目はお刺身の盛り合わせ、鮪・牡丹海老・いか・サーモン・いくら・貝柱・鯛・鮃・穴子・ウニ・太刀魚をワサビ塩と溜まりでいただく。美味しくて文句のつけ様が無い。四品目は岩ガキの磯焼き、シンプルに醤油をほんの少し垂らして焼いてすだちを搾っていただく。磯々して旨い。五品目はお好みのにぎり寿司、お刺身と同じネタでワサビを利かせて握っていただく。人肌のシャリとネタがワサビ醤油とたまらなく合って美味しーい。最後は牡丹海老のお味噌汁、炒り粉だし・酒・味醂・味噌でごく々普通に仕上げていただく。ほっこりして旨ーい。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、野菜の梅肉サラダ
2、冬瓜のそぼろあんかけ
3、お刺身の盛り合わせ
4、岩ガキの磯焼き
5、お好みのにぎり寿司
6、牡丹海老のお味噌汁

Img_36722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

男のご飯−459

今日は創作イタリアン。先ずはブロッコリーのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込んでミキサーに掛け生クリームとミルクで仕上げていただく。とてもクリーミーでブロッコリする位旨い。次はカリカリベーコンと巨峰のサラダ、ベビーリーフ・キューリ・人参・パプリカ・トマト・セロリ・枝豆・バジルと一緒に太白胡麻油とマヨネーズでいただく。巨峰の甘みが程よく美味しーい。三品目は手羽先のトマト煮、塩胡椒とニンニクで炒めチキンブイヨン・ホールトマトとローズマリーの葉で人参・カボチャ・茄子・セロリ・ブロッコリー・枝豆と一緒に煮込んでいただく。トマトう事無く旨い。四品目は黒毛和牛のソテー、サーロインをシンプルに塩胡椒とニンニクを利かせてレアーにソテーしアーリーレッド・人参・オクラとパセリを添えすだちを搾っていただく。滅茶苦茶ジューシーで美味しい。最後はバジルペーストのフェデリーニ、太白胡麻油・カシューナッツ・松の実のペーストに絡めバジルをトッピングしてパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。笑ける位旨ーい。今日の〆のデザートは巨峰・マロンのロール・サツマイモのロール・オレンジのマドレーヌ・ミルクとカカオと抹茶の生チョコとブルーベリーのアイスクリームでお腹パンパンになりました。

1、ブロッコリーのクリームスープ
2、カリカリベーコンと巨峰のサラダ
3、手羽先のトマト煮
4、黒毛和牛のソテー
5、バジルペーストのフェデリーニ
6、ミックスデザート

Img_363212_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

男のご飯−458

今日は創作中華料理。先ずはチンゲンサイとベーコンのスープ、鶏ガラに五香粉を利かせて煮込み軽くトロミを付けパクチーを入れていただく。美味しくてパクチーてしまう。次は芝海老の唐揚げと野菜のサラダ、塩胡椒と片栗粉をまぶして唐揚げベビーリーフ・パプリカ・キューリ・大根・人参・セロリ・トマトと一緒にごま油とマヨネーズでいただく。旨いではおまへんか。三品目は黒毛和牛と茄子の炒め物、長ネギとニンニクで香つけ黒毛和牛の切り落としと茄子を炒め鶏ガラ・酒・花椒・醤油・オイスターソース・ごま油と片栗粉で仕上げパクチーをトッピングしていただく。これは美味しーい。四品目は肩ロースのスープ焼豚、下ごしらえをして軽く焼きだし・酒・ネギ・生姜・醤油・五香粉でトロ々に煮込んでカボチャとパセリを添えていただく。スープが絡んだ焼豚も中々旨い。最後はカレイとアスパラガスと枝豆の甘酢あんかけ、塩胡椒・ミックスハーブに片栗粉をまぶしフライパンでアスパラガス・椎茸・セロリ・パクチーと一緒に炒め、だしと甘酢に片栗でトロミを付け固めに湯がいた枝豆と一緒にいただく。カレイがとても脂が乗ってフワ々で酸味が程よく美味しい。今日の〆のデザートは巨峰とカボチャのプリンで美味しい々中華でした。

1、チンゲンサイとベーコンのスープ
2、芝海老の唐揚げと野菜のサラダ
3、黒毛和牛と茄子の炒め物
4、肩ロースのスープ焼豚
5、カレイとアスパラガスと枝豆の甘酢あんかけ
6、巨峰とカボチャのプリン

Img_360412_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

男のご飯−457

今日は創作日本料理。先ずはコーンツナサラダ、ベビーリーフ・キューリ・セロリ・人参・大根・パプリカ・マッシュルームと一緒にだし・梅肉・ポン酢・マヨネーズの特製ドレッシングでいただく。マヨわず旨めー。次は秋鯖の味噌煮、二枚におろし熱湯にくぐらせ氷水につけ、だし・酒・生姜・ねぎ・砂糖・醤油・味醂と味噌で大根と一緒にじっくり煮込んで絹さやをトッピングしていただく。サバ々して見離れも良くこの旬の鯖は美味しい。三品目は豆腐と京薄揚げのお味噌汁、炒り粉だしに合わせ味噌を溶いて青ネギをたっぷり入れていただく。とてもシンプルで旨い。四品目はミンチカツ、合挽き肉に玉ねぎと卵を練り込み片栗粉・卵に生パン粉をまぶして焼いて、焼きカボチャ・人参・パセリを添えライムを搾って特製ケチャップソースでいただく。美味しーいとしか言えまへん。最後は秋野菜の唐揚げ、蓮根・茄子・椎茸・エリンギ・ピーマン・カボチャ・サツマイモ・絹さやを片栗粉で唐揚げにしてライムを搾って大根おろしに塩と天つゆでいただく。用意した海老は使わず野菜だけでカラッとして十分旨い。今日の〆のデザートは巨峰で美味しい々ご飯でした。

1、コーンツナサラダ
2、秋鯖の味噌煮
3、豆腐と京薄揚げのお味噌汁
4、ミンチカツ
5、秋野菜の唐揚げ
6、巨峰

Img_35812


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

男のご飯−456

今日はビールでイタリアン。先ずは帆立てと生ハムのカルパッチョ、ベビーリーフ・セロリ・マッシュルーム・人参・トマト・パセリと一緒に、ライムを搾り定番のドレッシングとマヨネーズでいただく。笑ける位旨い。次はオニオンスープ、コンソメで煮込みチーズを少し入れクルトンとパセリをトッピングしていただく。シンプルイズベストで美味しい。三品目は秋秋刀魚のソテー、塩胡椒・ミックスハーブと片栗粉で下ごしらえをしてソテーし、オクラ・大根・蓮根・エリンギ・トマト・絹さやと一緒にレモンを搾っていただく。旨いとしか言いようが無い。四品目は茄子のミートソーススパゲティー、合挽き肉をアーリオーリオで炒めホールトマトで煮込んだソースにフェデリーニを絡め、パセリをトッピングしパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。ボリューム満点でトマトソースが美味しい。最後はバジルのミニピザ、餃子の皮にオニオン・トマト・ピーマン・ベーコン・マッシュルームとバジルで焼いていただく。バジルの味と香が何とも言えず旨ーい。今日の〆のデザートはマロンの渋皮ロールケーキでお腹いっぱいになりました。

1、帆立てと生ハムのカルパッチョ
2、オニオンスープ
3、秋秋刀魚のソテー
4、茄子のミートソーススパゲティー
5、バジルのミニピザ
6、マロンの渋皮ロールケーキ

Img_35542


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

男のご飯−455

今日は創作日本料理。先ずは鮪と野菜の梅肉サラダ、サニーレタス・パプリカ・セロリ・キューリ・人参・トマトと一緒にポン酢・だし・マヨネーズをポン酢で溶いたドレッシングでいただく。梅肉が良く利いて鮪が旨めー。次はハンバーグ、合挽き肉・玉ねぎ・卵を良く練り込み空気を抜いてしっかり焼き、獅子唐・人参・パセリを添えチーズと目玉焼きの2バージョンでいただく。どちらも言うまでも無く美味しい。三品目は豆腐と京薄揚げのお味噌汁、炒り粉だしに八丁味噌で仕上げ刻みねぎをタップリ入れていただく。美味しいおふくろの味が蘇る。四品目はからすカレイの煮付け、酒・味醂・砂糖・だしで大根と一緒にじっくり煮込み仕上げに味醂で照りをつけていただく。脂がしっかり乗っていてトロ々に煮えて旨ーい。五品目は切り干し大根と牛肉の炒め物、大根はしっかりもみ洗いしてざるに揚げ切り落としの牛肉は酒・醤油・ごま油・片栗粉で下ごしらえをして、ピーマン・パプリカ・と一緒にだし・醤油・オイスターソース・味醂・ごま油の合わせ調味料で炒めていただく。青椒肉絲に負けない位美味しーい。最後は地鶏もも肉の照り焼き、塩胡椒・タイム・醤油・味醂に軽く漬け込んでフライパンで気持ちレアー気味に焼き、表面につけタレを刷毛で塗って照りをつけ焼き椎茸・オクラ・トマト・パセリを添えレモンを搾っていただく。ただ一言旨い。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、鮪と野菜の梅肉サラダ
2、ハンバーグ
3、豆腐と京薄揚げのお味噌汁
4、からすカレイの煮付け
5、切り干し大根と牛肉の炒め物
6、地鶏もも肉の照り焼き

Img_35382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

男のご飯−454

今日は創作中華料理。先ずはフカヒレのスープ、鶏ガラ・生姜・酒・味醂・オイスターソース・醤油でじっくり煮込み片栗粉でほんの少しトロミをつけていただく。ヒレがトロットロでしかも適度に歯応えがあって滅茶苦茶旨い。次は鮪の皇帝風サラダ、何時もの野菜と特製ドレッシングでいただく。中華には無くてはならないこのサラダは何時食べてもどんな魚でも美味しーい。三品目は酢豚、酒・醤油・味醂・ごま油を揉み込んで片栗コをまぶして油通しをして、人参・ピーマン・パプリカ・筍・玉ねぎと一緒に炒めだし・甘酢と片栗粉で仕上げていただく。この適度な酸っぱさがとても清々しくて旨い。四品目は焼き餃子のレタス巻き、合挽き肉・生姜・白菜で仕上げて蒸し焼きにしてレモンを搾りテンメンジャンを塗ってレタスに巻いていただく。レタスがぱりっとして美味しくて餃子ん食べてしまう。五品目はズッキーニの春巻き、シンプルに立て割りにして塩胡椒を軽く振り春巻きの皮で巻いて、油要らずのフライパンでコンガリ焼きトマトを添えライムを搾っていただく。油を使わない事でとてもあっさりしてライムが爽やかで旨い。今日の〆のデザートは昨日に続きマロンの渋皮ロールケーキでお腹パンパンになりました。

1、フカヒレのスープ
2、鮪の皇帝風サラダ
3、酢豚
4、焼き餃子のレタス巻き
5、ズッキーニの春巻き
6、マロンの渋皮ロールケーキ

Img_35132_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

男のご飯−453

今日は創作日本料理。先ずは鮪と野菜のサラダ、レタス・ベビーリーフ・キューリ・ブロッコリー・セロリ・パプリカ・マッシュルーム・オクラと一緒に炒りごまとワサビマヨネーズでいただく。さっぱりした腰長鮪もこのタレと相性良く旨い。次はレンコンのきんぴら、軽く油で炒め酒・味醂・砂糖・だし醤油を回し掛けて煮詰め炒りごまをたっぷり振り掛けていただく。今が旬のレンコンはショキ々して歯触りも良く美味しい。三品目は肉じゃが、今回はちょっと贅沢に黒毛和牛と定番の野菜を炒め、薄めの合わせだしでコト々出に込んで絹さやを添えていただく。最早料亭の肉じゃがと言いたくなる程旨い。四品目は豆腐と京薄揚げのお澄まし、炒り粉だしに酒・味醂・薄口醤油だけで仕上げ刻みねぎをトッピングしていただく。炒り粉やなというくらいさっぱりして美味しい。最後は久しぶりのれんこ鯛の塩焼き、只ただ塩だけで網焼きにしてすだちを搾っていただく。こう言うシンプルな素材を楽しむ料理がほんまに旨い。今日の〆のデザートはマロンの渋皮ロールケーキで美味しい々ご飯でした。

1、鮪と野菜のサラダ
2、レンコンのきんぴら
3、肉じゃが
4、豆腐と京薄揚げのお澄まし
5、れんこ鯛の塩焼き
6、マロンの渋皮ロールケーキ

Img_349312_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

男のご飯−452

今日は創作アメリカン料理。先ずはコーンクリームスープ、コンソメで煮込んでミキサーに掛け更に裏ごして生クリームで仕上げていただく。とてもまろやかで美味しい。次はコーンとアボガドの野菜サラダ、ベビーリーフ・キューリ・人参・セロリ・マッシュルーム・トマトと一緒にマヨネーズでいただく。コーンがとても甘くどの野菜も旨い。三品目は今日のメインのアメリカンクラブハウスサンド、チキン・ベーコン・卵焼き・キューリ・レタスに塩胡椒・ケチャップ・マヨネーズを掛け、辛子バターを塗ったライ麦パンに挟んでいただく。溢れんばかりボリュームたっぷりで美味しーい。四品目はバッファローステーキ、今回はポークに塩胡椒・ローリエ・タイムで下ごしらえをしてチーズを乗せて焼き、人参・ブロッコリー・獅子唐・オクラ・エリンギと一緒にライムを搾っていただく。言う事無く旨い。最後は名付けてフィッシャーマンズトマト、海老・アサリ・貝柱・イカ・サーモン・しめじ・セロリと一緒に、タイムとオレガノを利かせホールトマトで煮込んでレモンを搾っていただく。フロリダの海を思い出す具沢山の海鮮料理は旨ーい。今日の〆のデザートはブルーベリーのアイスクリームで美味しい々アメリカンでした。

1、コーンクリームスープ
2、コーンとアボガドの野菜サラダ
3、アメリカンクラブハウスサンド
4、バッファローステーキ
5、フィッシャーマンズトマト
6、ブルーベリーのアイスクリーム

Img_3465152_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

男のご飯−451

今日はイタリアン。先ずは生ハムとアボガドのサラダ、ベビーリーフ・パプリカ・セロリ・人参・マッシュルーム・トマトと一緒にレモンを搾り塩胡椒とオリーブオイルでいただく。アボガドが熟れ々で生ハムの塩気が適度で野菜が旨い。次はオニオンのクリームスープ、チキンブイヨンでじっくり煮込んでミキサーに掛け生クリームとミルクで仕上げパセリを振りかけていただく。ミルク多めのバージョンも美味しい。三品目はラビオリのトマトソース、餃子の皮で作ったラビオリにホールトマトとモッツァレラをたっぷり乗せオーブンで焼いて、ブロッコリーといくらをトッピングしてパプリカを振りかけていただく。トマトソースとトロ々にとろけたチーズが相まって旨ーい。四品目は鯵のゆず胡椒焼き、三枚におろし骨抜きで小骨を丁寧に抜いてフライパンで焼き、ベビーリーフの上に盛りいくらをトッピングしてライムを搾っていただく。皮が香ばしくゆず胡椒とライムの香で滅茶苦茶美味しーい。最後は茸のパスタ、アーリオーリオでしめじ・椎茸・マッシュルーム・エリンギ・人参・ブロッコリーに生クリームで仕上げたソースにフェデリーニを絡めてパルミジャーノをたっぷり振り掛けていただく。このソースは具沢山でしかもクリーミーで旨い。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームでワインが美味しいイタリアンでした。

1、生ハムとアボガドのサラダ
2、オニオンのクリームスープ
3、ラビオリのトマトソース
4、鯵の柚子小焼き
5、茸のパスタ
6、バニラのアイスクリーム

Img_344312


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

男のご飯−450

今日は珍味のラクダのこぶが食べたくて創作中華料理。先ずは言わずと知れたサーモンといくらの親子の皇帝風サラダ、何時もの野菜とドレッシングでいただく。毎日食べても美味しいと思う。次はワカメと春雨の鶏ガラスープ、鶏ガラで順当に仕上げトマトと一緒にいただく。この爽快感が何とも言えず旨い。三品目はイカとアサリと白菜のクリーム煮、イカとアサリをニンニクと白ネギで炒め鶏ガラスープで煮込み生クリームとミルクで仕上げたいただく。とってもクリーミーで美味しい。四品目は箸休めのほうれん草の胡麻和え、只ただ湯がいて炒りごまをてんこ盛りにしてお醤油でいただく。旨くてセサミンのパワーを感じる一品と言える。五品目はカレイの煮付け、酒・砂糖・醤油・味醂・だしで煮込み再度味醂で照りをつけていただく。華麗な美味しさがここにおます。最後は今日のメインのラクダのこぶの青椒肉絲、塩胡椒と片栗粉で下ごしらえをしてニンニクを利かせ溢れ出る油をしっかり取って定番の野菜と一緒に仕上げていただく。中東ではごく々普通に食べる食材の初めて食べるラクダのこぶは、脂が思う以上にたっぷりでとても々不思議な味で美味しいとも旨いとも言うのはラクで無い。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、サーモンといくらの親子の皇帝風サラダ
2、ワカメと春雨の鶏ガラスープ
3、イカとアサリと白菜のクリーム煮
4、ほうれん草の胡麻和え
5、カレイの煮付け
6、ラクダのこぶの青椒肉絲

Img_34172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

男のご飯−449

今日は創作日本料理。先ずは野菜と海老のサラダ、レタス・キューリ・トマト・セロリ・パプリカ・人参・大根・マッシュルームに塩胡椒と片栗粉で下ごしらえした海老を軽く炒めて一緒に盛ってレモンとマヨネーズでいただく。さい先良く美味しいではおまへんか。次は秋と言えばさんまの塩焼き、定番通り塩胡椒だけで焼いて茄子・獅子唐・カボチャ・玉ねぎ一緒に下ろし大根と紅葉下ろしにレモンをたっぷり搾っていただく。旨いとしか言えまへん。三品目は豚汁、大根・人参・玉ねぎ・ごぼう・カボチャ・豆腐を炒り粉だしにお味噌を溶いて刻みねぎをトッピングしていただく。豚々拍子で美味しい。四品目はもやし炒め、黒毛和牛と一緒にピーマン・人参・玉ねぎ・椎茸と一緒に炒め塩胡椒とだしだけで仕上げレモンを搾っていただく。ソースを入れない分さっぱりして美味しい。最後は手羽先の網焼き、これもカボチャ・人参・茄子・獅子唐と一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。羽ばたきたくなる位旨ーい。今日の〆のデザートはチョコレートソースのフルーツゼリーでお腹パンパンになりました。

1、野菜と海老のサラダ
2、さんまの塩焼き
3、豚汁
4、もやし炒め
5、手羽先の網焼き
6、チョコレートソースのフルーツゼリー

Img_34002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

男のご飯−448

今日は創作日本料理。先ずは鰹のたたき、大根・大葉・刻みねぎ・ニンニクと一緒にレモンを搾り生姜とポン酢でいただく。いきなり旨いではおまへんか。次は野菜と半熟卵のサラダ、レタス・キューリ・パプリカ・人参・大根・トマト・セロリ・みょうが・ブロッコリーと一緒にマヨネーズでいただく。トロトロの半熟卵が野菜に絡まった一体感が美味しい。三品目はじねんじょのトロロ、擂粉木でしっかり下ろし黄卵と刻み海苔をトッピングして醤油とワサビでいただく。長芋とは違ったネバ々感が旨い。四品目はう巻き、静岡産の分厚い身の鰻を半熟気味の卵で巻いて山椒を振っていただく。夏終盤の鰻も美味しーい。五品目は牛豚鍋、お肉を先に軽く焼き割り下を回し入れ、白菜・大根・白ネギ・もやし・椎茸・玉ねぎ・豆腐の定番のすき焼きの野菜と一緒に煮込みお皿に盛って溶き卵でいただく。牛肉さんも豚さんも野菜さんも言う事無く旨ーい。今日の〆のデザートは和栗のモンブランで美味しい々ご飯でした。

1、鰹のたたき
2、野菜と半熟卵のサラダ
3、じねんじょのトロロ
4、う巻き
5、牛豚鍋
6、和栗のモンブラン

Img_337712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

男のご飯−447

今日はバジルペーストが食べたくてイタリアン。先ずはオニオンのクリームスープ、チキンブイヨンでコト々煮込んでミキサーに掛けたっぷりの生クリームで仕上げバジルを振り掛けていただく。一言美味しーい。次はカプレーゼ、成分無調整のミルクで作った手作りのチーズと一緒に塩胡椒とオリーブオイルにレモンを搾っていただく。このしっとりした独特の食感がたまらなく旨い。三品目はサーロインステーキ、塩胡椒とニンニクだけでソテーした黒毛和牛にラタトゥイユ・エリンギ・人参・獅子唐とクレソンを添えレモンを搾っていただく。レアーに仕上げたお肉がとてもジューシーで美味しい。四品目はカレイのレモンソース、塩胡椒・ニンニク・タイムと片栗粉で下ごしらえしてソテーし、レモンを搾って仕上げ海老・アスパラガス・ラタトゥイユ・エリンギと一緒にいただく。お肉がホクホクでレモンのソースがバッチリ合って旨ーい。最後はバジルペーストのカッペリーニ、順等に仕上げた多めのペーストに絡め、バジルの葉をトッピングしパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。笑ける位美味しい。今日の〆のデザートはグレープフルーツのケーキで美味しい々イタリアンでした。

1、オニオンのクリームスープ
2、カプレーゼ
3、サーロインステーキ
4、カレイのレモンソース
5、バジルペーストのカッペリーニ
6、グレープフルーツケーキ

Img_334612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

男のご飯−446

今日は創作日本料理。先ずは新芽の梅肉サラダ、カイワレ大根・キューリ・パプリカ・人参・セロリ・ブロッコリー・玉ねぎ・みょうが・マッシュルーム・トマト・コーン・ツナと一緒に、レモンを搾り梅肉をだしとポン酢で溶いたドレッシングでいただく。とても爽やかで梅の酸味が程よく旨い。次は黒豚の角煮、塩胡椒をして焼き酒・だし・味醂でしっかり煮込みエリンギと白ネギを添えレモンを搾っていただく。餅々トロ々で美味しーい。三品目は筑前煮、地鶏・ゴボウ・人参・玉ねぎ・大根・椎茸をだしを多めに酒・味醂と一緒に煮込んで刻みねぎをトッピングしていただく。鶏さんも野菜さんも旨ーい。四品目はオクラと豆腐のお味噌汁、ただ々オクラと豆腐を炒り粉だしで煮込みお味噌を溶いていただく。オクラれるかと思うくらい美味しい。五品目はズッキーニの春巻き、五本に縦切りにして春巻きの皮で巻いてコンガリ揚げライムを搾っていただく。蟹の足見たいだけどカリッと揚がってこれ以上薬味は何も要らないくらい旨い。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームとオレンジで美味しい々ご飯でした。

1、新芽の梅肉サラダ
2、黒豚の角煮
3、筑前煮
4、オクラと豆腐のお味噌汁
5、ズッキーニの春巻き
6、バニラのアイスクリームとオレンジ

Img_33212


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

男のご飯−445

今日は創作中華料理。先ずは定番のサーモンといくらの親子の皇帝風サラダ、何時もの野菜にミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。野菜たっぷりで油の乗ったサーモンが旨い。次はイカと白クラゲのサンラータンスープ、人参を加え酒・塩胡椒・酢・オイスターソース・ごま油に片栗でトロミを付け溶き卵を回しかけパクチーをトッピングしていただく。久しぶりのサンラータンは美味しい。三品目は焼豚、薄めの塩豚に仕上げ特製だしで軽く煮込みごま油を利かせたもやしナムルとプチトマトと一緒にいただく。トロトロに煮込んだ焼豚もいいが歯応えのしっかりした焼豚も旨い。四品目は帆立てとチンゲンサイのオイスターソース、シンプルにだし・酒・塩胡椒・ニンニク・オイスターソース・ごま油と片栗粉で仕上げていただく。お刺身用のホタテがレアーでとても柔らかく旨ーい。五品目はブロッコリーと海老とジャガイモの温野菜、薄めのだしで蒸し刻んだマッシュルームをトッピングして特製胡麻マヨドレでいただく。海老だけに反りくりかえる程美味しーい。今日の〆のデザートはピオーネとオレンジでお腹パンパンになりました。

1、サーモンといくらの親子の皇帝風サラダ
2、イカと白クラゲのサンラータンスープ
3、焼豚
4、帆立てとチンゲンサイのオイスターソース
5、ブロッコリーと海老とジャガイモの温野菜
6、ピオーネとオレンジ

Img_330012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »