« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

男のご飯−444

今日は創作日本料理。先ずは桃と生ハムといくらの野菜サラダ、ベビーリーフ・キューリ・人参・セロリ・トマトと一緒にマヨネーズでいただく。冷え々熟れ々の桃と生ハムにいくらの乗ったコラボが絶妙で美味しい。次は長いものトロロ、ただただシンプルに下ろし黄卵を掛け刻み海苔をトッピングしてワサビ醤油でいただく。トロットロで旨くて一気に駆け込んでしまう。では今日のメインの串焼き、夏も終盤入ってもまだまだ暑いのでビールと一緒にサーモンはいくらの親子とマヨパセリの2バージョンで・ネギマ・椎茸・肝・アスパラベーコン・獅子唐・黒豚・オクラ・イカ・茄子・合鴨・コンニャクの田楽・えのきベーコン・カボチャ・黒毛和牛・鶉・玉ねぎの順に塩胡椒と大根卸に刻みねぎの薬味とポン酢でいただく。海老と貝柱を買い忘れ全18品美味しくて一騎でした。最後は豆腐と京薄上げのお澄まし、炒り粉だしで仕上げ刻みねぎをたっぷり入れていただく。仕上げには申し分無く旨い。今日の〆のデザートはケフィアチーズケーキで美味しい々ご飯でした。

1、桃と生ハムといくらの野菜サラダ
2、長いものトロロ
3、串焼き
4、豆腐と京薄上げのお澄まし
5、ケフィアチーズケーキ

Img_32822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

男のご飯−443

今日はイタリアン。先ずはポタージュスープ、ブイヨンでジャガイモをじっくり煮込んでミルに掛けたっぷりの生クリームで仕上げていただく。美味しくてお腹がポタジュってしまう。次は野菜と生ハムのサラダ、ベビーリーフ・マッシュルーム・ブロッコリー・パプリカ・キューリ・トマト・アボガド・巨峰と一緒にマヨネーズでいただく。巨峰が甘く笑ける位旨い。三品目は鰆のソテー、塩胡椒と片栗で下ごしらえして人参・ジャガイモパプリカと一緒にソテーし、いくらをトッピングしてトマトとパセリを添えレモンを搾っていただく。たっぷりのいくらがソースになって淡白な鰆にパンチが利いて美味しーい。四品目は鮭といくらの親子のクリームパスタ、アーリオーリオで鮭とマッチュルームを炒めコンソメと生クリームで仕上げフェデリーニでいただく。仲良しの親子が旨ーい。最後は野菜と生ハムのミニピザ、オニオン・茄子・ピーマン・セロリ・パプリカ・ベビーリーフ・マッシュルーム・トマトと一緒に焼いていただく。滅茶苦茶美味しい。今日の〆のデザートはリーガロイヤルのココナツミルクのタルトで美味しい々イタリアンでした。

1、ポタージュスープ
2、野菜と生ハムのサラダ
3、鰆のソテー
4、鮭といくらの親子のクリームパスタ
5、野菜と生ハムのミニピザ
6、ココナツミルクのタルト

Img_326112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

男のご飯−442

今日はラムチョップが食べたくてフレンチ。先ずはトマトのクリームスープ、シンプルにブイヨンでじっくり煮込んで生クリームをたっぷり入れていただく。戸惑う事無く旨い。次はアボガドと巨峰の生ハムサラダ、それぞれ生ハムで巻いてブロッコリーとトマトを添え塩胡椒だけでいただく。美味しい素材を楽しむにはシンプルに限る。三品目はラムチョップのソテー、塩胡椒とタイムを擦り込みレアーにソテーして茄子・大根・人参・エリンギ・人参を添えトマトピューレを乗せレモンを搾っていただく。旨ーいとしか言えまへん。四品目は合鴨のオレンジソース、塩胡椒をして人参・絹さや・チンゲンサイ・ピーマン・セロリと一緒にソテーしてオレンジとレモンをたっぷり搾りかけていただく。滅茶苦茶美味しいではおまへんか。最後は鰆と野菜の蒸し物、塩胡椒に白ワインだけで蒸して人参・カボチャとブロッコリーを添えレモンをたっぷり搾っていただく。美味しくて鰆んとってて言いたく位旨い。今日の〆のデザートはミックス果物のケーキで美味しい々フレンチでした。

1、トマトのクリームスープ
2、アボガドと巨峰の生ハムサラダ
3、ラムチョップのソテー
4、合鴨のオレンジソース
5、鰆と野菜の蒸し物
6、ミックス果物のケーキ

Img_324212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

男のご飯−441

今日は創作日本料理。先ずは野菜と半熟卵のサラダ、キューリ・ブロッコリー・パプリカ・セロリ・人参・大根・トマトに半熟卵をトッピングして塩胡椒とマヨネーズでいただく。卵が野菜にトロッと絡んで美味しい。次は鮭といくらの親子のお刺身、粗めに千切りした大根・ミツバ・大葉と一緒にレモンを搾って塩ワサビでいただく。脂の乗った鮭とプチ々のいくらとショキ々の野菜の一体感が旨い。三品目はいさぎの煮付け、大根・椎茸・ゴボウ・豆腐と一緒に酒・砂糖・醤油・味醂でじっくり煮込んですだちを搾っていただく。四品目は黒豚の唐揚げ、塩胡椒をして片栗粉をまぶしてカリッと揚げ千切りキャベツ・トマトとパセリを添え、たっぷりレモンを搾ってケチャップとマヨネーズにトンカツソースを混ぜたソースでいただく。パン粉とは違った食感でカリッとして美味しーい。五品目はトン鶏の手打ちのカレーそば、豚・地鶏・ねぎ・京薄揚げで仕上げたカレーだしに十割のそばを入れミツバをたっぷりトッピングしていただく。ピリッと辛く旨ーいとしか言えまへん。最後は豆腐と京薄上げとミツバのお吸い物、ゆずを搾っていただく。仕上げにはさっぱりして美味しい。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、野菜と卵のサラダ
2、鮭といくらの親子のお刺身
3、いさぎの煮付け
4、黒豚の唐揚げ
5、トン鶏の手打ちのカレーそば
6、豆腐と京薄上げとミツバのお吸い物

Img_321812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

男のご飯−440

今日は創作中華料理。先ずは野菜とマロニーの鶏ガラスープ。茹で鶏で取っただしに酒・味醂・塩胡椒・五香粉で味を付け、人参・筍・白ネギと一緒に煮込んでトロミをつけずパクチーをトッピングしていただく。鶏のコクがしっかり出て美味しい。次は鰹とクラゲの皇帝風サラダ、何時もの盛り沢山の野菜と特製胡麻マヨドレでいただく。クラゲがコリコリしてこの組み合わせも旨い。三品目は中華の定番青椒肉絲、多めの片栗粉で下ごしらえをして白ネギとニンニクで軽く炒め、ピーマンと筍をたっぷり入れ酒・オイスターソース・塩胡椒とごま油で仕上げていただく。餅豚にソースがしっかり絡んで野菜もトロ々して美味しい。四品目は茹でもも鶏のバンバンジー、だし・酒・味醂・豆板醤・テンメンジャン・ごま油・マヨネーズで仕上げたタレをつけてベビーリーフと一緒にいただく。蒸したよりとてもジューシーでタレがぴりっと心地よく旨ーい。最後はビーフンの八宝菜、定番の野菜と魚介類を合わせ調味料で一緒に炒め、鶏ガラスープを加えて煮込み片栗でトロミを付けパクチーをたっぷりトッピングしていただく。具沢山でビーフンが美味しーい。今日の〆のデザートはイチゴのタルトで美味しい々中華でした。

1、野菜とマロニーの鶏ガラスープ
2、鰹とクラゲの皇帝風サラダ
3、青椒肉絲
4、茹でもも鶏のバンバンジー
5、ビーフンの八宝菜
6、イチゴのタルト

Img_319712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

男のご飯−439

今日はイタリアン。先ずはブロッコリーのクリームスープ、ブイヨンでコトコト煮込んで半分は擂り後はそのままでたっぷりの生クリームで仕上げパセリを振りかけていただく。スープに溶けたブロッコリーと食感の残ったブロッコリーが美味しい。次は具沢山の野菜サラダ、キューリ・セロリ・人参・パプリカ・トマトに蒸した絹さや・ブロッコリーと一緒にパルミジャーノをたっぷり振りかけレモンを搾ってマヨネーズでいただく。チーズとレモンが程よく旨い。三品目はキャベツのステーキのクリームソース、塩胡椒をして焼いてコンソメでじっくり煮込み生クリームで仕上げ刻んだパセリをたっぷり振りかけていただく。シンプルだけど素材の味を楽しむには申し分無く美味しーい。四品目はカレイのソテー、アーリオーリオでアサリ・椎茸・茄子・パセリと一緒に炒めレモンをたっぷり搾っていただく。旨ーいとしか言えまへん。最後はミートソーススパゲティー、定番通りの具材と多めのホールトマトで仕上げバジルを振りかけパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。多めのトマトが利いてパサつかずスープソース感覚で美味しい。今日の〆のデザートはリーガロイヤルホテルの新作マロンケーキで美味しい々イタリアンで、用意した黒豚のピカタオレンジソースは食べれませんでした。

1、ブロッコリーのクリームスープ
2、具沢山の野菜サラダ
3、キャベツのステーキのクリームソース
4、カレイのソテー
5、ミートソーススパゲティー
6、マロンケーキ

Img_31702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

男のご飯−438

今日は創作中華料理。先ずはオクラとトマトの冷スープ、白ネギをニンニクで炒め鶏ガラスープとホールトマでオクラをじっくり煮込んでトロミを出していただく。冷たくてトマトう位トマトの酸味とオクラの粘りが程よく美味しい。次は言わずと知れた鮭とアボガドの皇帝風サラダ、何時もの野菜に熟れ々のアボガドをたっぷり加えカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。滅茶旨くて言う事おまへん。三品目はフカヒレの姿煮、白ネギ・酒・ニンニク・生姜で蒸して下ごしらえをして、鶏ガラ・酒・醤油・塩胡椒・オイスターソース・ごま油でチンゲンサイと一緒にじっくり煮込んでいただく。蕩ける位美味しーいではおまへんか。四品目は地鶏の唐揚げ、酒・塩胡椒・五香粉・ニンニク・醤油・片栗粉で下ごしらえして、アスパラガスと一緒に揚げてレモンをたっぷり搾っていただく。鶏止めな位旨ーい。最後はマロニーの八宝菜、水で戻したマロニーを白菜・椎茸・もやし・ピーマン・豚・イカ・貝柱・海老と一緒に花椒を利かせて炒め、鶏ガラスープに片栗粉でトロミをつけていただく。鶉を忘れてしまう位美味しい。今日の〆のデザートは山梨の熟れ々梨で美味しい々中華でした。

1、オクラとトマトの冷スープ
2、鮭とアボガドの皇帝風サラダ
3、フカヒレの姿煮
4、地鶏の唐揚げ
5、マロニーの八宝菜
6、山梨の熟れ々梨

Img_31492

|

2009年8月22日 (土)

男のご飯−437

今日は創作日本料理。先ずは野菜と酢昆布とベーコンのサラダ、キューリ・ガーネット・セロリ・パプリカ・大根・人参と一緒にいただく。ベーコンがカリ々で昆布のお酢が適度で美味しい。継ぎは昨日に続いて食べきれなかったメガジャンボ米茄子の煮物、昆布・だし雑魚・鰹で取っただしに酒・味醂・醤油を加え、ゴボウ・コンニャクと一緒にコト々煮込んで青ネギをたっぷりトッピングしていただく。大きさに似合わず味もしっかりしていて食べ応えが合って旨い。三品目は黒豚ブロックの生姜焼き、塩胡椒・タイム・酒・味醂・下ろし生姜に漬け込みフライパンで気持ちレアーに焼いてたっぷりの刻みねぎにレモンを搾っていただく。生姜無い位美味しーい。四品目は夏の定番のう巻き、溢れんばかりの鰻を半熟卵で巻いて青ネギと一緒にいただく。分厚い鰻とトロ々卵のバランスがとっても良く旨ーい。最後は豆腐と京薄揚げのお味噌汁、取って置いた一番だしに少なめのお味噌を溶いて刻みねぎをたっぷり入れていただく。くそ暑い夏には持ってこいの美味しい味噌汁と言える。今日の〆のデザートは冷え々熟れ々の桃で美味しい々ご飯でした。 1、野菜と酢昆布とベーコンのサラダ 2、メガジャンボ米茄子の煮物 3、黒豚ブロックの生姜焼き 4、う巻き 5、豆腐と京薄揚げのお味噌汁 6、冷え々熟れ々の白桃

Img_312512_2

|

2009年8月21日 (金)

男のご飯−436

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと野菜のサラダ、キューリ・セロリ・パプリカ・人参・大根・ティンカーベルと一緒にマヨネーズでいただく。どいつもこいつも旨いやんけ。次は鮭といくらの親子のお刺身、大根・キューリと一緒に岩塩わさびでいただく。美味しーいとしか言えまへん。三品目は餅豚の角煮、塩胡椒と片栗粉で下ごしらえをして焼いて鰹だしでとことん煮込んで絹さやをトッピングしていただく。蕩けてしまう位旨ーい。四品目は筑前煮、ごぼう・人参・コンニャク・カボチャ・大根・地鶏と絹さやと一緒に、シンプルに昆布と酒・味醂・砂糖・醤油・鰹だしでじっくり煮込んでいただく。だしが上品で野菜の味が生きて美味しい。五品目はメガジャンボ茄子のステーキ、笑ける位大きい茄子に塩胡椒をして焼いて、玉ねぎと辛子酢みそをたっぷり塗ってレモンを搾っていただく。初めて見るこのでかさはボリュームもたっぷりで旨い。最後は豆腐と京薄揚げのお澄まし、刻みねぎを入れ具沢山でいただく。仕上げには美味しくて言う事おまへん。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、生ハムと野菜のサラダ
2、鮭といくらの親子のお刺身
3、餅豚の角煮
4、筑前煮
5、茄子のステーキ
6、豆腐と京薄揚げのお澄まし

Img_31072

|

2009年8月20日 (木)

男のご飯−435

今日は創作中華料理。先ずは言わずと知れた皇帝風サーモンといくらの親子のサラダ、何時もの野菜と特製ドレッシングでいただく。美味しくていきなり百点満点て感じ。次はオクラの鶏ガラ冷スープ、鶏ガラスープで煮込み寒天でソフトにトロミを付け冷やしてからガーネットトマトと一緒にいただく。片栗粉とは一味違って緩めのトロミが美味しい。三品目は地鶏もも肉の唐揚げ、ただ々シンプルに唐揚げてレモンをたっぷり搾ってベビーリーフと一緒にいただく。皮が無い分餅々ジューシーでこれもまた旨い。四品目は豚ミンチの焼売、テンメンジャンをたっぷり塗ったバージョンとポン酢のバージョンでベビーリーフと一緒にいただく。味噌もお酢も美味しくて甲乙つけられまへん。最後はカボチャと鰻の炒め物、蒸したカボチャにアスパラガスを加えごま油で炒めミニトマトをトッピングしていただく。文句のつけようも無く旨い。今日の〆のデザートは熟れ々イチジクと桃で美味しい々ご飯でした。

1、皇帝風サーモンといくらの親子のサラダ
2、オクラの鶏ガラ冷スープ
3、地鶏もも肉の唐揚げ
4、豚ミンチの焼売
5、カボチャと鰻の炒め物
6、熟れ々イチジクと桃

Img_30782

|

2009年8月19日 (水)

男のご飯−434

今日は旬のイチジクとピザが食べたくてイタリアン。先ずは生ハムイチジク、超シンプルに生ハムと熟れ々のイチジクだけでいただく。美味しくてこれ以上何が要るねんて感じ。次は野菜のコンソメ冷スープ、大きめに刻んだ三色のパプリカとセロリ・人参・ズッキーニ・キューリ・玉ねぎをコンソメでじっくり煮込んで緩めの寒天でプル々に仕上げチャービルをトッピングしていただく。身体がプル々する位旨い。三品目はベーコンと野菜のミニピザ、焼売の生地に定番の具材とチーズをたっぷり乗せて焼きパプリカを振りかけいただく。このバージョンは言うまでも無く美味しいのはもちろん、蒸しても行けるかも。四品目はサーモンのクリームソース、下ごしらえしたサーモンをソテーしてからコンソメで煮込みホワイトピュワをたっぷり乗せ、生クリームで仕上げ茄子・人参・ピーマン・カボチャを添えレモンを搾っていただく。旨ーいとしか言えまへん。最後はボンゴレロッソ、定番の具材で仕上げたソースにフェットチーネを絡めレモンを搾りパルミジャーノをたっぷり削りかけていただく。トマトも貝もチーズもとても仲良しで美味しーい。今日の〆のデザートは山梨の熟れ々桃で美味しい々イタリアンでした。

1、生ハムイチジク
2、野菜のコンソメ冷スープ
3、ベーコンと野菜のミニピザ
4、サーモンのクリームソース
5、ボンゴレロッソ
6、山梨の熟れ々桃

Img_30472

|

2009年8月18日 (火)

男のご飯−433

今日は盆休み明けのイタリアン。先ずはセロリのクリームスープ、コンソメでじっくり煮込み漉す漉さないの2バージョンでパセリを振りかけていただく。どちらもクリーミーでセロリが旨い。次はカプレーゼ、盆休みに牧場で覚えた作り立ての自家製チーズと、トマト・バジル・塩胡椒・オリーブオイルにレモンを搾っていただく。味も感触もモッツァレラより美味しいかも。三品目は鰆のラタトゥイユソース、塩胡椒・片栗粉で下ごしらえしてニンニク・オリーブオイルでソテーしてトマトをたっぷり入れたソースを掛け、焼き茄子・人参・ジャガイモ・パプリカにベビーリーフを添えレモンをたっぷり搾っていただく。旨くて滅茶ワインが進む。四品目は合鴨のオレンジソース、塩胡椒をしてオレンジの搾り汁に浸け、ニンニク・オリーブオイルでソテーしてピュワホワイト・パプリカ・ベビーリーフを添え再度オレンジとレモンを搾っていただく。美味しーいとしか言えまへん。最後はカルボナーラ、パンチェッタをニンニク・オリーブオイルで炒めフェットチーネに湯がき汁を少し加え、黄卵・生クリーム・パルメザンのソースに絡め再度パルメザンをたっぷり削り掛けていただく。旨くてお腹がパンチェッタしそう。今日の〆のデザートはオレンジとバニラのジェラートで美味しい々イタリアンでした。

1、セロリのクリームスープ
2、カプレーゼ
3、鰆のラタトゥイユソース
4、合鴨のオレンジソース
5、カルボナーラ
6、オレンジとバニラのジェラート

Img_30062

|

2009年8月11日 (火)

男のご飯−432

今日は創作中華料理。先ずはゴーヤとトマトの鶏ガラスープ、しっかり塩揉みして苦みを押さえ鶏ガラでじっくり煮込みホールトマトで仕上げていただく。美味しくてどーやと言うよりゴーヤて感じ。次は鰹の皇帝風サラダ、何時も通りの野菜と一緒にいただく。美味しいと笑けてしまうのは何で何て感じ。三品目は白菜と軟骨のクリームソース、軟骨を鶏ガラでじっくり煮込んで白菜を加えたっぷりの生クリームで合い上げていただく。旨くて軟骨でも食べれるではおまへんか。四品目は中華の王道青椒肉絲、定番の具材と一緒に筍をたっぷり入れていただく夏なのに春が来た々何処に来た夏に来た々て感じでで美味しい。五品目は鰆と長いもの甘酢あん掛け、塩胡椒・五香粉と片栗粉で下こしらえして軽く炒め熱々の甘酢あんを掛けレモンを搾り青ネギを振りかけていただく。長芋が入る事でホク々トロ々で旨ーい。最後は焼売のキャベツ巻き、合挽き肉・白菜・キャベツと一緒に包んで蒸してテンメンジャンをつけ、鶏ガラスープでトロ々煮込んだキャベツに巻いてレモンを搾っていただく。ただ一言美味しーい。今日の〆のデザートはバニラのアイスクリームで美味しカル々でした。

1、ゴーヤとトマトの鶏ガラスープ
2、鰹の皇帝風サラダ
3、白菜と軟骨のクリームソース
4、青椒肉絲
5、鰆と長いもの甘酢あん掛け
6、焼売のキャベツ巻き
7、バニラのアイスクリーム

Img_290412

|

2009年8月 9日 (日)

男のご飯−431

今日は創作日本料理。先ずはコーンツナサラダ、レタス・キューリ・トマト・玉ねぎ・人参・大根・セロリ・アスパラガスと一緒にマヨネーズでいただく。この時期のコーンはとても甘くショキ々して旨い。次は塩レバー、塩・酒と生姜に漬け込み氷水にさらしアクと臭みを取りオリーブオイルでたっぷりの玉ねぎと一緒に、レバーから出る脂を取りながら炒め鶏ガラと塩胡椒で仕上げていただく。レバー特有の癖がしっかり取れて美味しーい。三品目はオクラと豆腐のお味噌汁、塩揉みして産毛を取り炒り粉だし・味醂・酒にお味噌を薄めに溶いていただく。オクラも豆腐もオクラれるかと思う位旨い。四品目は黒豚の生姜焼き、下ろした生姜と玉ねぎと酒・味醂・醤油で漬け込み、そのままノンオイルで軽く焼き漬け汁を回し掛けほんの少し煮込んでいただく。生姜無い位美味しい。最後は加茂茄子の田楽、サイコロ状に切り目を入れフライパンで両面をしっかり焼いて、砂糖と味醂で溶いた味噌をたっぷり塗ってアスパラガス・人参・トウモロコシと一緒にいただく。旬菜さんは旨い田がな。今日の〆のデザートは冷え々熟れ々のマスクメロンで美味しい々ご飯でした。

1、コーンツナサラダ
2、塩レバー
3、オクラと豆腐のお味噌汁
4、黒豚の生姜焼き
5、加茂茄子の田楽
6、マスクメロン

Img_288612

|

2009年8月 8日 (土)

男のご飯−430

今日は創作日本料理。先ずは野菜と卵と生ハムのサラダ、レタス・キューリ・トウモロコシ・人参・大根・パプリカ・トマトと一緒に半熟卵を絡めてマヨネーズでいただく。野菜とトロ々卵の一体感が美味しい。次ぎはゴーヤとカボチャの味噌汁、白ネギと一緒に煮込んでゴーヤの苦みを押さえて取りだし、炒り粉だしとお味噌で仕上げ刻みねぎをトッピングしていただく。夏野菜の味噌汁はクーラーで冷えた身体には温まって滅茶旨い。三品目はカレイの煮付け、鰹だし・砂糖・酒・味醂・醤油で大根・筍と一緒にじっくり煮込んでいただく。旬鮮な魚は身離れも良く脂が乗っていて美味しーい。四品目はハンバーグ、合挽き肉を白菜・ジャガイモと一緒に練り込んで焼いて目玉焼きを乗せ、キャベツ・いんげん・アスパラガス・人参・トマトと一緒にケチャップでいただく。半熟の卵の絡まり方が何とも言えず旨ーい。五品目は満願寺獅子唐の網焼き、とてもシンプルに網焼きにして鰹だしに漬け鰹節をたっぷり掛けすだちを搾っていただく。美味しくて言う事おまへん。最後はラタトゥイユのオムレツ、昨日の作り置きをたっぷりの半熟卵でまいてケチャップソースでいただく。身も心も美味しくてトロットロ。今日の〆のメロンはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、野菜と卵と生ハムのサラダ
2、ゴーヤとカボチャの味噌汁
3、カレイの煮付け
4、ハンバーグ
5、満願寺獅子唐の網焼き
6、ラタトゥイユのオムレツ

Img_28492

|

2009年8月 7日 (金)

男のご飯−429

今日は夏の定番ソーメンの様な細いパスタを食べたくてイタリアン。先ずはキュロットのクリームスープ、コンソメでコト々煮込んで裏漉したっぷりの生クリームで仕上げパセリをトッピングしていただく。いきなり旨ーいではおまへんか。次は生ハムメロン、ただ々シンプルに熟れ々のメロンとプロシュートと一緒にいただく。美味しくてメロン々になってしまう。三品目は舌平目のムニエル、塩胡椒をして表にローズマリー・裏にタイムと片栗粉で下こしらえをしてニンニクバターでソテーしていんげん・人参・パセリを添えレモンをたっぷり搾っていただく。舌を巻いてしまう位旨い。四品目は名古屋コーチンのソテー、これもシンプルに塩胡椒・ミックスハーブ・ニンニク・オリーブオイルでソテーしてオクラ・パプリカ・ラタトゥイユを添えレモンを搾っていただく。羽ばたきたくなる位美味しーい。最後はメインのカッペリーニのミートソース、定番通りのソースにラタトゥイユを絡めパルミジャーノをたっぷり削り掛けていただく。今日の〆のデザートは昨日に続いて巨峰とバニラのジェラートで、暑い夏には何処かへイッタリアンでした。

1、キュロットのクリームスープ
2、生ハムメロン
3、舌平目のムニエル
4、名古屋コーチンのソテー
5、カッペリーニのミートソース
6、巨峰とバニラのジェラート

Img_283312

|

2009年8月 5日 (水)

男のご飯−428

今日は創作中華料理。先ずはフカヒレの姿煮、ニンニク・ねぎ・生姜・老酒でじっくり煮込み、酒・砂糖・塩胡椒・醤油・オイスターソース・鶏ガラで更に煮込み片栗でトロミをつけていただく。いきなりメインてしまう位美味しーい。次はもちろん真鯛の皇帝風サラダ、何時もの野菜を多めにミルしたカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。滅茶苦茶旨いでおます。三品目はスペアリブの甘辛煮、酒・砂糖・醤油・生姜・ねぎに漬け込み片栗粉をまぶし軽く炒め、ニンニク・酒・醤油・砂糖鶏ガラ・豆板醤で仕上げ煮込んだ白ネギを添えレモンを搾っていただく。甘辛トロ々で身離れも良く美味しい。四品目はセロリとイカの中華炒め、ニンニク・生姜・ねぎと一緒にオリーブオイルで炒め酒・味醂・醤油・鶏ガラ・ごま油で仕上げレモンを搾っていただく。セロリも夏イカも旬はほんまに旨い。最後はビーフンの八宝菜、白菜・ねぎ・椎茸・筍・人参・ピーマン・パプリカ・セロリ・インゲン・豚・海老・貝柱・イカ・鶉で仕上げた八宝菜をたっぷり掛けていただく。ボリュームも満点でビーフンが美味しい。今日の〆のデザートは巨峰とバニラのアイスクリームで美味しい々中華でした。

1、フカヒレの姿煮
2、真鯛の皇帝風サラダ
3、スペアリブの甘辛煮
4、セロリとイカの中華炒め
5、ビーフンの八宝菜
6、巨峰とバニラのアイスクリーム

Img_27912

|

2009年8月 4日 (火)

男のご飯−427

今日はキャンティーでイタリアン。先ずはサーモンのカルパッチョ、ズッキーニ・オニオン・人参・キューリ・セロリ・トマト・巨峰・チャービルと一緒にオリーブオイル・ワインビネガーとパルミジャーノを削り掛けレモンを搾っていただく。美味しくてお腹の虫がスタートしてしまう。次はトマトのミルクスープ、コンソメでじっくり煮込みミルクだけで仕上げていただく。濃くが有る生クリームとは違ってとても爽やかで美味しい。三品目はアスパラガスとエリンギの牛肉巻き、塩胡椒とニンニクにローズマリーとタイムでソテーしてアスパラガス・いんげん・カボチャ・人参・エリンギにパセリを添えレモンを搾っていただく。素材が旬鮮で有ればシンプルな調理の方が旨い。四品目は夏野菜のミニピザ、何時もの餃子の生地にオニオン・ピーマン・茄子・トマト・セロリ・ズッキーニと一緒にたっぷりのチーズで焼いて粉チーズとパプリカを振りかけていただく。申し分無く美味しい。最後はサーモンと夏野菜のペロンチーノ、アーリオーリオでサーモンと夏野菜を炒めカッペリーニに絡めてチャービルを飾りレモンを搾って粉チーズをたっぷり掛けていただく。ソーメンの様な細麺がスル々入って旨ーい。今日の〆のデザートは最後のひえ冷え々熟れ々の夕張メロンで美味しい々イタリアンでした。

1、サーモンのカルパッチョ
2、トマトのミルクスープ
3、アスパラガスとエリンギの牛肉巻き
4、夏野菜のミニピザ
5、サーモンと夏野菜のペロンチーノ
6、夕張メロン

Img_27772

|

2009年8月 2日 (日)

男のご飯−426

今日は創作日本料理。先ずは、ベビーリーフ・キューリ・人参・パプリカ・大根・セロリ・ズッキーニとアボガドをスモークサーモンで巻いていくらを乗せレモンを搾っていただく。何もかもが旨い。次は今が旬の鱧の梅肉、基本通り骨切りして湯引き梅肉とカラシ酢みそでいただく。美味しくて夏はこれに鱧ってしまう。ではメインの今回は黒毛和牛と合鴨のすき焼き、白菜・春菊・玉ねぎ・椎茸・玉ねぎ・もやし・えのき・白ネギ・エリンギ・コンニャク・ニラ・豆腐と一緒にいただく。暑い夏にクーラーでキン々に冷やして食べるすき焼きは溶き卵を何回もお変わりする位滅茶苦茶美味しーい。今日の〆のデザートは昨日に続いて冷え々熟れ々の夕張メロンでお腹パンパンになりました。

1、スモークサーモンといくらとアボガドのサラダ
2、鱧の梅肉
3、黒毛和牛と合鴨のすき焼き
4、夕張メロン

Img_27562

|

2009年8月 1日 (土)

男のご飯−425

今日はブルゴーニュワインでフレンチ。先ずはカボチャのクリームスープ、チキンブイヨンでじっくり煮込んで裏漉したっぷりの生クリームで仕上げパセリを刻んでいただく。とてもクリーミーで夏のカボチャは美味しい。次はサーモンといくらの親子のサラダ、ベビーリーフ・アボガド・ズッキーニ・キューリ・パプリカ・ティンカーベルと一緒に、塩胡椒とレモンを搾りパルミジャーノを削り掛けていただく。このコラボレーションはドレッシングが無くてもこれだけで旨い。三品目はイベリコ豚のスペアーリブ、塩胡椒・ローズマリー・タイムをたっぷり擦り込み肉の脂だけでレアーに仕上げ、カボチャ・小茄子・いんげん・トマトを添えチャービルを飾りレモンを搾っていただく。やはり骨付きは美味しーい。四品目はいさぎのトマトソース、下ごしらえしたいさぎをぱりっと焼いて取り出しニンニク・玉ねぎを炒め、ブイヨンとホールトマトに人参・セロリ・ズッキーニを一緒に煮込んだソースを掛け蒸かし芋を添えレモンを搾っていただく。美味しくていさぎ良く何一つ残すとこおまへん。最後はイカスミのリゾット、炒めたニンニク・玉ねぎ・いか・お米にコンソメ・ホールトマトとイカスミで煮込み少し柔らかめに仕上げ馬ふんウニをてんこ盛りにしていただく。旨ーいとしか言いようが無いがな。今日の〆のデザートは冷え々熟れ々夕張メロンとバニラのアイスクリームで美味しい々フレンチでした。

1、カボチャのクリームスープ
2、サーモンといくらの親子のサラダ
3、イベリコ豚のスペアーリブ
4、いさぎのトマトソース
5、イカスミのリゾット
6、夕張メロンとバニラのアイスクリーム

Img_27392

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »