« 男のご飯−421 | トップページ | 男のご飯−423 »

2009年7月29日 (水)

男のご飯−422

今日は創作中華料理。先ずはゴーヤのスープ、ごま油でネギ・ニンニクと鶏ミンチを炒め、鶏ガラスープでゴーヤと一緒に花椒を利かせて煮込みパクチーをたっぷり入れていただく。良く煮込むことで苦みも軽やかで美味しい。次は鰹の皇帝風サラダ、キューリ・パプリカ・人参・セロリ・白髪ねぎと一緒に何時ものカシューナッツと特製胡麻マヨドレでいただく。旨ーいとしか言えまへん。三品目は名古屋コーチンのバンバンジー、ニンニク・塩胡椒・五香粉を擦り込んで焼いて定番の胡麻タレとテンメンジャンを掛け、トマト・キューリ・白髪ねぎと一緒にサニーレタスに巻いていただく。肉厚ジューシーで美味しくてバンバンいける。四品目は焼売、ブロッコリーを入れたつくねのネタで包み枝豆をトッピングして蒸してレモンを搾ってポン酢でいただく。軟骨の歯応えが程よく旨くて軟骨でも食べてしまう。五品目はニラレバ炒め、酒・醤油・ごま油・花椒・ニンニク・塩胡椒・生姜に漬け込み片栗粉をまぶして、ねぎ・もやし・人参と一緒に炒めレモンを搾っていただく。鉄分で元気いっぱいになって美味しーい。最後はマーボ茄子豆腐、今回は花椒と豆板醤を利かせ豆腐たっぷりで仕上げ枝豆とパセリをトッピングしていただく。油控えめでピリピリしてパンチが利いて旨い。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、ゴーヤのスープ
2、鰹の皇帝風サラダ
3、名古屋コーチンのバンバンジー
4、焼売
5、ニラレバ炒め
6、マーボ茄子豆腐

Img_266012

|

« 男のご飯−421 | トップページ | 男のご飯−423 »

中華」カテゴリの記事