« 男のご飯−415 | トップページ | 男のご飯−417 »

2009年7月22日 (水)

男のご飯−416

今日は創作日本料理。先ずはソーメンのツナサラダ、人参・セロリ・玉ねぎ・キューリ・白ネギと一緒に塩胡椒とマヨネーズで和えミツバをトッピングしてレモンを搾っていただく。こんな美味しい少し固めのソーメンもアルデンテ。次は冬瓜のあん掛け、今が旬の冬瓜を炒り粉だしでこれでもかと言う位に煮込んで片栗でトロミを付けミツバとレモンんをトッピングしていただく。殆どそのまま噛まずに飲込める位柔らかくて旨ーい。三品目は穴子の卵綴じ、鰹だしでしっかり煮込み溶き卵を二回綴じてミツバをトッピングしていただく。この美味しさは穴子れ無い。四品目はニュー麺、昆布と鰹だしに気持ち柔らかめに湯がいて冷水で締めた三輪ソーメンにミツバをたっぷり入れすだちを搾っていただく。クーラーで冷えた身体には旨くてアーメンいやニュー麺て感じ。五品目は名古屋コーチンのネギマ、シンプルに白ネギを交互に串に刺し今回はフライパンで脂を取りながら焼いて焼き人参と豆もやしを添えレモン塩でいただく。串迄食べたくなる位美味しーい。今日の〆のデザートな昨日に続き熟れ々桃とミルクのアイスクリームで用意した豚しゃぶは食べれませんでした。

1、ソーメンのツナサラダ
2、冬瓜のあん掛け
3、穴子の卵綴じ
4、ニュー麺
5、名古屋コーチンのネギマ
6、桃とミルクのアイスクリーム

Img_250912

|

« 男のご飯−415 | トップページ | 男のご飯−417 »

日本食」カテゴリの記事