« 男のご飯−392 | トップページ | 男のご飯−394 »

2009年6月25日 (木)

男のご飯−393

今日は創作中華料理。先ずはイカのサンラータンスープ、木耳・白ねぎ・人参・パプリカ・筍と春雨を鶏ガラスープで煮込み片栗粉でトロミを付けうずらを綴じパクチーをトッピングしていただく。美味しくて一気にパクチーテしまう。次は貝柱と鮭いくらの親子の皇帝風サラダ、何時もの野菜に擂ったカシューナッツと特製ドレッシングでいただく。この上なく満足でメチャ旨ーい。三品目はアボガドの牛肉巻き豆板醤炒め、熟れ々のアボガドを巻き塩胡椒で焼いてパクチーと一緒にレモンを搾っていただく。豆板醤が適度にピリッと利いて美味しい。四品目はオレンジの酢豚風八宝菜、豚肉・ニンニク・白ねぎ・玉ねぎ・白菜・人参・筍・舞茸・パプリカ・獅子唐・うずら・とオレンジを一緒に鶏ガラで煮込み片栗でトロミを付けお酢を回し掛けていただく。酢豚の様で八宝菜の様で二度旨いって感じ。最後は地鶏のレタス巻き、ニンニクと塩胡椒で炒め豆板醤をたっぷり塗って、キューリ・白髪ねぎ・パクチーと一緒に巻いてレモンを搾っていただく。美味しくて撒かれてしまった感じ。今日の〆のデザートは冷蔵庫で冷たく冷やした今が旬の山形のサクランボで美味しい々ご飯でした。

1、イカのサンラータンスープ
2、貝柱と鮭いくらの親子の皇帝風サラダ
3、アボガドの牛肉巻き豆板醤炒め
4、オレンジの酢豚風八宝菜
5、地鶏のレタス巻き
6、サクランボ

Img_19392

|

« 男のご飯−392 | トップページ | 男のご飯−394 »

中華」カテゴリの記事