« 男のご飯−382 | トップページ | 男のご飯−384 »

2009年6月13日 (土)

男のご飯−383

今日は創作中華料理。先ずはサンラータンスープ、豚肉を炒めエノキ・人参・セロリ・椎茸・春雨を鶏ガラスープで煮込みパクチーをトッピングしていただく。具沢山でホワジャンが利いて美味しい。次は鮭とクラゲの皇帝風サラダ、何時もの野菜とドレッシングと一緒にいただく。クラゲが入る事でこのコラボレーションはメチャ旨い。三品目は鯵の甘酢あん掛け、玉ねぎ・椎茸・パプリカ・ピーマン・しめじ・唐辛子と一緒に鶏ガラスープで煮込みトロミを付け、二度揚げした鯵に掛け刻みネギをたっぷり掛けていただく。甘酢が適度で旬の鯵は美味しくて残すとこおまへん。四品目はターサイと牛肉の炒め物、白ねぎをニンニクで香りつけターサイと牛肉を炒め、鶏ガラとオイスターソースにゴマ油を回し掛け五香粉とラー油で仕上げていただく。旨いとしか言えまへん。五品目はマーボ茄子、牛肉を細かく刻んで唐辛子を入れ加茂茄子と一緒に炒め鶏ガラ・豆板醤・ゴマ油・オイスターソースに片栗でトロミを付け、くり抜いた皮の器に盛って白髪ねぎとパクチーをトッピングしていただく。挽肉はと違った食感が何とも言えずこちらの方が美味しい加茂。六品目はトマトと卵の炒め物、種を取り皮をむいて炒めたトマトを鶏ガラスープで煮込み、マヨネーズでトロ々に仕上げた卵で綴じていただく。卵がフワ々でトマトの酸味が程よ良く旨ーい。最後は焼売のレタス巻き、テンメンジャンだけで巻いていただく。辛し醤油も旨いがこのレタス巻は一味違って美味しい。今日の〆のデザートはプチトマトのシャーベット、冷凍庫でカチンコチン冷やして皮をむき練乳とシュガーパウダーを掛けていただく。また食べたくなる程旨い。

1、サンラータンスープ
2、鮭とクラゲの皇帝風サラダ
3、鯵の甘酢あん掛け
4、ターサイと牛肉の炒め物
5、マーボ茄子
6、トマトと卵の炒め物
7、焼売のレタス巻き
8、プチトマトのシャーベット

Img_07052

|

« 男のご飯−382 | トップページ | 男のご飯−384 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−383:

« 男のご飯−382 | トップページ | 男のご飯−384 »