« 男のご飯−377 | トップページ | 男のご飯−379 »

2009年6月 6日 (土)

男のご飯−378

今日は創作中華料理。先ずは鮭といくらの皇帝風サラダ、大根・人参・セロリ・キューリと一緒に特製胡麻マヨドレでいただく。カシューナッツが無くても親子って美味しーい。次は白菜とセロリのワンタンスープ、鶏ガラスープでコトコト煮込んでホワジャンを振り掛けていただく。温かくてメチャ旨い。三品目は牛肉とピーマンの細切り炒め、筍と一緒に炒め鶏ガラスープ・オイスターソース・ゴマ油と五香粉で仕上げていただく。美味しくて言う事おまへん。四品目は叉焼と豆もやしのナムル、塩胡椒・酒・味醂・醤油に煮付け込んで炒め、鶏ガラスープでじっくり煮込み豆もやしのナムルと一緒に絹さやで彩っていただく。餅豚ブロックが餅々で旨ーい。次はマーボ茄子豆腐、定番の具材とホワジャンと唐辛子の変わりに一味を利かせ片栗でトロミを付けグリンピースをトッピングしていただく。ピリピリして美味しさは変わりまへん。最後は焼売、オレンジと一緒に定番のタレでいただく。どう焼売も無く旨い。今日の〆のデザートも用意した鯛の甘酢あん掛けも鶏のテンメンジャンもお腹パンパンで食べれませんでした。

1、鮭といくらの皇帝風サラダ
2、白菜とセロリのワンタンスープ
3、牛肉とピーマンの細切り炒め
4、叉焼と豆もやしのナムル
5、マーボ茄子豆腐
6、焼売

Img_06052

|

« 男のご飯−377 | トップページ | 男のご飯−379 »

中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−378:

« 男のご飯−377 | トップページ | 男のご飯−379 »