« 男のご飯−368 | トップページ | 男のご飯−370 »

2009年5月26日 (火)

男のご飯−369

今日は創作日本料理。先ずは野菜と卯の花のサラダ、レタス・人参・キューリ・トマト・クレソン・セロリ・チャービルと一緒にマヨネーズでいただく。卯の花が入る事で一味違った独特の新しい味と食感が美味しい。次は野菜の煮物、茄子・ごぼう・しめじ・人参・ブロッコリ−と一緒に、昆布・だし雑魚・鰹で取っただしに酒・醤油でコト々煮込んでいただく。それぞれの野菜の甘い味がハッキリ出て旨い。三品目は真鯛の塩焼き、ただ々塩を振り網焼きにしてレモンを搾っていただく。一昔こんな部位を捨ててたなんて信じられない位料亭の味がして魚好きにはたまらなく美味しい。四品目はアスパラベーコンと焼ごぼう、塩胡椒だけで焼いてレモンを搾っていただく。これ以上シンプルな料理は無いと思うけど旨い。五品目は地鶏の唐揚げ、擦り胡麻をたっぷりまぶして揚げレモンを搾ってほんの少しお塩をつけていただく。胡麻ならではの風味と香りが利いて美味しーい。最後は手打ちカレーそば、十割そばと牛肉・ごぼう・京薄揚げに刻みネギをたっぷりトッピングしていただく。手打ちでしか味わえない腰のある麺にこくのあるカレーだしが旨ーい。今日の〆のデザートはお腹いっぱいで食べれませんでした。

1、野菜と卯の花のサラダ
2、野菜の煮物
3、真鯛の塩焼き
4、アスパラベーコンと焼ごぼう
5、地鶏の唐揚げ
6、手打ちカレーそば

Img_04312

|

« 男のご飯−368 | トップページ | 男のご飯−370 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−369:

« 男のご飯−368 | トップページ | 男のご飯−370 »