« 男のご飯−370 | トップページ | 男のご飯−372 »

2009年5月29日 (金)

男のご飯−371

今日は創作日本料理。先ずは締め昆布と生ハムのサラダ、貝割れ大根を締め昆布で巻キューリ・セロリ・大根・人参・パプリカを生ハムで巻いてマヨネーズを掛けトマトと一緒にいただく。見た目通りビックリバーンして美味しい。次はごまめ、だし雑魚を甘めのだしで椎茸と一緒に煮込みセロリと刻みレモンをトッピングしていただく。柔らかく煮詰める事でこれはこれで十分酒のあてになる位旨い。三品目はお好み焼きミックス、豚・いか・海老に多めのキャベツで焼いて青海苔・鰹節にマヨネーズをたっぷり掛けていただく。大阪を代表する粉モンて何でなんて言う位美味しい。四品目は黒毛和牛の鉄板焼き、ほうれん草と椎茸のバター焼きを添えレモンを搾っていただく。美味しいお肉は言う事おまへん。五品目は豆腐と京薄揚げの味噌汁、刻みネギをたっぷり入れていただく。つまりは全て大豆で出来た美味しい贈り物。最後はミックス焼きそば、定番の具材で仕上げ溶き卵につけていただく。イタリアに例えれば美味しいピザとパスタをいただいた感じ。今日の〆のデザートはお腹いっぱいで食べれる訳おまへん。

1、締め昆布と生ハムのサラダ
2、ごまめ
3、お好み焼きミックス
4、黒毛和牛の鉄板焼き
5、豆腐と京薄揚げの味噌汁
6、ミックス焼きそば

Img_04722

|

« 男のご飯−370 | トップページ | 男のご飯−372 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のご飯−371:

« 男のご飯−370 | トップページ | 男のご飯−372 »