« 男の勝手気ままな手作りごはん-355 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-357 »

2009年5月12日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-356

今日は創作日本料理。先ずはお刺身の盛り合わせ、鮪・貝柱・鯛・カンパチをワサビ塩と溜まりでいただく。素材の味が活きるのは,旨くてお塩に軍配が上がる。次はしじみのお澄まし、炒り粉だしで豆腐・京薄揚げにミツバをトッピングしていただく。美味しいしじみはビタミンもミネラルもたっぷりって言うけど脂肪燃焼効果って何処にオルニチン。三品目は餅豚ブロックの角煮、塩胡椒をして焼き目をつけだし・酒・砂糖・醤油でとことん煮込んで練り辛しでいただく。脂も適度に抜けジューシーでトロ々して旨ーい。四品目は櫻鯛の兜煮、酒・砂糖・溜まり醤油でゴボウと豆腐を一緒に煮込みミツバを添えていただく。魚好きには美味しくて溜まりまへんわ。五品目は地鶏の唐揚げ、酒・醤油・片栗粉で下味を付けカラッと揚げレモンをたっぷり搾っていただく。身が餅々で美味しーい。最後は春レタスとなめこの味噌炒め、ただ々旬の春レタスとなめこをめだし・味醂・味噌で一緒に炒めて炒めていただく。なめこの粘りが良く利いてトロ々ショキ々で旨い。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、お刺身の盛り合わせ
2、しじみのお澄まし
3、餅豚ブロックの角煮
4、櫻鯛の兜煮
5、地鶏の唐揚げ
6、春レタスとなめこの味噌炒め

Img_015112

|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-355 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-357 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-356:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-355 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-357 »