« 男の勝手気ままな手作りごはん-353 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-355 »

2009年5月 9日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-354

今日はイタリアン。先ずはスモークサーモンといくらの親子のカルパッチョ、オニオン・セロリ・パプリカ・トマト・パセリと一緒にオリーブオイルとビネガーを掛けレモンをたっぷり搾っていただく。脂の乗ったサーモンで煙に巻かれ親子共々旨ーい。次は春ゴボウのクリームスープ、チキンブイヨンで煮込みミルに掛け、生クリームをたっぷり入れパセリをトッピッグしていただく。この時期のゴボウは色々楽しめて美味しい。三品目はミックス茸と筍のマリネ、しめじ・エリンギ・エノキ・舞茸と一緒にお酢を利かせた特製マリネ液で煮込み、冷ましながらじっくり浸け込みレモンを搾っていただく。とても旨くて茸の森にいらっしゃいって感じ。四品目は野菜のミニピザ、オニオン・トマト・茄子・エノキ・舞茸と一緒に何時もの餃子の皮で焼いていただく。カリ々シュコ々トロ々で美味しーい。五品目は手羽先のソテー、塩胡椒だけで人参・茄子と一緒にフライパンで焼きレモンをたっぷり搾っていただく。シンプルなだけあって地鶏独特の素材の味が活きて旨ーい。最後はボンゴレロッソ、あさりをアーリオーリオで炒めホールトマトとコンソメ仕上げ、パセリをトッピングしてレモンを搾りチーズをたっぷり掛けていただく。フェデリーニとカッペリーニのミックスパスタのアルデンテの食感が同時に楽しめて美味しい。今日は〆のデザートは言うまでも無くお腹パンパンで食べれませんでした。

1、スモークサーモンといくらの親子のカルパッチョ
2、春ゴボウのクリームスープ
3、ミックス茸と筍のマリネ
4、野菜のミニピザ
5、手羽先のソテー
6、ボンゴレロッソ


Img_0120817c82p2

|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-353 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-355 »

イタリアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-354:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-353 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-355 »