« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-300

今日はイタリアン。先ずは野菜のコンソメスープ、かぶら・スナップエンドウ・セロリ・ブロッコリー・アスパラガス・カリフラワーをただただ煮込んでパセリを振りかけていただく。具沢山で野菜が美味しい。次は野菜とカリカリベーコンのサラダ、サニーレタス・キューリ・セロリ・パプリカ・ピーマン・人参・大根・トマト・アスパラガス・オニオン・チャービルにレモンをたっぷり搾って特製マヨビネドレでいただく。これは野菜のデパートやと言うくらい色々有って旨い。三品目はスペアリブのデミグラソース、ローズマリーを利かせソースをタップリ付けレモンを搾っていただく。豚が餅々でトロットしたデミグラソースが何とも言えなくマッチして美味しーい。四品目は野菜とベーコンのミニピザ、何時もの餃子の皮で焼いていただく。言うまでもなくチーズたっぷりカリカリで具沢山で旨ーい。最後はフェットチーネの牡蠣のクリームソース、アーリオリーでしめじと一緒に炒めコンソメに生クリームをタップリ入れたソースに絡めていただく。笑けるくらい美味しい。今日の〆はあまおう苺でお腹いっぱいになりました。

1、野菜のコンソメスープ
2、野菜とカリカリベーコンのサラダ
3、スペアリブのデミグラソース
4、野菜とベーコンのミニピザ
5、フェットチーネの牡蠣のクリームソース
6、あまおう苺

Img_017614


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-299

今日はフレンチ。先ずはカボチャのポタージュ、ブイヨンでじっくり煮込んでミルに掛け生クリームとミルクで仕上げパセリをトッピングしていただく。じゃがいもを少し入れた事でトロミがついてとてもクリーミーで美味しい。次は春野菜の温サラダ、蒸したスティックセニョール・ロマネスコ・アスパラガス・スナップエンドウ・かぶらと焼いた筍・カボチャ・人参・薩摩芋・しめじに生のトマト・パプリカ・チャービルと一緒に特製オリーブマヨドレでいただく。野菜は蒸しても焼いても生でもほんまに旨い。三品目はロールキャベツの焼ベーコン巻き、コンソメとホールトマトで2日煮込んで焼いたベーコンを巻いてミニトマトを添え粉チーズを振り掛けていただく。トロトロで溶けるくらい美味しーい。四品目は真鯛のポアレ、皮をパリッと焼いて人参・スナップエンドウ・カボチャ・ロマネスコを添えレモンを搾って特製バミセリマヨソースでいただく。この万能ソースで淡白な真鯛が美味しさ倍増。最後はイベリコ豚のカレーソース、タイム・クミン・コリアンダーと塩胡椒でじゃがいも・人参・スティックセニョールと一緒に焼いて特製カレーソースを掛けていただく。インドに日帰りした感じでエスニックで美味しい。今日の〆は頂いたベルギーチョコレートとコーヒーで満足なフレンチでした。

1、カボチャのポタージュ
2、春野菜の温サラダ
3、ロールキャベツの焼ベーコン巻き
4、真鯛のポアレ
5、イベリコ豚のカレーソース
6、ベルギーチョコレートとコーヒー

Img_0161817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-298

今日は創作日本料理。先ずは生ハムと野菜のサラダ、キューリ・人参・セロリ・玉ねぎ・大根・イエローズッキーニ・レモン・コリアンダーに煎り胡麻と特製胡麻マヨドレでいただく。胡麻は体に良いのが良く分かる位美味しい。次は真鯛の兜煮、土生姜を入れただしでごぼう・椎茸・大根・豆腐と一緒に甘めに煮込んでいただく。旨くて残すのはもちろん骨だけですわ。三品目は豆腐と白ねぎのお澄まし、炒り粉だしに味醂とお酒で仕上げ、七味と山椒の2バージョンでいただく。これも言う事無く温まって美味しい。四品目はブロッコリーと芝海老のピリ辛炒め、ニンニクと玉ねぎに唐辛子を利かせて炒めだし・オイスターソース・醤油・ゴマ油で仕上げていただく。ピリピリしてブロッコリーの茎も柔らかく旨い。次は地鶏網焼き、エノキと一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。塩胡椒がしっかり利いてレモンでさっぱりして美味しーい。六品目はたまご焼き、大根おろしに醤油を少し掛けてでいただく。たまにはたまご焼きも美味しいではおまへんか。最後は昨日食べれなかったワンタンスープ、鶏ガラスープにパクチーをこれでもかと言うくらいたっぷり入れていただく。旨くてついついパクチーてしまうのが分かるかな?今日の〆は苺と貰い物のチョコレートのデザートでお腹いっぱいになりました。

1、生ハムと野菜のサラダ
2、真鯛の兜煮
3、豆腐と白ねぎのお澄まし
4、ブロッコリーと芝海老のピリ辛炒め
5、地鶏網焼き
6、たまご焼き
7、ワンタンスープ
8、苺とチョコレートのデザート

Img_0138817c82p2jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-297

今日は創作中華料理。先ずは何はともあれ真鯛の皇帝風サラダ、大根・人参・玉ねぎ・パプリカ・キューリ・セロリ・パクチーと一緒にミルしたカシューナッツと特製胡麻ドレでいただく。お刺身はワサビより美味しいかも。次は待ってましたフカヒレの姿煮込みスープ、白ねぎ・生姜と鶏ガラスープに醤油・オイスターソースでミニチンゲンサイと一緒に煮込んでいただく。旨いとしか言いようがおまへん。三品目は中国四川の郷土料理白菜の回鍋肉、餅豚・ピーマン・パプリカ・椎茸・筍・木耳と一緒に炒めて鶏ガラで煮込み、トロミを付けパクチーをトピングしていただく。キャベツとまた違って美味しい。四品目は焼き餃子、蒸し焼きにしてポン酢に唐辛子と七味とラー油を利かせていただく。ピリピリしてパンチが利いて旨ーい。次は酢豚、黒豚を定番の具材にヤングコーンを入れて炒めお酢を気持ち多めに利かせパクチーをトッピングしていただく。お酢が程良く美味しくて箸がついつい進んでしまう。次はマーボ茄子豆腐、テンメンジャンに豆板醤を利かせ豆腐たっぷりでいただく。辛さを忘れてしまう程旨い。最後は鶏ガラスープのミニ中華そば、2日煮込んだ叉焼とチンゲンサイをトッピングしていただく。鍋の〆のおじやと同じ感覚で美味しくて申し分おまへん。今日の〆は苺のデザートではち切れそうになりました。

1、真鯛の皇帝風サラダ
2、フカヒレの姿煮込みスープ
3、回鍋肉
4、焼き餃子
5、酢豚
6、マーボ茄子豆腐
7、ミニ中華そば
8、苺のデザート


Img_0097817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-296

今日は創作日本料理。先ずはにぬき卵と野菜のサラダ、レタス・キューリ・セロリ・玉ねぎ・トマト・ミツバ・人参・大根に煎り胡麻と特製胡麻マヨドレでいただく。新鮮な野菜は毎日食べても飽きることなく美味しい。次はロールキャベツ、キャベツ・ブロッコリーの芯と玉ねぎに合い挽き肉で巻いてホールトマトでじっくり煮込んで粉チーズを掛けていただく。キャベツがトロトロでトマトの酸味で程よくほんまに旨い。三品目はごぼうの味噌汁、人参・大根・京薄揚げ・白ねぎ・玉ねぎ・豆腐と一緒に山椒を少し掛けていただく。寒い冬の味噌汁は体が温まって旨い。四品目は餅豚ブロックの角煮、昨日からコトコト煮込んでレモンを搾って練りからしでいただく。脂も適度に抜け餅々で美味しーい。次は真鯛の骨焼き、塩胡椒で網焼きにしてただただレモンを搾っていただく。少しオーバーだけど骨に染みるくらい骨の周りのゼラチンは何でこんなに旨いねん。次六品目は青菜の炒め煮、水菜・京薄揚げをゴマ油で炒め酒・だし・醤油で仕上げていただく。こう言う田舎料理はお袋を思い出して素朴で美味しい。最後は久ぶりのだし巻き、下ろし大根に醤油を少し掛けていただく。だしが卵のトロミを押さえてくれて熱々フワ々の食感がたまらなく旨い。今日の〆は白黒のあんのきんつば、賞味期限がその日と言うこだわりの美味しい々デザートでした。

1、にぬき卵と野菜のサラダ
2、ロールキャベツ
3、ごぼうの味噌汁
4、餅豚ブロックの角煮
5、真鯛の骨焼き
6、青菜の炒め煮
7、だし巻き
8、白黒のあんのきんつば

Img_008912


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-295

今日はイタリアン。先ずは帆立貝とプロシュットのカルパッチョ、トマト・オニオン・セロリ・チャービルにレモンをたっぷり搾ってオリビネでいただく。新鮮と言うのは何はともあれ美味しい。次はミネストローネ、イタリアの定番野菜をたっぷり入れてホールトマトで煮込んだスープにバケトを入れチーズを振り掛けていただく。トマトとチーズは言う事無く旨い。三品目はカルボナーラ、パンチェッタをたっぷり入れたソースにフェデリーニを絡めていただく。生クリームと卵黄にパルミジャンでコッテリしてアルデンテの細めのパスタが美味しい。四品目はミニピザ、トマト・オニオン・ズッキーニ・茄子・プロシュット・ベーコンをたっぷり入れていただく。餃子の薄皮はカリカリパリパリでチーズネットリで旨ーい。次は今日のメインのラムチョップのソテー、ハーブミックスを利かせて超レアーに焼いてじゃがいもと人参にチャービルを添えてレモンを搾ってマスタードでいただく。ハーブが良く利いてレモンでさっぱりして美味しーい。最後は餃子のラビオリ、たっぷりのトマトソースで煮込んでこれでもかと言うくらいチーズを掛けていただく。旨くて滅茶苦茶餃子ん食べてしまう。今日は〆のデザートにはありつけませでした。

1、帆立貝とプロシュットのカルパッチョ
2、ミネストローネ
3、カルボナーラ
4、ミニピザ
5、ラムチョップのソテー
6、餃子のラビオリ

Img_0059817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-294

今日は創作日本料理。先ずは野菜の胡麻サラダ、レタス・キューリ・人参・大根・セロリ・水菜・レモンに煎り胡麻と特製胡麻マヨドレでいただく。野菜が新鮮でショキショキで胡麻の風味がとても旨い。次はミルフィール鍋、白菜・水菜・餅豚を交互に挟んで炒り粉炊きで煮込んでミツバとゆずをトッピングしていただく。このコンビネーションは見た目も味も良く美味しい。三品目は菜の花のからし和えとオクラのおひたし、ネバネバしたオクラと菜の花が旬々して旨ーい。四品目は真鯛の兜煮、ごぼう・豆腐と一緒に少し甘めに仕上げてミツバをトッピングしてレモンを搾っていただく。美味しくて骨まで々愛してしまう。五品目は茶碗蒸し、銀杏と地鶏とミツバをたっぷり入れて蒸し銀あんを掛けわさびをトッピングしていただく。火傷しそうな位熱々で美味しい。最後は根深汁、たっぷりの白ねぎに京薄揚げ・豆腐と一緒にいただく。中々根深い味がして旨ーい。今日の〆のデザートはお腹いっぱいで食べれませんでした。

1、野菜の胡麻サラダ
2、ミルフィール鍋
3、菜の花のからし和えとオクラのおひたし
4、真鯛の兜煮
5、茶碗蒸し
6、根深汁

Img_004812


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-293

今日は創作日本料理。先ずは菜の花のおひたし、軽く塩湯でして昆布と鰹だしと薄口醤油で和えて鰹節を振り掛けていただく。そろそろ春が訪れる感じがして美味しい。次は野菜サラダ、トマト・キューリ・セロリ・玉ねぎ・人参・大根・パプリカ・ピーマン・ブロッコリーに煎り胡麻と特製胡麻ドレでいただく。新鮮な野菜はほんまに美味しい。三品目は地鶏と豆もやしの味噌炒め、テンメンジャンだけで炒めてレモンを搾っていただく。地鶏がジューシーで豆もやしがコリコリして旨ーい。四品目はカキフライとふきのとうの天ぷら、美味しくて春うららな季節を感じる。五品目は久しぶりの手打ちカレーうどん、しっかり踏み込んだ手打ちは腰もしっかりしていて、綴じた卵がフワフワでカレーもピリピリで牛々して美味しーい。最後は昨日食べそびれた八宝菜、定番の具材と一緒に仕上げパクチーをいっぱいトッピングしていただく。旨く八方ふさがりで言う事おまへん。今日は〆も出来ない位お腹いっぱいになりました。

1、菜の花のおひたし
2、野菜サラダ
3、地鶏と豆もやしの味噌炒め
4、カキフライとふきのとうの天ぷら
5、手打ちカレーうどん
6、八宝菜

Img_0029817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-292

今日は創作中華料理。先ずは牡蠣と白菜のスープ、鶏ガラスープで豚バラ・生姜・春雨・木耳・唐辛子と煮込んで酒・ゴマ油とナンプラーで仕上げパクチーをトッピングしていただく。ピリッとパンチが利いて牡蠣が美味しい。次は鰹のたたきの皇帝風サラダ、大根・人参・セロリ・キューリ・パプリカ・パクチーにカシューナッツと何時もの特製胡麻マヨドレでいただく。たたかれても仕方ない位旨ーい。三品目は餅豚のラージャオジャン、ヤングコーン・ピーマン・パプリカ・玉ねぎ・椎茸・しめじ・ブロッコリーと一緒に、オイスターソースを少し利かせて炒めこれもパクチーをトッピングしていただく。美味しくてパクチイてしまう。四品目は北京ダック風春巻き、炒めた地鶏とキューリ・セロリ・パプリカ・白ねぎ・テンメンジャンを一緒に巻いてコンガリ焼いていただく。巻いた皮の違いがまたそれぞれで焼く事で香ばしく美味しい。五品目はビビンバ風焼きそば、牛肉・ゼンマイ・豆もやし・大根・人参・青菜・しめじをゴマ油と煎り胡麻に定番の調味料で仕上げパリパリに焼いたそばに絡めていただく。ご飯とはまた違って旨ーい。今日の〆はマンゴのヨーグルトでお腹いっぱいになりました。

1、牡蠣と白菜のスープ
2、鰹のたたきの皇帝風サラダ
3、餅豚のラージャオジャン
4、北京ダック風春巻き
5、ビビンバ風焼きそば
6、マンゴのヨーグルト

Img_001611


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-291

今日はイタリアン。先ずはごぼうと松の実のクリームスープ、オリーブオイルで炒めコンソメに松の実を加えて煮込みミルに掛け、生クリームで仕上げパセリを刻んでいただく。体に良い薬膳仕立ても中々美味しい。次は野菜とクリームチーズのサラダ、レタス・キューリ・オニオン・大根・セロリ・人参・トマトと一緒にビネガーソースとオリーブオイルでいただく。とてもクリーミーでビネガーの酸味が適度で旨い。三品目は鮭の香草焼き、定番の香草とパン粉をまぶしオリーブオイルでしめじ・エノキ・椎茸と一緒に炒め、グリンピースとイタリアンパセリを添えてトマトソースでいただく。皮がコンガリ身は脂が良く乗ってジューシーで美味しい。四品目は地鶏のチーズとトマトの包み焼き、厚めの胸肉を切り開いて包みアーリオーリオで鶏の脂を取りながら茸と小松菜と一緒に炒めてレモンを搾っていただく。ネットリしたチーズにトマトとレモンの甘酸っぱさが良く合って美味しい。最後は牡蠣のクリームソースのパスタ、アーリオーリオに小麦粉を入れて炒めブイヨンで煮込み生クリームとミルクで仕上げたソースに絡めていただく。牡蠣の身がプリンプリンでクリーミーで旨ーい。今日の〆は苺ヨーグルトのスープでクリーム々したイタリアンでした。

1、ごぼうと松の実のクリームスープ
2、野菜とクリームチーズのサラダ
3、鮭の香草焼き
4、地鶏のチーズとトマトの包み焼き
5、牡蠣のクリームソースのパスタ
6、苺ヨーグルトのスープ

Img_0993817c82p2_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-290

今日は創作日本料理。先ずは野菜サラダ、サニーレタス・キューリ・トマト・玉ねぎ・大根・人参・ブロッコリーと一緒に特製胡麻マヨドレでいただく。胡麻の風味が心地よくシンプルで美味しい。次は真鯛のお刺身、わさびを多めにつけて塩だけででいただく。新鮮なお刺身は味がハッキリ出る塩が旨い。三品目は餅豚ブロックの味噌炒め、だし・酒・味醂に漬け込んでレアーに焼いて、素焼きのしめじ・ごぼう・ブロッコリーを添えテンメンジャンを少しつけていただく。醤油の角煮とは違ってコンガリ餅々で味噌も美味しい。四品目は鱈の茸あん、皮をパリッと焼いて鰹だしで椎茸・しめじ・エノキ・水菜を一緒に煮込みあんにして、刻みねぎをトッピングしていただく。自然な鱈のあんは片栗とは一味違って美味しーい。五品目はこれからが旬のたらの芽の唐揚げ、ごぼう・椎茸・ピーマンと一緒にレモンを搾っていただく。何とも言えないたらの芽の適度な苦みが美味しい。最後は豆腐とねぎのお汁、白ねぎと一緒に炒り粉だしで煮込み刻みねぎをたっぷり掛けていただく。温々でさっぱりして旨い。今日の〆のデザートは食べれませんでした。

1、野菜サラダ
2、真鯛のお刺身
3、餅豚ブロックの味噌炒め
4、鱈の茸あん
5、たらの芽の唐揚げ
6、豆腐とねぎのお汁


Img_0981817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-289

今日は二ヶ月ぶりのすき焼き、先ずは真鯵の南蛮漬け、強力粉をまぶして揚げポン酢・砂糖と唐辛子に鰹だしを少し入れたタレに玉ねぎと一緒に浅めに漬けていただく。お酢も強すぎず唐辛子も適度でカリッと揚がった真鯵が脂が乗ってて美味しい。ではメインのすき焼き、今回は定番の具材にほうれん草と小松菜を加え黒毛和牛と餅豚の2バージョンでいただく。牛豚野菜々と箸が進んで良くもこんなに入るのかと言うくらい美味しくて食べてしまう。今回は箸休めに京漬け物の盛り合わせ、キューリ・茄子・大根に鰹節とゆずをトッピングしていただく。箸休めのつもりが旨くてかえって箸が進んでしまう。今日の〆は苺とバニラのアイスクリームでお腹がはち切れんばかりになりました。

1、真鯵の南蛮漬け
2、すき焼き
3、京漬け物の盛り合わせ
4、苺とバニラのアイスクリーム


Img_0964817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-288

今日はイカスミが食べたくてイタリアン。先ずはグラタンスープ、オニオン・人参・トマト・キャベツ・椎茸・筍と一緒に炒めブイヨンで煮込んでトーストしたバケットにチーズを入れオーブンレンジで焼いてバジルを振りかけていただく。温かくてチーズがトロけて美味しい。次はハムとカマンベールの野菜サラダ、レタス・人参・キューリ・セロリ・筍・生わかめ・ミツバ・トマトと一緒に特製マヨドレでいただく。ネットリしたチーズとハムにショキショキした野菜の組み合わせも中々美味しい。三品目は何時ものほうれん草と茄子のミニピザ、定番の具材と一緒にたっぷりのチーズで焼いてパプリカを振り掛けていただく。カリパリトロで美味しくて言う事おまへん。ではメインのイカスミのパスタ、イカを丸一匹入れスミを隅々まで行き届かせて、リングイネに絡め粉チーズをたっぷり掛けていただく。お歯黒になって笑けるくらい旨ーい。最後はイタリア風フリット、白煮魚・イカ・オニオン・ピーマン・椎茸・筍・茄子にセモリナコをまぶし卵をつけて揚げてレモンを搾ってシンプルにいただく。フワカリッと揚がって美味しい。今日の〆は苺のヨーグルトで幸せなイタリアンでした。

1、グラタンスープ
2、ハムとカマンベールの野菜サラダ
3、ほうれん草と茄子のミニピザ
4、イカスミのパスタ
5、イタリア風フリット
6、苺のヨーグルト


Img_0952817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-287

今日はブログ1周年記念日なのに何故か粉モン。先ずは懐かしのハム・マロニー・卵の野菜サラダ、レタス・キューリ・ミツバ・人参・玉ねぎと一緒にマヨネーズで和え煎り胡麻を振り掛けていただく。美味しくて子供の頃をお思い出してしまう。次はシンプルなミックスお好み焼き、鰹だしで小麦粉・卵・キャベツの生地にイカ・豚・海老と一緒に焼いて、紅生姜・青海苔・粉鰹・鰹節にマヨケチャトンカツでいただく。文字道理お好みで何を入れても旨ーい。三品目は豆腐とわかめのお吸い物、炒り粉だしに大根・人参・ミツバとゆずを入れていただく。気持ち薄めのだしがさっぱりして美味しい。四品目は牡蠣のオイスターソース炒め、ほうれん草と一緒にレモンを搾っていただく。この時期の牡蠣は身が大きく旨い。最後はミックスオムそば、定番の具材で焼いて敢えて半熟に仕上げ紅生姜・青海苔・粉鰹・鰹節を多めに掛けてマヨネーズでいただく。美味しくてお腹パンパンに仕上がってしまう。今日の〆は久ぶりのミルクのアイスクリームで美味しい々ごはんでした。

1、ハム・マロニー・卵の野菜サラダ
2、ミックスお好み焼き
3、豆腐とわかめのお吸い物
4、牡蠣のオイスターソース炒め
5、ミックスオムそば
6、ミルクのアイスクリーム

Img_093412


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-286

今日は創作中華料理。先ずはもんごイカの皇帝風サラダ。レタス・大根・人参・キューリ・玉ねぎ・筍・トマト・ミツバ・パクチーと一緒に何時ものカシューナッツと特製胡麻ドレでいただく。笑けるくらいホンマに美味しい。次はわかめと筍のワンタンスープ、大根と一緒に鶏ガラスープで煮込んで卵を綴じていただく。半熟卵がトロトロで旨ーい。三品目は真鯛の酒蒸し、生姜と白ねぎを乗せて酒蒸しにしてチンゲンサイを添え白髪ねぎにレモンを搾ってポン酢でいただく。身がホクホクでポン酢の酸味が程よく美味しい。四品目は酢豚、定番の具材に戻した木耳と一緒に鶏ガラスープ・ケチャップとポン酢で仕上げパクチーをトッピングしていただく。お肉がモチモチで野菜がお酢のあんが良く絡んで旨ーい。次は焼き餃子、たっぷりの白菜とキャベツで包み定番のタレにテンメンジャンを利かせパクチーと一緒にいただく。美味しくてパクパク食べてしまう。最後は焼きそば、白菜・玉ねぎ・キャベツ・木耳・海老・いか・餅豚にニンニクを利かせ鶏ガラとオイスターソースで炒めてこれでもかとパクチーをトッピングしていただく。申し分無く旨い。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、もんごイカの皇帝風サラダ
2、わかめと筍のワンタンスープ
3、真鯛の酒蒸し
4、酢豚
5、焼き餃子
6、焼きそば


Img_0916817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-285

今日は創作日本料理。先ずはハムとマロニーと野菜のサラダ、レタス・キューリ・ピーマン・人参・大根・トマト・ミツバ・レモンと一緒にサラダオイルとマヨネーズで和えていただく。懐かしい味が甦って美味しい。次は筍の薄揚げ巻き、昆布だしに酒・砂糖・醤油・味醂で煮込んで巻いてゆず皮をトッピングしてほうれん草のお浸しを添えていただく。この群馬の精進料理は旨い。三品目は常夜鍋、だしで豚バラ・ほうれん草・白菜・もやし・わかめと一緒に煮込んでゆずポン酢とコチジャンでいただく。毎日食べても飽きないと言うこの鍋は美味しい。四品目は真鯵の唐揚げ、片栗粉をまぶし唐揚げてねぎと人参と一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。旨くて残ったのはパーフェクトなシャリコウベ。五品目は地鶏の網焼き、塩胡椒にニンニクとタイムで焼いて玉ねぎのソテーを添えレモンでいただく。肉厚でジューシーでモチモチで美味しーい。最後は具沢山のお汁、ごぼう・人参・大根・茄子・しめじ・ねぎ・生姜・豆腐・ミツバと一緒にいただく。具沢山でそれぞれの野菜の味が良く出て旨ーい。今日の〆は紫芋の饅頭とコーヒーでお腹パンパンになりました。

1、ハムとマロニーと野菜のサラダ
2、筍の薄揚げ巻き
3、常夜鍋
4、真鯵の唐揚げ
5、地鶏の網焼き
6、具沢山のお汁
7、紫芋の饅頭とコーヒー

Img_0890817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-284

今日はイタリアン。先ずはキュロットのミルクスープ、玉ねぎとキュロットをブイヨンで煮込んでミルに掛けミルクだけで仕上げパセリをトッピングしていただく。さっぱりしたミルク味が美味しい。次は野菜とカマンベールのサラダ、ズッキーニ・キューリ・人参・パプリカ・オニオン・レモン・トマト・セロリ・チャービル・パセリと一緒に特製マヨドレでいただく。このコラボレーションは旨い。三品目は目鯛のソテー、人参・しめじ・ブロッコリーと一緒にレモンを搾ってビネガーマヨソースとコンソメソースでいただく。淡白な白身が二種類のソースで甦って美味しーい。四品目は何時もの野菜とミンチのミニピザ、オニオン・トマト・ズッキーニ・茄子・パプリカ・ピーマン・セロリ・チャービルにレモンを搾ってパプリカを掛けていただく。この薄皮の食感は何時食べても旨ーい。次はフェデリーニのトマトソース、多めのトマトソースに茄子と一緒に粉チーズをたっぷり掛けていただく。細めのパスタにソースがたっぷり絡んで美味ちーい。最後は餅豚のチーズカツレツ、焼き茄子・ブロッコリー・人参・クレソンにレモンと特製マヨソースでいただく。パン粉がこんがりチーズねっとりお肉が餅チャリでホンマ旨い。今日の〆のデザートは食べれませんでした。

1、キュロットのミルクスープ
2、野菜とカマンベールのサラダ
3、目鯛のソテー
4、野菜とミンチのミニピザ
5、フェデリーニのトマトソース
6、餅豚のチーズカツレツ

Img_0874817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-283

今日は創作中華料理。先ずはしめじのワンタンスープ、しめじ・セロリ・大根を鶏ガラスープで煮込んでトロミを付けパクチーをトッピングしていただく。このスープはパクチーが何と言っても旨い。次は何時もの皇帝風真鯵のサラダ、何時のも野菜にパクチーと一緒にカシューナッツと特製胡麻ドレでいただく。笑えるくらい美味しーい。三品目は若鶏軟骨の唐揚げ、人参と一緒にレモンを搾っていただく。コリコリで歯ごたえがあって旨い。四品目は餅豚とキューリのピリ辛炒め、テンメンジャンと唐辛子を利かせてこれもパクチーをトッピングしていただく。ピリピリピリしてパンチが利いて美味しい。五品目は芝海老の甘酢あん、下ごしらえした芝海老を天ぷらにして鷹の爪と甘酢あんを絡めてシンプルにいただく。身がプリプリでお酢が程よくメチャ旨い。最後は豆腐だけのマーボ豆腐。白ねぎをたっぷり入れて炒め定番の調味料に多めのあんで仕上げていただく。お肉が無くても美味しさは変わりまへん。今日の〆はバニラのアイスクリームで美味しい々ごはんでした。

1、しめじのワンタンスープ
2、皇帝風真鯵のサラダ
3、若鶏軟骨の唐揚げ
4、餅豚とキューリのピリ辛炒め
5、芝海老の甘酢あん
6、マーボ豆腐

Img_0855817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-282

今日はピザと中華でパーティー。先ずはサラミとクリームチーズのカナッぺ、セロリ・チャービルをクラッカーでいただく。ワインにピッタリで美味しい。次はツナマヨ・いくら・トマトのカナッペ、美味しくてワインが進む。三品目は野菜とサラミのミニピザ、トマト・オニオン・ピーマン・ズッキーニに何時もの餃子の皮で焼いていただく。皮がパリパリで美味しい。四品目は真鯵の皇帝風サラダ、大根・キューリ・セロリ・トマト・オニオンにカシューナッツと特製胡麻ドレでいただく。旨いとしか言えまへん。次は同じくカンパチの皇帝風サラダ、同じ仕立てでいただく。甲乙つけがたくどちらも美味しい。次はツナといくらのミニピザ、モッツァレラチーズで焼いてパプリカを掛けていただく。とてもチーズが香ばしく旨い。七品目はカマンベールのカナッペ、ニンニクバターとバジルでいただく。美味しくてまたワインが進んでしまう。次は青椒肉絲のカナッペ、バケットに乗せてパクチーをトッピングしていただく。美味しくて今度は日本酒でパクチー。九品目は生ハムのミニピザ、セロリ・茄子と一緒に焼いてバジルを掛けていただく。日本酒でも旨い。次はマーボ茄子のカナッペ、パセリと粉チーズをトッピングしていただく。ピリピリしてパンチが利いて旨ーい。次は生ハムとクリームチーズとレタスのカナッペ、美味しくて再度ワインが進んでしまう。今日の仕上げは苺とヨーグルトでハッピーなパーティーでした。

1、ラミとクリームチーズのカナッぺ
2、ツナマヨ・いくら・トマトのカナッペ
3、野菜とサラミのミニピザ
4、真鯵の皇帝風サラダ
5、カンパチの皇帝風サラダ
6、ツナといくらのミニピザ
7、カマンベールのカナッペ
8、青椒肉絲のカナッペ
9、生ハムのミニピザ
10、マーボ茄子のカナッペ
11、生ハムとクリームチーズとレタスのカナッペ
12、苺とヨーグルト

Img_0839817c82p2jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-281

今日はイタリアン。先ずはブロッコリーのクリームスープ、アーリオーリオにコンソメでじっくり煮込んでミルに掛け、生クリームとミルクで仕上げパセリをトッピングしていただく。とてもクリーミーで温かくて美味しい。次は鴨ローススモークのサラダ、レタス・キューリ・パプリカ・イエローズッキー二・セロリ・チャービル・トマトと一緒に赤ワイン・ビネガーソース・レモン汁・ブイヨン・オリーブオイル・マヨネーズのドレッシングでいただく。鴨の黒胡椒とドレッシングの酸味が適度でメチャ旨い。次は野菜といくらのミニピザ、オニオン・マッシュルーム・トマト・パプリカ・ズキーニとたっぷりのチーズで焼いて、いくらとチャービルにオリーブオイル・パプリカと粉チーズを掛けていただく。何時もの様に餃子の皮が薄くてパリパリで美味しい。四品目は真鯛の茸ソース、アーリオーリオにブイヨンでマッシュルーム・しめじ・チンゲンサイと一緒に煮込んでトロミを付け、コンガリ焼いた真鯛といくらを乗せてレモンを搾っていただく。旨ーいとしか言えまへん。五品目は再度生クリームのミニピザ、同じ材料で焼いて生クリームを掛けていただく。これもまた具沢山でクリーミーで美味しい。最後はオマール海老のトマトクリームソースのパスタ、アーリオーリオで軽く両面炒めてコンソメとブイヨンにホールトマトで煮込んでリングイネに絡めパセリをトッピングしていただく。ソースがピッタリで仕上げのオマールは最高に美味しーい。今日の〆は苺と苺のヨーグルトとコーヒーで美味しい々イタリアンでした。

1、ブロッコリーのクリームスープ
2、鴨ローススモークのサラダ
3、野菜といくらのミニピザ
4、真鯛の茸ソース
5、生クリームのミニピザ
6、オマール海老のトマトクリームソースのパスタ
7、苺と苺のヨーグルトとコーヒー


Img_081012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-280

今日は創作日本料理。先ずは野菜のサラダ、トマト・人参・大根・パプリカ・レタス・キューリ・レモンに煎り胡麻・ゴマ油とマヨネーズでいただく。胡麻の風味が程よく盛りだくさんで美味しい。次はかぶらのあんかけ,芝海老・しめじに刻みねぎとゆずをトッピングしていただく。トロトロ熱々でメッチャ旨い。三品目は粕汁、ごぼう・人参・大根・薄揚げ・豆腐・刻みねぎに七味を掛けていただく。寒い冬には温まってホンマに美味しい。四品目は寒鰤大根、フライパンで焼いた寒鰤に鰹だしでじっくり煮込んだ大根を添えて刻みねぎとすだちを搾っていただく。脂がタップリ乗ってて美味しーい。五品目は餅豚の生姜炒め、ほうれん草のバター炒めとブロッコリーと一緒にレモンをたっぷり搾っていただく。美味ちいはでおまへんか。最後はカッペリーニで作った煮麺擬き、ほうれん草と豆腐に卵を落していただく。お腹いっぱいなのに何でこんなに入るねんて感じ。今日は何時もの〆のデザートは入りませんでした。

1、野菜のサラダ
2、かぶらのあんかけ
3、粕汁
4、寒鰤大根
5、餅豚の生姜炒め
6、煮麺擬き

Img_079812_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-279

今日は創作日本料理。先ずは野菜のサラダ、トマト・キューリ・セロリ・パプリカ・ミツバ・大根・レモンに煎り胡麻とマヨネーズでシンプルにいただく。ただ一言美味しい。次は野菜の煮付け、ごぼう・大根・カボチャ・こ芋と一緒に昆布だしで煮付けゆずと木の芽をトッピングしていただく。ホッコリして旨ーい。三品目は真鰯の生姜煮、少し甘めに煮付けごぼうとミツバと一緒にすだちを搾っていただく。身離れも良く旬々してメッチャ美味しーい。四品目は餅豚の甘タレ炒め、ペコロスと一緒に炒めていただく。甘く脂も適度に押さえられてホンマに旨い。次は大根・豆腐・白ねぎのお澄まし、炒り粉だしにすだちを入れていただく。さっぱり々して美味しーい。最後は若鶏の唐揚げ、ごぼうと一緒に揚げて甘めのタレで仕上げレモンを搾っていただく。美味ちーいではおまへんか。今日の〆のデザートはお腹パンパンで食べれませんでした。

1、野菜のサラダ
2、野菜の煮付け
3、真鰯の生姜煮
4、餅豚の甘タレ炒め
5、大根・豆腐・白ねぎのお澄まし
6、若鶏の唐揚げ

Img_0783817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-278

今日は創作日本料理。先ずは野菜サラダ、湯がいたほうれん草にトマト・パプリカ・キューリ・大根・ミツバ・アボガド・パセリと一緒にオリケチャマヨのドレッシングでいただく。具沢山で美味しい。次は沢煮椀、豚・絹さや・えのき・人参・ゴボウ・京薄揚げ・カボチャ・大根と一緒にいただく。これもまた具沢山で旨い。三品目は少し早めの鰹のたたき、パセリ・ミツバ・大根・生姜・ニンニク・青じそ・刻みねぎ・レモンに特製ポン酢タレでいただく。お酢の酸味が適度でホンマに美味しい。四品目は黒毛和牛のしぐれ煮、生姜・ごぼうと一緒に炒め酒・砂糖・だし・みりん・ゴマ油の少し甘めの合わせ調味料を回し掛け七味を掛けていただく。牛々ごぼ々生姜々してとても旨い。五品目は若鶏のピリ辛ソース、塩胡椒にニンニクで下味を付けサラダオイルで炒めだしにテンメンジャンと赤ワイン・マスタード・ケチャップで仕上げマヨネーズを少し掛けていただく。寒い冬にはピリピリして汗かく位美味しい。最後は厚揚げとペコロスと大根の生姜炒め、ミツバにすだちをたっぷり搾っていただく。美味しくて今日の〆のデザートは食べれませんでした。

1、野菜サラダ
2、沢煮椀
3、鰹のたたき
4、黒毛和牛のしぐれ煮
5、若鶏のピリ辛ソース
6、厚揚げとペコロスと大根の生姜炒め


Img_0765817c82p82r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-277

今日は創作中華料理。先ずは蛸の皇帝風サラダ、玉ねぎ・セロリ・白ねぎ・キューリ・大根・トマト・チャービルと一緒にカシューナッツと何時ものドレッシングでいただく。蛸が吸い付く位美味しい。次は雲白肉、豚バラ肉をしゃぶしゃぶしてキューリ・長ネギと一緒に鶏ガラ・酒・醤油・酢・生姜・ラー油のタレでいただく。ただ一言旨めー。三品目は待ってましたフカヒレのスープ、定番の仕上げにチャービルをトッピングしていただく。メッチャ美味ちーい。四品目は鱈の甘酢あんかけ、天ぷらにしてお酢をしっかり利かせたあんでいただく。衣にあんがしっかり染込んで旨ーい。次は牡蠣の辛子炒め、長ネギ・ピーマン・パプリカ・人参・しめじ・チンゲンサイに豆板醤・ゴマ油・ラー油・片栗粉で仕上げていただく。牡蠣がプリプリでホンマに美味しい。次は海老の春巻き、春雨・キューリ・青じそと一緒に巻いてテンメンジャンとラー油・酢・醤油・辛子の2バージョンのタレでいただく。何でこんなに旨いねん。最後はマーボ茄子、豆腐をたっぷり入れて辛子をしっかり利かせていただく。こんな寒い冬なのに鼻に汗をかく位ピリピリで美味しーい。今日に〆は少し甘めのアイスクリームで滅茶苦茶美味しいごはんでした。

1、蛸の皇帝風サラダ
2、雲白肉
3、フカヒレのスープ
4、鱈の甘酢あんかけ
5、牡蠣の辛子炒め
6、海老の春巻き
7、マーボ茄子
8、アイスクリーム


Img_0749817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-276

今日は何時もの赤ワインでイタリアン。先ずはペコロスと手羽先のスープ、コンソメでグリンピースと一緒にじっくり煮込んでタイム・バターで仕上げていただく。口に含んだだけで身離れがして柔らかくて美味しーい。次は青柳と野菜のサラダ、キューリ・オニオン・パプリカ・ピーマン・レモン・チャービル・アボガドに酢味噌とオリマヨを入れた特製ドレッシングでいただく。ホンマに旨い。三品目は白子のリングイネ、アーリオーリオで炒めブイヨンに生クリームをたっぷり入れたソースでパセリを振り掛けレモンを搾っていただく。白子がとてもクリーミーで美味しい。四品目は黒毛和牛の赤ワインソース、ブイヨンにホールトマトと赤ワインを入れてじゃがいも・セロリ・ブロッコリーと一緒にコトコト煮込んでローリエ・オレガノを利かせていただく。お肉がとても柔らかくハーブが程よくめっちゃ旨い。五品目は野菜のミニピザ、トマト・オニオン・茄子・ピーマン・セロリ・カボチャと一緒に焼いていただく。この一口大の薄生地のピザはホンマに美味しい。最後はカッペリーニのトマトソース、シンプルにホールトマトとコンソメのソースでパルメザンをたっぷり掛けていただく。トマトの酸味が程よく美味しーい。今日はお腹いっぱいでデザートは食べれませんでした。

1、ペコロスと手羽先のスープ
2、青柳と野菜のサラダ
3、白子のリングイネ
4、黒毛和牛の赤ワインソース
5、野菜のミニピザ
6、カッペリーニのトマトソース


Img_0725817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »