« 男の勝手気ままな手作りごはん-271 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-273 »

2009年1月27日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-272

今日は牡蠣とかぶらが食べたくて創作日本料理。先ずは牡蠣のクリームスープ、バターで小麦粉を炒めだしと牛乳を入れて煮込み、パセリを振り掛けて敢えて洋の味をお椀でいただく。申し分無く無茶苦茶旨い。次はかぶらと大根となめこのサラダ、かぶらの葉を湯がいて青ネギと一緒にトッピングしてオリーブオイルにお酢と刻んだキューリ漬けを入れたドレッシングでいただく。酸味が適度で野菜となめこがシコトロこれもまた旨い。三品目はかぶら蒸し、昆布の上に真鯛と卵白のメレンゲで和えた下ろしかぶらをたっぷり乗せて海老と銀杏を一緒に蒸してべっ甲あんを掛けてわさびを利かせていただく。かぶら付いてしまう程美味しい。四品目は牡蠣の磯辺焼き、下ごしらえした牡蠣をオイスターソースで炒め青海苔で巻いて人参とピーマンを添えていただく。牡蠣が海苔でメチャ旨い。五品目は久しぶりの懐かしのコロッケ、合い挽き肉にじゃがいもと玉ねぎを多めに入れ生パン粉をまぶして焼いて、だしでのばしたケチャップソースでいただく。じゃがいもがホクホクで美味しーい。最後は南蛮綴じの親子にゅー麺、地鶏と白ねぎを煮込み卵を綴じて一味を振り掛けていただく。お腹いっぱいなのに入ってしまうのが不思議な位旨ーい。今日は〆のアイスクリームは食べれませんでした。

1、牡蠣のクリームスープ
2、かぶらと大根となめこのサラダ
3、かぶら蒸し
4、牡蠣の磯辺焼き
5、懐かしのコロッケ
6、南蛮綴じの親子にゅー麺

Img_0598817c82p2


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-271 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-273 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-272:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-271 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-273 »