« 男の勝手気ままな手作りごはん-219 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-221 »

2008年11月19日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-220

今日は創作日本料理。先ずは焼きカボチャと野菜のサラダ、レタス・キューリ・パプリカ・トマト・人参・マッシュルーム・セロリ・ミツバに煎り胡麻をタップリ掛けて特製胡麻マヨドレッシングでいただく。カボチャがホクホクで野菜がシャキシャキで美味しい。次は鮭といくらの親子のお刺身、大根の上にセロリとミツバをタップリ乗せてわさびを利かせた特製タレを掛けていただく。わさびが程よく利いて旨ーい。三品目は真鯛の兜と骨の塩焼き、塩胡椒だけで焼いて白ネギを添えレモンを搾っていただく。とても脂が乗ってて美味しい。四品目はチンゲンサイと京薄揚げの炒め物、椎茸と一緒にゴマ油とオイスターソースで炒めて煎り胡麻を振り掛けていただく。とてもシンプルだけど結構旨い。五品目は豆腐と京薄揚げのお吸い物、ミツバをトッピングしてレモンを搾っていただく。美味しくてあーさっぱり。最後は餅豚の味噌煮、人参・ピーマン白ネギと一緒に炒めだしで溶いた味噌で煮込んでいただく。これがまたモチモチしてお味噌がとても程よく旨ーい。今日の〆はいただいた京都のチーズケーキでお腹いっぱいになりました。

1、焼きカボチャと野菜のサラダ
2、鮭といくらの親子のお刺身
3、真鯛の兜と骨の塩焼き
4、チンゲンサイと京薄揚げの炒め物
5、豆腐と京薄揚げのお吸い物
6、餅豚の味噌煮
7、チーズケーキ

Img_0593817c82p2


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-219 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-221 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-220:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-219 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-221 »