« 男の勝手気ままな手作りごはん-191 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-193 »

2008年10月12日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-192

今日は創作日本料理。先ずはほうれん草のサラダ,湯がいたほうれん草に千切りキャベツ・玉ねぎ・キューリ・トマトと一緒におかかと煎り胡麻を掛け、マヨネーズをお酢でのばしたドレッシングでいただく。この組み合わせも中々旨い。次は牛筋の肉じゃが、コンニャクをしっかり叩いて定番の野菜と一緒にじっくり煮込んでいただく。牛筋がトロトロでコンニャクにだしが良く染みて美味しい。三品目は地鶏の筑前煮、定番の具材と一緒に薄味の多めのだしで軽く煮ていただく。それぞれの具材の味がしっかりさっぱりして旨ーい。四品目はロールキャベツ、キャベツをだしでじっくり煮込んで柔らかくして、合い挽きに椎茸とキャベツの芯を刻んで卵白で粘りをつけて巻きこみ、中華だしにケチャップをたっぷり入れ秋茄子と一緒に煮込んでいただく。キャベツがとろける位柔らかく美味しい。最後は京薄揚げと豆腐のお澄まし、具沢山できぬさやをトッピングしていただく。京風がとても爽やかで美味しい。今日の〆は皮が剥けない位メチャ熟れの柿で、用意した秋鮭といくらの親子は食べれませんでした。

1、ほうれん草のサラダ
2、牛筋の肉じゃが
3、地鶏の筑前煮
4、ロールキャベツ
5、京薄揚げと豆腐のお澄まし
6、熟れ柿

081012


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-191 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-193 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-192:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-191 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-193 »