« 男の勝手気ままな手作りごはん-185 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-187 »

2008年10月 6日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-186

今日は創作日本料理。先ずは野菜とベーコンの胡麻サラダ、キューリ・ミョウガ・セロリに煎り胡麻と特製の胡麻ドレッシングを掛けレモンを搾っていただく。スタートには申し分無く美味しい。次はお刺身の盛り合わせ、大トロ・鮃の縁側・鮭・いくら・いか・甘エビ・貝柱・とりがいにレモンを搾ってわさび塩でいただく。何れもこれも新鮮で旨ーい。三品目は真鯛の兜焼き、しっかり骨も一緒に焼いてレモンをたっぷり搾っていただく。脂がたっぷり乗ってて骨の周りのゼラチンが魚好きにはたまらなく美味しい。四品目は長芋饅頭、しんじょにした長芋に銀杏と甘エビをくるめてトロミを付けただしを掛けていただく。長芋がだしと絡んでトロトロで中身がホクホクで美味しい。最後はお寿司の盛り合わせ、穴子と鮭の焙りにいくらを乗せた親子を追加して何時もの様に少し小さめのシャリで握っていただく。今日の〆は洋梨のケーキで用意した黒毛和牛の焙りの握りは食べれませんでした。

1、野菜とベーコンの胡麻サラダ
2、お刺身の盛り合わせ
3、真鯛の兜焼き
4、長芋饅頭
5、お寿司の盛り合わせ
6、洋梨のケーキ

Img_0699817c82p817c82q


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-185 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-187 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-186:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-185 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-187 »