« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-139

今日は創作日本料理。先ずは蒸鶏と野菜のサラダ、すり鉢で煎り胡麻を擂って砂糖・酢・ごま油・ラー油・だし醤油・生姜のタレで夏の定番トマトとキューリと一緒にいただく。これだけでも一食行けそうなボリュームたっぷりの美味しいサラダ。次はこれからが旬のオクラのおかか、濃いめの鰹だしにすだちを搾って納豆の様に良くかき混ぜていただく。糸の引いたオクラがまた旨い。三品目は真鯛の兜煮、土ごぼうと豆腐にすだちを搾って、骨の髄までチュパチュパしていただく。美味しくて言う事おまへん。四品目は豆腐とミツバのお澄まし、これもすだちをたっぷり搾っていただく。炒り粉だしが良く出て申し分無く旨い。最後はゴーヤチャンプル、塩揉みしたゴーヤを少しお湯にさらし餅豚と一緒に鶏ガラスープの素を一摘み入れて炒め、卵を綴じていただく。塩揉みする事で適度に苦みが和らいでとっても美味しい。今日の〆はマンゴープリン、熟れたマンゴを生クリームと一緒にゼラチンで固めていただく。どんな料理の〆にも間違いなく旨いと思う。

1、蒸鶏と野菜のサラダ
2、オクラのおかか
3、真鯛の兜煮
4、豆腐とミツバのお澄まし
5、ゴーヤチャンプル
6、マンゴープリン

080730_1943012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-138

今日は創作中華料理。先ずは生わかめの鶏ガラスープ、刻みネギをトッピングしていただく。とてもシンプルだけど美味しい。次は敢えて卵豆腐の海老と野菜のサラダ、トマト・ゴーヤ・玉ねぎ・大根・茄子と一緒に梅肉ベースの特製ドレッシングでいただく。どんぶりにしても行けそうな中々の美味しいサラダ。三品目は昨日から特製ダレに漬込んでいた手づくりの焼豚、ゴーヤと豆もやしのナムルを添えていただく。餅豚がとてもモチモチしてナムルと合って幸せを感じる一品。四品目は焼き餃子、今回は胡麻ダレに鶏ガラスープ・酢・ラー油・ナンプラー・ニンニク・醤油を入れた特製ダレでパクチーと一緒にいただく。このタレもまた旨い。最後は茄子と鶏のピリ辛炒め、豆板醤と韓国唐辛子をたっぷり利かせてパクチーをトッピングしていただく。口の中がとってもピリピリしてこの暑い夏にはこの刺激はたまらなく美味しい。今日のデザートはプラムとミルクのアイスクリームで美味しい々中華でした。

1、生わかめの鶏ガラスープ
2、卵豆腐の海老と野菜のサラダ
3、焼豚、ゴーヤと豆もやしのナムルを添え
4、焼き餃子
5、茄子と鶏のピリ辛炒め
6、プラムとミルクのアイスクリーム

080729_2109013


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-137

今日はフレンチ。先ずは枝豆のクリームスープ、コンソメで枝豆とじゃがいもを煮込んでミルに掛け、ミルクでのばし塩とオリーブオイルで味を整えていただく。旬の枝豆がトロトロで美味しい。次は生ハムメロン、メロンを生ハムで巻いていただく。熟れた夕張メロンと生ハムのコンビは美味しい。三品目は合鴨の赤ワインソース、アルコールを飛ばしたワインとビネガーを煮込みバターと塩胡椒で仕上げたソースで甘唐辛子と人参を添えていただく。合鴨は言うまでもなく甘い野菜が酸味の利いたソースと合ってとても美味しい。四品目はビーフシチュー、お肉を炒めた鍋で人参・じゃがいも・玉ねぎ・むきトマトと一緒にローズマリーを利かせたブイヨンでしっかり煮込んでいただく。どの具材もしっかり煮えて旨ーい。最後は真鯛のソテー枝豆ソース、蒸しじゃがいもとあさりを添えていただく。魚好きにはたまらなく美味しい。今日の〆はメロンとミルクシャーベットで美味しいフレンチでした。

1、枝豆のクリームスープ
2、生ハムメロン
3、合鴨の赤ワインソース
4、ビーフシチュー
5、真鯛のソテー枝豆ソース
6、メロンとミルクシャーベット

080728_2205012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-136

今日はイタリアン。先ずはキャロットのポタージュ、ブイヨンに塩だけでキャロットを煮込んでミルに掛け、生クリームにパセリ振りかけていただく。スタートには申し分無く旨い。次は久しぶりのカプレーゼ、モッツァレラバッファローの美味しさは最高。三品目はスパゲティーフェデリーニのミートソース、オリーブオイルでニンニクとタマネギを香り付け合い挽き肉を炒めコンソメスープで煮込み、トマトとケチャップにオレガノを利かせたソースでいただく。ミートソースはチーズパウダーを少し多い目に振りかけた方が美味しいと思う。四品目はフランス産鴨ロースのスモーク、旬の満願寺唐辛子を添えてマスタードソースでいただく。この鴨は煙に巻かれたようで旨ーい。今日の最後は手打ちの生地にトマト・茄子・ズッキーニ・マッシュルーム・満願寺唐辛子を乗せ生クリームと卵をトッピングしたピザ、旬野菜だけのピザは病み付きに成りそう。今日も〆は我ながら良く飽きないミルクのソルベで美味しいイタリアンでした。

1、キャロットのポタージュ
2、カプレーゼ
3、スパゲティーフェデリーニのミートソース
4、鴨ロースのスモーク
5、旬野菜のピザ
6、ミルクのソルベ

080726_1951012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-135

今日は豚菜しゃぶしゃぶ。先ずはサラダ、鰹のたたきに玉ねぎ・ミツバ・水菜・青ネギ・キューリ・生わかめ・生姜・ニンニクをポン酢と鰹だしにすだちを搾っていただく。これがまた美味しい。ではメインの豚菜しゃぶしゃぶ、ポン酢・すだち・紅葉下ろしと青ネギに一味・七味と、胡麻ダレで交互にいただく。餅豚も野菜もこの暑い夏にフーフーして食べるしゃぶしゃぶは格別に旨ーい。しゃぶしゃぶを食べながら今回は土用の丑と二の丑の二回あるうなぎの日の間に、徳島産のうなぎの蒲焼きに山椒を利かせていただく。世間が色々騒がしいが日本のうなぎは肉厚でやはり美味しーい。今日も最後の〆はマンゴヨーグルトのアイスクリームでお腹パンパンでした。今日も用意したソーメンまではたどり着けませんでした。

1、鰹のたたきのサラダ
2、豚菜しゃぶしゃぶ
3、うなぎの蒲焼き
4、マンゴヨーグルトのアイスクリーム

080725_1844013


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-134

今日は創作日本料理。先ずはトマトサラダ、玉ねぎを刻んでオリーブオイル・マスタード・酢・塩胡椒・ニンニク・レモンのドレッシングでキューリとミツバを添えていただく。良く熟れた夏のトマトが美味しい。次はざるそば、初挑戦の十割で打って少し濃いめのだしでいただく。そばの香りと風味が良く腰もしっかりしていて美味しーい。三品目はお肉のコロッケ、じゃがいも・人参にコリアンダーをトッピングして、ケチャップをだしで薄め香草を利かせた特製ソースでいただく。コロッケもソースも自前が美味しい。四品目は甘鯛の煮付け、ごぼう・豆腐にミツバをたっぷりトッピングしてレモンを搾っていただく。何時もながら魚好きにはたまらなく旨い。最後は餅豚のもやし炒め、人参・玉ねぎと一緒に炒めカイワレ大根をトッピングしていただく。これもまた旨い。今日の〆は巨峰とミルクのアイスクリームでお腹いっぱいでいた。

1、トマトサラダ
2、ざるそば
3、お肉のコロッケ
4、甘鯛の煮付け
5、餅豚のもやし炒め
6、巨峰とミルクのアイスクリーム


080724_1943012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-133

今日は創作中華料理。先ずは蟹とトマトのスープ、鶏ガラスープで煮込み片栗粉でトロミを付け卵白を綴じてパクチーをトッピングしていただく。トマトの酸味がとても心地よくパクチーが旨ーい。次は真鯛のサラダ、人参・大根・青ネギ・白ネギにパクチーを添えカシューナッツの特製ドレッシングでいただく。美味しくて々パクチー。三品目は茄子と豆腐と海老のピリ辛炒め、鶏ガラスープで煮込んでトーバンジャンを少し多い目に入れてラー油・ごま油で仕上げトロミを付けこれもパクチーをトッピングしていただく。とても々ピリピリで美味しーい。四品目は合い挽き肉とネギの餃子、少し小さい目に仕上げてしっかり焼いてパクチーと一緒にいただく。旨くて々たまりまへん。最後は鶏もも肉のレンジ蒸し、もやし・白ネギ・人参・チンゲンサイ・椎茸・ズッキーニを鶏ガラスープとオイスターソースで煮込んでトロミを付けたソースを掛けてレモンを搾っていただく。これもまた旨い。今日の仕上げはマンゴヨーグルトのアイスクリームでお腹パンパンでした。

1、蟹とトマトのスープ
2、真鯛のサラダ
3、茄子と豆腐と海老のピリ辛炒め
4、餃子
5、鶏もも肉のレンジ蒸し
6、マンゴヨーグルトのアイスクリーム

080723_1922012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-132

今日は創作日本料理。先ずはサラダ、ベビーリーフ・トマト・ズッキーニ・マッシュルーム・オニオン・山芋の短冊に大葉を刻んでトッピングして梅肉・胡麻ドレッシング・サラダオイルを炒り粉だしでのばしたドレッシングでいただく。暑い夏には酸味の利いた梅肉が美味しい。次は蒸し鮭の茸ソース、しめじ・マッシュルーム・玉ねぎ・茄子・チンゲンサイを鰹だしで煮込んで片栗でトロミを付け刻みネギをトッピングしていただく。これもまた旨い。三品目は豚汁、ごぼう・人参・大根・玉ねぎを一緒に煮込んで刻みネギとすだちに一味を掛けていただく。味噌よりさっぱりして美味しい。四品目はニラレバ炒め、ニンニクとごま油を利かせてレモンを搾って紅葉だしに七味を掛けていただく。暑い夏には持って来いのスタミナ料理。最後は用意したコロッケを止めて鮎の塩焼き、レモンを搾って定番のタデ酢でいただく。鮎独特の香りと苦みがたまらなく美味しい。今日も仕上げは飽きもせずパイナップルヨーグルトのアイスクリームでした。

1、野菜サラダの梅肉ドレッシング
2、蒸し鮭の茸ソース
3、豚汁
4、ニラレバ炒め
5、鮎の塩焼き
6、マンゴヨーグルトのアイスクリーム

080722_1928012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-131

今日はイタリアン。スタートが遅くなったので先ずは帆立のカルパッチョ、ルッコラを敷き帆立とパルメザンとチャービルを乗せ芝海老とマッシュルームを添えて定番のドレッシングでいただく。美味しくて空きっ腹が一気に落ち着く。次はブロッコリーのポタージュ、コンソメで玉ねぎとブロッコリーを煮込みミルに掛けタイムを利かせて生クリームでのばし、刻んだマッシュルームとパセリをトッピングしていただく。クーラーで冷えた身体が芯から温まって旨い。三品目は地鶏のトマト煮込み、人参・じゃがいも・玉ねぎ・ブロッコリーをローズマリーを利かせたブイヨンで煮込みチーズを振りかけていただく。これもまた温かくて地鶏がとても柔らかく美味しい。四品目は餅豚スペアリブのソテー、ブロッコリーと人参を添えレモンを搾ってマスタードでいただく。スペアリブが餅々して旨ーい。最後は手打ちの生地から作った野菜のピザ、ズッキーニとベビーリーフをてんこ盛りにして卵と生クリームを掛けていただく。自前の生地がとても薄くてたっぷりの野菜が生クリームと半熟の卵と絡まって美味しーい。今日の仕上げは何時ものマンゴヨーグルトのアイスクリームでお腹いっぱいになりました。

1、帆立のカルパッチョ
2、ブロッコリーのポタージュ
3、地鶏のトマト煮込み
4、餅豚スペアリブのソテー
5、野菜のピザ
6、マンゴヨーグルトのアイスクリーム


080721_2139012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-130

今日はお好み焼き。先ずはサラダ、ポテトサラダ・マッシュルーム・アスパラガスと桃を一緒にいただく。旬の桃が熟れ熟れでこの組み合わせも中々美味しい。次はもやし炒め、えのき・しめじ・ニラ・ピーマン・人参・アスパラガスと一緒に砂ずりを炒め、鰹節と焼き海苔をたっぷりトッピングして、炒り粉だしにポン酢と一味を入れていただく。少しレアー気味の砂ずりがコリコリとしてだしと合って旨ーい。三品目は鮭といくらの親子の鉄板焼き、焼き茄子・ブロッコリーに大根おろしを添えていただく。いくらの塩気でレモンを搾っただけで美味しーい。ではお好み焼き牛筋の肉玉を少しケチャップを掛けた定番のソースでいただく。少し厚めの牛筋の程よい食感が焦げたソースと絡まって美味しい。ここで口直しにミツバと大根のお汁をいただく。炒り粉だしにすだちが利いて旨い。最後は豚肉と魚貝類のミックス焼きうどん、溶き卵に浸けていただく。オムうどんとはまた一味違って美味しい。今日の〆は再度熟れ熟れの桃とフルーツラッシーのアイスクリームでお腹いっぱいでした。

1、野菜と桃のサラダ
2、砂ずりのもやし炒め
3、鮭といくらの親子の鉄板焼き
4、お好み焼き牛筋の肉玉
5、ミツバと大根のお汁
6、豚肉と魚貝類のミックス焼きうどん
7、桃とフルーツラッシーのアイスクリーム

080719_2005014


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-129

今日はお寿司。先ずはだし巻きとお刺身の盛り合わせ、うには手巻きで綺麗に焼けただし巻きも美味しいと言うしかおまへん。三品目は鱧の酢みそ、梅肉と交互にいただく。この暑い夏がすっ飛んでしまう位旨ーい。四品目は昨日に続き夏の定番焼き茄子、おかかと下ろし生姜でいただく。旬を食べると言うのは正にこう言う感じ。次は生わかめとおぼろ豆腐のお澄まし、ミツバにすだちを入れていただく。炒り粉だしがとってもさわやかで美味しーい。ではメインのお寿司の盛り合わせ、うに・鮪・鯛・鮃・いか・かに・穴子・卵を小ぶりのシャリでいただく。幸せこの上なく美味しい。最後は昨日とっても美味しかったので再度登場ズッキーニと生ハムのサラダ、最後の仕上げに持って来るのもなか々やるやん。今日も〆は少し時間を置いてアップルヨーグルトのアイスクリームでお腹いっぱいに成りました。

1、だし巻き
2、お刺身の盛り合わせ
3、鱧の酢みそと梅肉
4、焼き茄子
5、生わかめとおぼろ豆腐のお澄まし
6、お寿司の盛り合わせ
7、ズッキーニと生ハムのサラダ
8、アップルヨーグルトのアイスクリーム

080718_2113012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-128

今日はイタリアン。先ずはスープ、後の事を考えてシンプルにブロッコリーをコンソメで煮込みパセリを振りかけていただく。さわやかでとっても旨ーい。次はズッキーニとトマトの生ハムサラダ、オリーブオイルに塩胡椒とレモンを搾っていただく。これもまたシンプルな組み合わせだけど美味しーい。三品目は鮭といくらの親子のトマトソースフェットチーネ、レモンを搾って粉チーズをたっぷり振りかけていただく。アルデンテのフェトチーネに鮭といくらが絡んで旨ーい。四品目は黒豚のピカタ、卵たっぷりで仕上げしめじとピーマンを添えていただく。厚めの黒豚がジューシーで半熟のたまご焼きと一緒に食べる感覚でとても旨い。最後は夏の旬茄子のリゾットゴルゴンゾーラ、ブイヨンで煮込み生クリームで仕上げていただく。何時もながらお米は芯がある方が美味しい。今日の〆は少し時間をおいてぶどうのアイスクリームでワインが美味しい々イタリアンでした。

1、ブロッコリーのコンソメスープ
2、ズッキーニとトマトの生ハムサラダ
3、鮭といくらの親子のトマトソースフェットチーネ
4、黒豚のピカタ
5、旬茄子のリゾットゴルゴンゾーラ
6、ぶどうのアイスクリーム

080717_1933012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-127

今日は創作中華料理。先ずは豆腐のミツバ蒸し、黒毛和牛に豆腐とミツバをたっぷり入れ、卵黄を綴じ鶏ガラスープで蒸したスープ仕立てでいただく。とてもシンプルなのに美味しい。次は海老の小龍包と人参・セロリ・キューリ・筍のナムルを添えてトーバンジャンを利かせたソースでいただく。生地から作った小龍包は旨ーい。三品目は野菜の蒸し物、ズッキーニ・茄子・じゃがいも・ブロッコリー・アスパラガス・人参・筍・セロリをテンメンジャンとカシューナッツの味噌タレでいただく。これがまた野菜がホクホクで美味ちーい。四品目は真鯛を焼いて溺れる位野菜のソースを掛けた真鯛のサンラータンソース、えのき・セロリ・玉ねぎ・筍・プチトマト・ピーマン・しめじにパクチーを入れ卵白と片栗粉でトロミを付けたソースでいただく。パクチー独特の香草の味が何とも言えず思わずパクチー。最後は豚ブロックの酢豚、定番の野菜にたっぷりのミツバをトッピングしていただく。この暑い夏には酸味の利いた酢豚はチュッパクて旨ーい。今日の〆も毎日食って飽きないマンゴヨーグルトのアイスクリームで幸せなごはんでした。

1、黒毛和牛と豆腐のミツバ蒸し
2、海老の小龍包とナムル
3、野菜の蒸し物カシューナッツのソース
4、真鯛のサンラータンソース
5、酢豚
6、マンゴヨーグルトのアイスクリーム

080716_1944012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-126

今日は赤ワインでフレンチ。先ずはキャロットのポタージュ、ニンニク・セロリ・オニオンを炒めチキンブイヨンとミルクで煮込んでミルに掛け、タイムとパセリを振りかけていただく。スターターには申し分無く美味しい。次はサラダ、スモークサーモンにセロリ・ズッキーニ・いくらを入れてコルネ型に巻いてベビーリーフとトマトを添えて一緒にいただく。なんでこんなに旨いねんて言う感じ。三品目は真鯛のポアレ、ニンニクと玉ねぎをオリーブオイルとバターで炒めてブイヨンと生クリームで煮込み、塩胡椒とナツメグを利かせたソースにきぬさやとプチトマトを添えていただく。魚好きにはたまらなく美味しーい。四品目は黒豚のマスタードソース、ローズマリーでソテーしてポテトフライ・オニオンを添えてマスタードソースでいただく。ミディアムレアーに焼いた黒豚はとってもジューシーで美味ちーい。最後はささ身のビネグレットソース、トマト・茄子・セロリ・パセリを添えていただく。ビネガーの酸味が程よくこれもまた旨ーい。今日の〆はマンゴヨーグルトのアイスクリームで美味しい々ディナーでした。

1、キャロットのポタージュ
2、スモークサーモンのサラダ
3、真鯛のポアレ
4、黒豚のマスタードソース
5、ささ身のビネグレットソース
6、マンゴヨーグルトのアイスクリーム

080715_1953012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-125

今日は創作日本料理。先ずはサラダ、イカと鰹のたたきとおぼろ豆腐にトマト・キューリ・ミツバを添えて、梅肉をお酢と鰹だしで溶いてニンニクを利かせたドレッシングでいただく。この暑い夏には梅肉は最高。次はあさりのお澄まし、炒り粉だしにきぬさやとミツバをたっぷり入れてレモンを搾っていただく。レモンの酸味がとてもさわやかで美味しーい。三品目は地鶏の胸肉のオーブン焼き、枝豆とパプリカを一緒に炒め塩胡椒だけでいただく。何時もながらとてもジューシーで旨ーい。四品目は天ぷら、芝海老・茄子・パプリカ・椎茸・大葉・ミツバ・きぬさや・人参をレモンをたっぷり搾ってこれも塩胡椒でいただく。新鮮な具材は天汁より美味しいと思う。最後は手打ちそば、京薄揚げに天ぷらとミツバを乗せて鰹だしだけでいただく。手打ちそばは散切りの方が歯ごたえがあって美味しーい。今日の仕上げはフルーツジュースと自然放牧牛乳のアイスクリームで、この暑い夏がすっ飛ぶ位美味しいごはんでした。

1、イカと鰹のたたきとおぼろ豆腐のサラダ梅肉風味
2、あさりのお澄まし
3、地鶏の胸肉のオーブン焼き
4、天ぷら
5、手打ちそば
6、フルーツジュースと自然放牧牛乳のアイスクリーム

080714_2040012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-124

今日はイタリアン。先ずは夏の定番枝豆のコンソメスープ、ただ々コンソメスープで枝豆を固めに煮込んでパセリをトッピングしていただく。この夏一番の暑さもすっ飛んでしまう。では野菜のテリーヌ、トマトとアボガドにバジルを振りかけマヨネーズとレモンを搾っていただく。この絶妙のコンビは自前でしか味わえない。三品目はイカスミのスパゲティー、イカをタップリ入れてパセリを刻んでレモンを搾っていただく。お歯黒に成りながら食べるイカスミは笑う位美味しーい。四品目は中力粉で打ったピザマルゲリータ、トマト・茄子・椎茸・アスパラガス・ベーコンにオリーブオイルとバジルを振りかけていただく。薄く々伸ばした生地とたっぷりの具材がこぼれんばかりに旨ーい。最後は黒豚のラビオリとカッペリーニのゴルゴンゾーラ、パセリをたっぷりトッピングしていただく。こんな美味しい我がままな組み合わせはお店ではあり得ない。今日の〆も北海道の自然放牧牛乳のアイスクリームでお腹満腹でした。

1、枝豆のコンソメスープ
2、野菜のテリーヌ
3、イカスミのスパゲティー
4、ピザマルゲリータ
5、黒豚のラビオリとカッペリーニのゴルゴンゾーラ
6、自然放牧牛乳のアイスクリーム

080712_2000012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-123

今日は再び手打ちそば。何時もの様に先ずはサラダ、レタス・ベビーリーフ・パプリカ・ピーマン・ミツバ・人参をマヨネーズと塩胡椒だけでいただく。シンプルイズベスト。それでは手打ちの二八カレーそばをいただく。この前のカレールーを鰹だしでのばし白ネギ・京薄揚げ・黒毛和牛にミツバとコリアンダーをたっぷりトッピングして一味と七味でいただく。散切りのおそばが歯ごたえがあって、ハーブのコリアンダーと合って美味しい。三品目は鱧の酢みそと梅肉、旬の肉厚の鱧は食べる直前に湯通しすると、とても柔らかく言う事無く旨ーい。四品目はおそばにつきもののだし巻き、えのきを巻いて大根下ろしでいただく。おそばと一緒に食べるとこれがまた美味しーい。最後は鴨南蛮にあやかって鶏南蛮、ミツバに卵を綴じていただく。仕上げには言う事無し。今日の〆は昨日の自然放牧牛乳のシャーベットでした。

1、野菜サラダ
2、カレーそば
3、鱧の酢みそと梅肉
4、だし巻き
5、鶏南蛮
6、自然放牧牛乳のシャーベット

080711_1920012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-122

今日は創作中華料理。先ずはワンタンスープ、中力粉で生地から作ったワンタンをコンソメスープでじっくり煮込んで、パセリを振りかけていただく。挽肉も生地もトロトロで美味しい。二品目は真鯛の海鮮サラダ、レタス・大根のけん・キューリ・人参にパクチーを添えてミルしたシューナッツをまぶし、ごま油・胡麻ダレ・ポン酢・サラダオイル・醤油・テンメンジャン・わさび・塩胡椒にレモンを搾っていただく。この絶妙のパクチーの利いた味は何とも言えなく旨ーい。三品目はこれも生地から作った餃子、合い挽き肉にネギ・ブロッコリーの茎を刻んで混ぜて少し大きめの生地に包んで定番のタレでベビーリーフを巻いていただく。お肉がとてもジューシーで美味しい。四品目は地鶏のラージャオジャン、えのき・アスパラガス・人参・パプリカ・ピーマンをニンニク・タイム・クミン・お酢・砂糖に塩胡椒を利かせてオイスターソースと豆板醤で炒め、これもパクチーをトッピングしていただく。ラージャオジャンは何時食べても美味しーい。最後は八宝菜、たっぷりの定番の野菜に枝豆・エビ・イカを入れて炒め、ささ身をトッピングしていただく。鶏ガラスープがトロッと具材に絡んで旨ーい。今日の仕上げは北海道から取り寄せた自然放牧牛乳のアイスクリームは、高いだけあって全く別世界の味でとっても満足しました。

1、ワンタンスープ
2、真鯛の海鮮サラダ
3、餃子
4、地鶏のラージャオジャン
5、八宝菜
6、自然放牧牛乳のアイスクリーム

080710_2038012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-121

今日はちゃんこ鍋ミックス。白菜・青ネギ・大根・椎茸・えのき・白ネギ・人参・アスパラガス・ブロッコリー・もやし・かぶら・ごぼう・豆腐・京薄揚げ・マロニーと黒豚・地鶏・つくねを用意。先ずはサラダ、レタス・キューリ・トマト・マッシュルームにサラダオイル・お酢・レモン・鰹だし・梅肉・マヨネーズ・山椒・塩胡椒のドレッシングでいただく。梅肉の酸味が程よく利いて美味しい。では鶏ガラスープで煮込んだちゃんこ鍋ミックスを、刻みネギ・紅葉下ろし・下ろし生姜とすだちに一味・七味を好みで掛けていただく。この所クーラーで冷えた体がホックホックになって旨ーい。今日の仕上げはコーヒーフロートとソーダーフローとのシャーベットでお腹いっぱいに成りました。

1、ちゃんこ鍋ミックス
2、サラダ梅干しドレシング
3、コーヒーフロートとソーダーフローとのシャーベット


080709_2031012_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-120

今日はフレンチ。先ずはあさりのクリームスープ・トマト風味、ムール貝が手に入らなかったので、あさりをオリーブオイルでニンニクと玉ねぎを炒めブイヨンで煮込みホールトマト・タイム・ロリエ・ワイン・生クリーム・バターを入れてパセリをトッピングしていただく。まずい訳が無い。次は野菜のテリーヌ、ブロッコリー・カリフラワー・人参・茄子・椎茸・みょうが・アスパラガス・ごぼう・キューリをそれぞれの下味を付けレタスで巻いて、コンソメにクミンを入れゼラチンで固め冷蔵庫で冷やして、生クリームにバター・エシャロット・ニンニク・マヨネーズと塩胡椒のソースでいただく。今回はゼラチンが旨く固まらず綺麗に仕上がらなかったが味は申し分無く旨ーい。三品目は黒豚ロースのステーキ・マスタードソース、ローズマリーを利かせ人参・ブロッコリー・マッシュルームにクレソンを添えていただく。少しレアーに焼いた黒豚がおいちーい。四品目は真鯛のバジリコソースとラタトゥイユ、トマトで酸味が着いた野菜たっぷりのラタトゥイユと、こんがり焼けた真鯛がとってもマッチングが良く旨ーい。五品目は地鶏の煮込みマレンゴ風、小麦を着けて焼いた鶏に野菜とトマトピューレにバターを入れて煮込み、パセリをトッピングしていただく。地鶏がもちもちして固めに仕上げた枝豆と合ってこれもまた美味しーい。今日の仕上げは少し時間を置いてフルーツラッシーとフルーツゼリーのミルクシャーベットでワインの美味しいフレンチでした。

1、あさりのクリームスープ・トマト風味
2、野菜のテリーヌ
3、黒豚ロースのステーキ・マスタードソース
4、真鯛のバジリコソースとラタトゥイユ
5、地鶏の煮込みマレンゴ風
6、フルーツラッシーとフルーツゼリーのミルクシャーベット

080708_2240012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-119

今日は創作日本料理のカレー。先ずはサラダ、レタスの上にキューリ・瓜・ブロッコリー・トマト・マッシュルームにすだちを搾ってマヨネーズドレッシングでいただく。あー幸せ。ではカレーの定番黒毛和牛にカボチャ・じゃがいも・人参・ブロッコリーを添えたカレーをいただく。2日前に18のスパイスを使って仕込んだカレーをミルクで煮込んだカレーは、お肉も野菜もトロトロでクリーミーで美味しーい。三品目はいかと海老フライのナンカレー、カリフラワー・いか・海老にまぶした小麦粉にカレーが染んでナンとも言えず旨ーい。四品目は地鶏のカレーうどん、湯がいたうどんに鰹だしでのばしたスープを掛け、京薄揚げに白ネギと万能ねぎをてんこ盛りにしていただく。フォークとスプンでスパゲティー感覚でいただくとこれもまた美味しい。最後はドライカレー、人参・じゃがいも・えんどう豆・マッシュルームにベーコンで炒め、じゃがいも・ごぼう・茄子に卵をトッピングしていただく。もうお腹いっぱいで言う事なし。今日の〆は少し時間をおいてフルーツジュースとミルクのシャーベットでした。

1、野菜サラダ
2、黒毛和牛のカレー
3、いかと海老フライのナンカレー
4、地鶏のカレーうどん
5、ドライカレー
6、フルーツジュースとミルクのシャーベット

080707_2119012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-118

今日は創作日本料理。先ずはサラダ、中華の雲白肉にレタス・トマト・空心菜・瓜・ミツバと一緒にいただく。サラダ仕立ての豚は美味しい。次はみょうが・瓜・ミツバにすだちを入れたお澄ましをいただく。すだちが利いて何とも言えず旨ーい。三品目は蟹クリームコロッケのクリームソース、じゃがいも・人参にクレソンを添えていただく。クリーム々して美味しい。四品目は昨日寿司屋で満足が行かなかった鯛の兜煮、ごぼう・豆腐・ミツバにすだちを搾っていただく。この味付けは他では食えないかも。今日の最後は鶏もも肉のオーブン焼き、人参・ズッキーニ・マッシュルーム・玉ねぎと一緒に焼いてワインビネガソースでいただく。夏はビネガの酸味がとってもさっぱりとして美味しい。今日の仕上げは種無しぶどうを入れたヨーグルトのアイスクリームでお腹パンパンでした。

1、和風サラダ雲白肉
2、お澄まし
3、蟹クリームコロッケのクリームソース
4、鯛の兜煮
5、鶏もも肉のオーブン焼き
6、ぶどうとヨーグルトのアイスクリーム
080705_1951012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-117

今日は手打ちパスタが食べたくてイタリアン。先ずはスープ、コンソメでアスパラガスを煮込んでミルに掛け、ミルクと一緒に煮込んでパセリをトッピングしていただく。アスパラガスは何にしても旨ーい。次はサラダ、ハムと牛タンをメロンと一緒にトマト・マッシュルーム・レタス・旬のズッキーニと一緒にいただく。このコンビも中々いける。三品目はパスタマシンで作った生麺のボンゴレ、刻みネギをたっぷりトッピングしてレモンを搾っていただく。生麺の食感がたまらなく美味しーい。四品目はピザ、旬の瓜・ズッキーニ・トマト・オニオン・マッシュルーム・ベーコンをトッピングしていただく。言う事無く旨い。次はミラノ風ビーフカツ、チーズを乗せじゃがいも・人参・アスパラガスを添えて、ニンニク・オレガノとタイムを利かせたトマトソースでいただく。ビーフカツがトマトソースととても相性よく美味しい。最後は生麺を使ったスモークサーモンといくらの親子のフェットチーネ、クリームスープ仕立てでいただく。仕上げには最高。今日の〆はナタデココとフルーツヨーグルトのアイスクリームでした。

1、アスパラガスのスープ
2、メロンとハム・牛タンのサラダ
3、ボンゴレスパゲティー
4、ピザ
5、スモークサーモンといくらのフェットチーネ
6、ミラノ風ビーフカツ
7、ナタデココとフルーツヨーグルトのアイスクリーム

080703_2023012_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-116

今日は創作中華料理。先ずはスープ、鶏ガラスープにオレガノを入れトマトを煮込んで卵を綴じて刻みネギをトッピングしていただく。この組み合わせははっきり言って美味しーい。次はおぼろ豆腐のサラダ、レタスの上にキューリ・カボチャ・セロリ・いんげん・空心菜の新芽・玉ねぎ・メロンを乗せて、トマトのスープにオレガノ・お酢・醤油・マヨネーズ・サラダオイル・塩胡椒のドレッシングに煎り胡麻を振りかけレモンを搾っていただく。熟れたメロンが引き立ててくれて旨ーい。三品目はいかと貝柱とゴーヤのピリ辛炒め、昨日の手打ちパスタをフェットチーネにして豆板醤を利かせて一緒に炒めていただく。生麺は独特のもちもちした食感で美味しい。四品目は海老の甘辛ソース、天ぷらにした海老に生姜・お酢・砂糖・塩胡椒・韓国辛しにレモンを搾って刻みネギをたっぷりトッピングしていただく。衣に染んだピリッと辛い甘酢が何とも言えなく美味しい。最後は地鶏のカシューナッツ炒め、アスパラガス・マッシュルーム・玉ねぎと一緒にオイスターソースで炒め、大葉をトッピングしてレタスに巻いていただく。レタスがパリパリしてとっても美味しい。今日の〆はメロンとミルクのシャーベットでお腹はち切れそうでした。

1、卵とトマトの中華スープ
2、おぼろ豆腐の中華風サラダ
3、いかと貝柱とゴーヤのピリ辛炒め
4、海老の甘辛ソース
5、地鶏のカシューナッツ炒め
6、メロンとミルクのシャーベット


080702_2025012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-115

今日はイタリアン。先ずはサラダカプレーゼ、クレソンとセロリを添えていただく。水牛のモッツァレラは美味しーい。次はカボチャのクリームスープ、パセリを振りかけていただく。ミルしたカボチャがとてもクリーミーで美味しい。三品目は鮭のバターソテー、たっぷりのバターでいんげんとパプリカと一緒にソテーしていただく。鮭の皮が香ばしくて旨い。四品目はカッペリーニの牛肉を入れラタトゥイユソース、トマトの酸味がとても心地よく野菜たっぷりで美味しい。最後は黒豚のオリーブオイル炒めほんの少し卵を入れてピカタ風にして人参・じゃがいも・ピーマンを添えていただく。レアーに焼いた黒豚が旨ーい。今日の仕上げはマンゴヨーグルトのシャーベットでお腹一杯でした。今日も久しぶりに手打ちしたパスタの生麺は食べれませんでした。

1、サラダカプレーゼ
2、カボチャのクリームスープ
3、鮭のバターソテー
4、カッペリーニの牛肉を入れラタトゥイユ
5、黒豚のオリーブオイル炒め
6、マンゴヨーグルトのシャーベット

080701_2113012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-114

今日はバーベキュー。何はともあれスープ、鶏ガラスープでカボチャ・玉ねぎ・セロリ・ベーコンを煮込んでバジルを振りかけていただく。カボチャが柔らかくセロリとベーコンが相性よく旨い。次はおぼろ豆腐のサラダ、レタス・キューリ・セロリ・トマト・ほうれん草・マッシュルーム・パプリカにおぼろ豆腐を乗せてレモンを絞り、鰹だしにオリーブオイル・胡麻ダレ・マヨネーズに塩胡椒のドレッシングでいただく。おぼろ豆腐がクリーミーでとろけて美味しい。ではバーベキューをいただく。先ずは黒毛和牛とカボチャ、大根おろしに七味を入れてレモンを搾っていただく。スタートには申し分無く旨い。次はするめイカと茄子、イカがとても柔らかくレモンと塩胡椒だけで美味しい。次はホタテ貝と車海老に男爵いもを添えていただく。魚貝類は言う事無く旨い。次は牛タンとゴーヤにハムとチーズを詰めてじゃがいもを添えて大葉に巻いていただく。言う事おまへん。最後は厚揚げに玉ねぎ・ピーマン・椎茸を添えていただく。好物の厚揚げがとっても美味しい。今日の仕上げはマンゴヨーグルトのシャーベットでお腹はち切れそうでした。今日も用意した魚と豚と鶏は食べれませんでした。

1、カボチャの鶏ガラスープ
2、おぼろ豆腐のサラダ
3、バーベキュー  
黒毛和牛とカボチャ/するめイカと茄子/ホタテ貝と車海老と男爵いも/牛タンとゴーヤ/厚揚と玉ねぎ・ピーマン・椎茸
4、マンゴヨーグルトのシャーベット

080630_2052012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »