« 男の勝手気ままな手作りごはん-100 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-102 »

2008年6月16日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-101

今日は創作お好み焼き。先ずはサラダを用意、ベビーリーフ・瓜・キューリ・大葉・みょうが・人参・長芋の短冊に大根おろしと生姜を乗せた絹豆腐に生ハム・鮃の刺身・いくらにナンプラーを少し掛け、煎り胡麻をトッピングして鰹だしでいただく。だしで食べるサラダもいける。次はなめこ汁、刻みネギをたっぷり入れていただく。これでお腹がちょっと落ち着く。ではいよいよお好みを焼く、キャベツを先に炒め上新粉と卵で作った生地を上から流して牛肉・いかをのせ鰹節とマヨネーズソースでいただく。先に焼いたキャベツがシャキシャキして新感覚で美味しい。四品目はゲソ焼き、アスパラガスを添えてレモンを搾っていただく。レアーに焼いたいかは旨い。五品目はキャベツの変わりにニラを長いもで焼いた豚と海老、一味を利かせたポン酢でいただく。とても相性がよく美味しい。六品目は鮭といくらの親子のお好み焼き、広島風に小麦粉の薄生地の上に刻みネギをたっぷり乗せ、鮭といくらの親子をトッピングしていただく。クレープ感覚で美味しい。最後は水で戻したくずきりのミックス焼きそば、キャベツ・人参・もやし・玉ねぎ・生姜に牛肉・いか・海老と一緒に、ウースター・お好みソースとナンプラーを少し入れて炒め溶き卵につけていただく。くずきりは万能かも。今日の仕上げはイチゴケーキとバニラのアイスクリームでよく食べました。

1、野菜と豆腐の鰹だしサラダ
2、なめこ汁
3、牛肉・いかのお好み焼き
4、ゲソ焼きのアスパラガス添え
5、ニラを長いもで焼いた豚と海老
6、鮭といくらの親子のお好み焼き
7、くずきりのミックス焼きそば
8、イチゴケーキとバニラのアイスクリーム

080614_2011012


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-100 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-102 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-101:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-100 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-102 »