« 男の勝手気ままな手作りごはん-67 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-69 »

2008年5月 5日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-68

今日は創作日本料理。早速いただいた堀たての旬竹のサラダ、レタスの上に旬竹の刺身と生ハムを乗せ、バジル・ビネガー・マヨネーズ・パプリカにレモンを搾っていただく。旬竹の刺身は美味しい。次は旬竹定番の木の芽の和え物、今回は木の芽の変わりにバジルを使いナッツ・味噌・みりん・鰹だし・砂糖で和えていただく。バジルが木の芽に負ける事無く和えた旬竹は旨い。今年最後の旬竹万歳。三品目はなすの田楽、下焼きしたなすに合わせ味噌を乗せ再度トースターでこんがり焼く。旬最初のなすは旨い。四品目は鰆の塩焼き、ごぼうを添え下ろし大根でいただく。焼き加減がとても良くレモンだけで美味しい。五品目は大根と豆腐に卵を落したお汁に山椒を掛けていただく。半熟の卵がお汁にとろけて旨い。最後はチンゲンサイとしめじを豚肉と一緒に炒め一味とレモンを掛けていただく。豚肉がレモンでさっぱり一味でピリッとして美味しい。今日の〆は久しぶりのハーゲンダッツのアイスクリームでした。

1、旬竹刺身のサラダ
2、旬竹のバジル和え
3、なすの田楽
4、鰆の塩焼き
5、大根と豆腐と卵のお汁
6、豚肉の炒め物
7、アイスクリーム

080504_1903012


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-67 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-69 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-68:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-67 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-69 »