« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

男の勝手きままな手作りごはん-88

今日は創作日本料理。先ずはサラダを用意、レタス・赤ピーマン・白ネギ・ミツバ・おぼろ豆腐にゆずを搾って胡麻ダレドレッシングでいただく。美味しい。ではイサキの煮付けをミツバと白ねぎを少し薄めのお出汁にゆずを搾っていただく。旬の魚は旨ーい。三品目は鯖のみりん漬け、レンコンと米茄子を一緒に焼いて大根下ろしでいただく。これもまた旨い。四品目はレンコン・ピーマン・米茄子の肉詰めをいただく。茄子はとろけるチーズを乗せパプリカを利かせることでピザ風で旨い。五品目はおぼろ豆腐のお汁、ミツバ・もやしにゆずを入れていただく。ゆずのお汁は美味しい。今日の仕上げはクリーマーで作ったミルクシャーベットにコーヒーを掛けたアイスクリームでした。

1、おぼろ豆腐のサラダ
2、いさきの煮付け
3、さばのみりん漬け
4、レンコン・ピーマン・米茄子の肉詰め
5、おぼろ豆腐のお汁
6、コーヒーバニラアイスクリーム

080530_2120022


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

男の勝手きままな手作りごはん-87

今日は創作中華料理。早速キャベツたっぷりの餃子を作り水餃子に、レタス・もやし・刻みねぎを入れて煮込む。餃子の皮がワンタンになって美味しい。次は名古屋コーチンの甘酢あんかけ、白ネギ・たまねぎとニンニクを炒め生姜・ごま油・砂糖を入れ中華スープで煮込みこんがり焼いた鶏肉に掛けていただく。酸味が程よく旨ーい。三品目は用意した餃子を焼いていただく。何時もながら自前は旨い。四品目は中華の定番青椒肉絲、豚肉に筍と赤青のピーマンをたっぷり入れてオイスターソースで仕上げていただく。何時食べても旨い。最後はマーボ茄子、昨日の米茄子を入れ甜麺醤に豆板醤を利かせていただく。ピリピリしてこれもまた旨い。今日の仕上げはもう家族の一員になったアイスクリーマーで作ったバニラアイスとチェリーでお腹あっぷあっぷでした。

1、水餃子
2、名古屋コーチンの甘酢あんかけ
3、焼餃子
4、青椒肉絲
5、マーボ茄子
6、バニラアイスとチェリー

080529_2004816001817c82p3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-86

今日は大阪の定番お好み焼き。先ずなサラダ、レタスの上にキューリ・オニオン・生わかめ・ミツバに鶏皮のカリカリ焼きをトッピングして一味と胡麻ダレマヨネーズでいただく。美味しーい。では牛の肉玉をキャベツで鰹をいっぱい振り掛けていただく。スタートには申し分無く旨い。ここで一息、米茄子・京薄揚げ・ミツバにゆずを入れたお汁をいただく。ゆずが利いてて美味しい。四品目はレタスに上新粉で焼いた豚玉をいただく。上新粉は少し粘りが少なくさっぱりしてレタスに合って美味しい。次はネギ焼に鶏のささ身をトッピングしてすだち・下ろし大根・ポン酢に七味を掛けてていただく。これがまた旨い。最後は牛肉・豚肉・海老・いかのミックスオムうどん、マヨネーズにケチャップを掛けていただく。もうお腹パンパン。それでも今日の仕上げはアイスリーマーで作ったバニラにミルクコーヒーを掛けたアイスクリームコーヒーとチェリーのバニラをいただきました。

1、鶏皮のカリカリ焼きサラダ
2、肉玉
3、米茄子・京薄揚げミツバのお汁
4、豚玉
5、鶏ささ身のネギ焼
6、ミックスオムうどん
7、アイスクリームコーヒー
8、チェリーとバニラのアイスクリーム

080528_2034012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-85

今日は久しぶりの手打ちそば。先ずはサラダ、レタス・キューリ・人参・豆腐・生わかめにゆずを刻んで酢みそにサラダオイルを掛けていただく。ゆずが利いてて美味しい。では定番の下ろしそばを二八で打つ、打ち込んだそばを延ばして切り約1分湯がいて氷水で締め、大根おろしにネギと海苔をトッピングしそばつゆに卵を落していただく。そばの香りが心地よく冷たくて旨い。次は天ぷらそば、海老・茄子・エリンギ・大葉・人参にミツバとゆずをトッピングして一味を利かせていただく。温かくて美味しい。四品目は肉そば、お肉を白ネギと京薄揚げを一緒に煮込み刻みネギ・すだち七味を掛けていただく。これもまた旨い。最後は鴨南蛮、何が合ったか鶏肉を入れ忘れ野菜だけでいただく。お酒を飲み過ぎたせいか鴨南蛮を食べたお腹になっている。そばは何と言っても手打ちに限る。今日の仕上げバニラのアイスクリームとチェリーで〆ました。

1、野菜・豆腐・生わかめのサラダ
2、下ろしそば
3、天ぷらそば
4、肉そば
5、鴨南蛮
6、バニラアイスクリームとチェリー

080527_2157816001817c2_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-84

今日は久しぶりのしゃぶしゃぶ鍋。先ずはサラダ、レタス・キューリ・筍・トマト・ミツバに刻み昆布を乗せオリーブオイルと胡麻ダレでいただく。美味しーい。ではメインの鍋をいただく。何はともあれさしたっぷりの黒毛和牛のしゃぶしゃぶを胡麻ダレでいただく。旨ーい。次に用意した野菜を鍋いっぱいに入れ、胡麻ダレと交互にポン酢に紅葉下ろし・一味・七味・刻みネギにすだちを搾って、牛・豚肉と魚貝類の刺身を交互にしゃぶしゃぶしていただく。とっても美味しい。仕上げは残りだしに調味料を少し加え味を整えておうどんをいただく。お腹いっぱーい。昨日に続き今日もアイスクリーマーで悪戦苦闘の末出来上がったバニラのアイスクリームで〆ました。

1、野菜サラダの胡麻ダレ
2、しゃぶしゃぶ鍋
黒毛和牛/黒豚/鶏皮/中トロ/鯛/カンパチ/鮭/昆布/豆腐/生コンニャク/もやし/大根/人参/レタス/三葉/椎茸/筍/エリンギ/白ネギ/白菜
3、うどん
4、バニラのアイスクリーム、

080526_2026816002817c2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-83

今日は創作日本料理。では前菜の生ハムメロン、湯がいたほうれん草と一緒にいただく。熟れたメロンが甘く生ハムが適度に塩っぱくほうれん草でさっぱりと美味しい。次はお刺身、中トロ・鯛・いか・カンパチの盛り合わせを何時ものワサビ塩でいただく。旨ーい。三品目はスモークサーモンといくらの親子サラダ、スライス大根にトマト・ブロッコリーとすだちを乗せていただく。すだちの酸味が程よく利いてこれがまた旨い。四品目は豆腐のお汁、いりこだしに刻みネギをたっぷり掛けていただく。好みの豆腐がてんこ盛りで旨い。最後は黒毛和牛と野菜の網焼き、お肉にニンニクのスライスを乗せ、白ねぎ・椎茸・レンコン・人参・ブロッコリー・トマトと一緒にいただく。さしの多いお肉と一緒に食べる焼野菜が、油を適度に押さえてくれて美味しい。今日の〆は再度挑戦、アイスクリーマーで作った大成功のバニラのアイスクリームで大満足でした。

1、生ハムメロン
2、お刺身の盛り合わせ
3、スモークサーモンといくらの親子サラダ
4、豆腐のお汁
5、黒毛和牛と野菜の網焼き
6、バニラのアイスクリーム

080524_1922816001817c2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-82

今日はイタリアン。先ずはブロッコリーのポタージュ、煮込んだブロッコリーをミルにかけコンソメスープとミルクで再度煮込んでいただく。とてもクリーミーで旨い。次はレンコンのフリッターサラダ、レタス・キューリ・大葉にレンコンを乗せて、大根おろしと刻みネギにワインビネガーとオリーブオイルのドレッシングを作りバジルとパセリを掛けていただく。初挑戦ながら旨い。三品目は鮭のバターソテー、オニオンとアスパラガスと一緒にこれもビネガーソースでいただく。これもまた旨い。四品目はポテトのグラタン、スライスした男爵いもを重ねホワイトソースとミルクを回し掛けてピーマンとチーズをトッピングしてトースターで焼く。これだけでも一食いけそう。五品目は地鶏のソテー、ニンニク・玉ねぎと一緒に炒めコンソメスープでズッキーニと椎茸を入れ少し煮込んでレモンを搾っていただく。これがまた美味しい。最後は鶏形のパスタの野菜スープ、キャベツ・玉ねぎ・ピーマン・人参・椎茸・アスパラガスと一緒にブイヨンで煮込んでいただく。固めのパスタがリゾット感覚で旨い。今日の仕上げは早速手に入れたアイスクリームメーカーでバニラのアイスクリームに挑戦。少し冷やし方が足りなかった分柔らか過ぎたが中々いけそう、今後が楽しみ。

1、ブロッコリーのポタージュ
2、レンコンのフリッターサラダ
3、鮭のバターソテー
4、ポテトのグラタン
5、地鶏のソテー
6、鶏形のパスタの野菜リゾット
7、バニラアイスクリーム

080523_1850022


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-81

今日は学生以来久方ぶりのコロッケ尽くし。先ずはサラダ、レタス・トマト・マッシュルーム・大根・人参・キューリ・みょうが・大葉と昆布を胡麻ドレッシングでいただく。この時期の野菜は旨い。ではカニクリームコロッケを用意、仕込んでおいたホワイトソースを冷蔵庫から出して、カニを入れ俵状に巻いて卵とパン粉をつけてサラダ油で揚げる。クリーミーでとても美味しい。三品目はズッキーニ・オニオン・もやし・マッシュルームに刻みネギ・ガーネットとチーズパウダーをトッピングしたスープをいただく。これもまた旨い。四品目は豚ミンチのコロッケ、豚バラ肉にローズマリーを入れてソテイし千切りキャベツを添えてマヨネーズソースでいただく。コロッケの椎茸と人参の歯ごたえが程よく美味しい。最後は鶏ミンチのコロッケ、ナツメグを入れケチャップソースでいただく。マッシュルームとピーマンの食感が程よくこれもまた旨い。今日も用意した鮭のコロッケは食べられませんでした。仕上げはびわとバニラアイスで美味しカルカルでした。

1、野菜サラダ
2、カニクリームコロッケ
3、野菜スープ
4、豚ミンチのコロッケと豚のソテイ添え
5、鶏ミンチのコロッケ
6、バニラアイスとびわ

080522_2126012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

男の勝手きままな手作りごはん-80

今日は中華料理。先ずは刻み昆布のワンタンスープ、ニンニクで香り付けした玉ねぎを鶏ガラスープで煮込んで、マッシュルームとチャーツァイをトピングしていただく。とても美味しい。次は鯛の甘酢あんかけ、鯛に片栗粉をまぶして油通ししニンニクで香りつけして玉ねぎ・ピーマン・人参・ズッキーニを炒め鶏ガラスープで煮込み、砂糖とお酢を入れ片栗粉でトロミを付けていただく。酸味が利いてて何とも言えず旨い。三品目は海老チリ、唐辛子・ケチャップ・トーバンジャンにナンプラー・ごま油・ラー油を利かせ卵を綴じていただく。何時もながら美味しい。四品目は貝柱のクリームソース、玉ねぎ・茄子・マッシュルームと一緒に鶏ガラスープと生クリームで煮込んでいただく。クリーミーで旨ーい。最後は焼きビーフン、豚肉・キャベツ・アスパラガス・人参・もやしは・マッシュルームと一緒にオイスターソースで炒めていただく。これもまた旨ーい。今日は用意した鶏のバンバンジーは食べられませんでした。

1、刻み昆布のワンタンスープ
2、鯛の甘酢あんかけ
3、海は老チリ
4、貝柱のクリームソース
5、焼きビーフン
6、バニラアイスクリーム

080521_2016816002817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-79

今日はイタリアン。先ずはオニオンスープ、ニンニクで香り付けしたオニオンをコンソメスープで煮込んでチーズを入れピザ生地で蓋をしてオーブンで焼く。熱々で美味しい。次はサラダ、マッシュルーム・トマト・アスパラガス・キューリ・みょうが・ミックスビーンズにガーネットを散りばめレモンとオリーブオイルを掛けていただく。旬の野菜は旨い。三品目はホタルいかとあさりのオリーブオイル焼き、ニンニクで香り付けした玉ねぎにあさり・ズッキーニにミックスビーンズを入れて炒めレモンを搾っていただく。このアンサンブルは美味しい。四品目は春巻きの生地で作ったピザ、オニオン・ベーコン・トマト・ズッキーニ・マッシュルームに茄子をトッピングしてパプリカを掛けていただく。薄めの春巻きの生地の焼き上がりがカリカリして美味しい。最後はニョッキとカッペリーニにバジルペーストとガーネットをトッピングしたダブルパスタのクリームソース、さっきと同じ具材にミックスビーンズを入れて一緒にいただく。これがまた旨い。今日の仕上げは旬のびわとバニラのアイスクリームでした。

1、オニオンのコンソメスープ
2、旬野菜のサラダ
3、ホタルいかとあさりのオリーブオイル焼き
4、茄子のピザ
5、ニョッキとカッペリーニのクリームソース
6、びわとバニラのアイスクリーム

080520_2033012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-78

今日は創作日本料理。先ずはキューリ・みょうが・ミツバの酢漬けにレモンを搾っていただく、このトリオはいける。次は加茂茄子のそぼろあんかけ、ミツバをトッピングしていただく。とっても美味しーい。三品目は旬の鰹のたたき、玉ねぎのスライス・みょうが・刻みネギ・ニンニク・土生姜にレモンをトッピングしていただく。これもまた旨い。四品目は鯛の骨の塩焼き、油が乗ってて美味しい。五品目は豚ブロックのクリーム煮、塩胡椒をして焼き色をつけいりこだしで小松菜と一緒に煮込みンレモんを搾っていただく。意外とさっぱりして旨い。次はごぼうのベーコン巻き唐揚げ、これもレモンを搾っていただく。ごぼうは美味しくてかわいい。最後はにゅうめんの卵とじ、ミツバをトッピングしていただく。仕上げには出来過ぎ。今日の〆はとってもこくのある自然放牧牛乳とアイスクリーム、この牛乳はとっても美味しい。知らないと損をする。

1、キューリ・みょうが・ミツバの酢漬け
2、加茂茄子のそぼろあんかけ
3、鰹のたたき
4、鯛の骨の塩焼き
5、豚ブロックのクリーム煮
6、ごぼうのベーコン巻き唐揚げ
7、にゅうめんの卵とじ
8、自然放牧牛乳とアイスクリーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-77

今日は鯛のあら炊きが食べたくて創作日本料理。先ずはサラダ、ベビーリーフ・アスパラガスに生イカナゴの酢漬けといくらをトッピングして、オリーブオイルでいただく。いくらと一緒に野菜で巻いて食べる旬のイカナゴは旨い。次は小松菜のお浸し、さっと湯通して煎り胡麻とごま油・辛し醤油でいただく。旬は旨い。三品目は大根下ろしといくら、醤油浸けのいくらが大根でさっぱりして旨い。ではメインの鯛のあら炊き、ごぼう・ミツバ・豆腐と一緒に甘めに煮込み、すだちをたっぷり搾っていただく。魚は旬がやはり美味しい。五品目は鶏の唐揚げ、タイム・オレガノ・醤油・みりん・塩胡椒とだしで下味を付け片栗粉をまぶして唐揚げにする、搾ったすだちの酸味が頃よく鶏の皮がカリカリで美味しい。最後は豆腐・大根・カボチャ・ミツバの旬野菜のお汁、これもまた旨い。今日も〆はイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、生イカナゴといくらのサラダ
2、小松菜のお浸し
3、大根下ろしといくら
4、鯛のあら炊き
5、鶏の唐揚げ
6、豆腐と旬野菜のお汁
7、イチゴヨーグルトのアイスクリーム

080517_1951012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-76

今日は久ぶりのうどん尽くし。日本三大うどんと言われる水沢うどんは関西では手に入らないので讃岐といなにわうどんを用意。先ずは手打ちの冷やし讃岐うどん、ベビーリーフを散らし下ろし大根・刻み海苔・いくら・煎り胡麻に卵をトッピングして、おつゆに煎り胡麻をたっぷり入れていただく。冷水で締めた腰のある讃岐うどんは旨い。次は手延べのいなにわうどんの親子、地鶏に卵を綴じて刻みネギと海苔をトッピングしていただく。熱々でいなにわの生麺は旨い。三品目は天ぷらうどん、海老・大葉・アスパラガス・カボチャ・茄子をトッピングしていただく。天ぷらの衣にだしが染みて讃岐うどんが美味しい。四品目はいなにわのカレーうどん、市販のカレールーにクミン・カルダモン・ターメリック・ガラムマサラを入れて、だしでのばしネギと京薄揚げを煮込んでいただく。うどんの定番とも言えるカレーうどんは旨い。最後はほうとうの変わりに讃岐を使った山菜うどん、たっぷりの山菜に豆腐・京薄揚げをいれ良く煮込んでいただく。煮込んだ讃岐の腰もしっかりとしてて具沢山でとっても美味しい。うどんは手打ちも手延べも甲乙つけがたく旨い。今日の仕上げはマンゴとバニラアイスクリームでした。

1、冷やし讃岐うどん
2、いなにわうどんの親子
3、天ぷらうどん
4、カレーうどん
5、山菜うどん
6、マンゴとバニラアイスクリーム

080516_2049816001817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-75

今日はボジョレーワインでフレンチ。ベビーリーフ・トマトに貝柱といくらを乗せてヴィネグレットソースでいただく。ビネガーの酸味が利いて美味しい。ではカボチャのポタージュ、カボチャをブイヨンでしっかり煮込んでミキサーにかけ生クリームで仕上げる。トロッとしたがボチャがクリーミーで旨い。三品目はフランス風肉じゃが、同じ材料をエスパニョールソースでしっかり煮込む。ソースが違うとまた不思議、美味しい。四品目は牛フィレのソテイ、カボチャ・茄子・ブロッコリーと一緒に焼いていただく。レアーのお肉がフィレフィレして旨い。五品目はそろそろ旬の太刀魚とアスパラガスのバターソテイ、バターでこんがり焼いた太刀魚は旨い。最後はベシャメルソースで仕上げたリゾット。お米の芯がしっかり残って噛みごたえが何とも言えなく美味しい。今日の〆はチョコレートのアイスクリームでした。

1、野菜・貝柱・いくらのサラダ
2、カボチャのポタージュ
3、フランス風肉じゃが
4、牛フィレのソテイ
5、太刀魚とアスパラガスのバターソテイ
6、リゾット、ベシャメルソース
7、チョコレートアイスクリーム

080515_2119816001817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-74

今日も創作日本料理。先ずはサラダ、水菜をベースにトマト・キューリを胡麻ドレッシングでいただく。水菜がパリパリで旨い。次も水菜のお浸し、京薄揚げと一緒にいただく。これもまた旨い。三品目はふろふき大根、今回は味噌を使わず昆布だしだけでいただく。とてもさっぱりとしてそろそろ旬終わりの大根も旨い。四品目は舌平目のバター焼き、ムニエル風に焼いていただく。舌平目の皮がコンガリ焼けてとても美味しい。五品目は刻みネギをたっぷり入れて焼いただし巻き、アスパラガスを添えていただく。少し多目のだしで卵がふわふわになって旨い。ここで口直しに豆腐のお汁をいただく。薄めのお汁が何とも言えなく美味しい。最後は豚バラ肉の生姜焼き、レモンを搾って水菜と一緒にいただく。生姜の加減が頃合いでとっても美味しい。今日の〆は何時ものイチゴヨーグルトのアイスクリームとチェリーでした。

1、水菜の胡麻サラダ
2、水菜のお浸し
3、ふろふき大根
4、舌平目のバター焼き
5、ネギ入りただし巻き
6、豆腐のお汁
7、豚バラ肉の生姜焼き
8、イチゴヨーグルトアイスとチェリー

080514_1929816001817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-73

今日は創作日本料理。早速サラダを用意。サニーレタス・ブロッコリー・キューリ・オニオン・トマトを味噌ベースのオリジナルドレッシングでいただく。味噌は万能。次は家庭料理の定番の肉じゃが、少し甘めにじっくり煮込んでいただく。どの具材も良く煮えて美味しい。三品目はさざえの壷焼き、ただただ醤油を少し垂らして獅子唐となすびと一緒に焼く。これもまた旨い。四品目は連子鯛の煮付け、大根と一緒にいただく。とっても美味しーい。五品目は豆腐・京薄揚げとおネギのお汁、うーんさっぱり。最後は連子鯛の姿焼き、煮付けの半身を焼いてレモンを搾っていただく。鯛は煮ても焼いても旨ーい。もちろん今日の仕上げはイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、味噌ドレシングのサラダ
2、肉じゃが
3、さざえの壷焼き
4、連子鯛の煮付け
5、豆腐・京薄揚げとおネギのお汁
6、連子鯛の姿焼き
7、イチゴヨーグルトのアイスクリーム

080513_1954012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

男の勝手気ままな手作りごはん-72

今日も一昨日と同じイタリアン。先ずは鶏もも肉の酒蒸しのサラダ、サニーレタスにトマト・キューリ・セロリ・しめじを添えてバジルと胡麻ドレッシングでいただく。ボリューム感があってこれだけでも十分一食になる。次は旬かぶらのクリームスープをいただく。じっくり煮込んだカブラは、トロトロでとても美味しい。三品目はボルシチ風ロールキャベツのトマトソース、玉ねぎをニンニクで香り付けセロリ・ホールトマトと一緒にじっくり煮込む。ただ一言美味しい。四品目はニョッキ、これもローズマリーを利かせてトマト味でいただく。久しぶりのニョッキは旨い。五品目は茄子のピッツア、玉ねぎ・ベーコン・ピーマンに茄子とチーズをたっぷり乗せてパプリカを振りかけていただく。生地がカリカリに焼けてチーズがトロトロで旨い。最後はボンゴレビヤンコ、ニンニクを利かせて酒蒸ししたあさりにパスタを絡め、チーズとレモンをたっぷり掛けていただく。レモンがさわやかであさりがとても美味しい。今日はお腹一杯でデザートは入りませんでした。

1、鶏の酒蒸しサラダ
2、かぶらのクリームスープ
3、ボルシチ風ロールキャベツ
4、ニョッキ
5、茄子のピッツア
6、ボンゴレビヤンコ

080512_1954816001817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

男の勝手気ままな手作りごはん-71

今日は創作中華料理。先ずは生わかめの鶏ガラスープ、春雨と一緒にいただく。肉厚の生わかめは美味しい。次はカニのキューリ巻、コンソメで煮込み卵を綴じて片栗粉でトロミをつける。スープ仕立てのカニとキューリのコンビもいける。三品目は春巻きと餃子、定番のタレでいただく。やはり自前は旨い。四品目は酢豚、今回は竹の子・玉ねぎ・ピーマン・人参に獅子唐を加えしっかり酢を利かせて仕上げる。お酢が利いててとても美味しい。五品目は鶏とカシューナッツ炒めのレタス巻き、ニンニクで香り付けした玉ねぎを加えて炒め、オイスターソースとナンプラーで味を整えレタスに巻いていただく。パリパリのレタスと一緒に食べる鶏とカシューナッツは旨い。今日の仕上げはチェリーとイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、生わかめのスープ
2、カニとキューリのスープ仕立て
3、春巻きと餃子
4、酢豚
5、鶏とカシューナッツ炒めのレタス巻き
6、チェリーとイチゴヨーグルトのアイスクリーム

080510_1829816002817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

男の勝手気ままナ手作りごはん-70

今日はイタリアン。先ずはサラダ、レタス・セロリ・キューリ・アスパラガス・レモンにオリーブオイル・バルサミコ酢・マヨネーズ・パプリカでいただく。酸味が心地よく美味しい。次は具沢山のミネストローネ、セロリ・キューリ・かぶら・人参・玉ねぎ・ホールトマトをコンソメスープにローズマリーを利かせ、じっくり煮込んでチーズパウダーを掛けていただく。ローズマリーが利いてて旨い。三品目はいかのフリッター、片栗粉をつけたいかをオリーブオイルで揚げ塩胡椒とレモンでいただく。シンプルながら旨い。四品目はアルファベトのパスタを、チーズたっぷりのクリームソースでスペルを探しながらいただく。クリーミーで美味しい。五品目はワンタンの皮を使ったピザ、玉ねぎ・ピーマン・ベーコン・アスパラガスにオリーブオイルを垂らしチーズとパプリカで仕上げる。生地がとても薄いので具材にボリューム感があってとても旨い。最後は鶏形パスタの親子、玉ねぎとニンニクで香り付けしたコンソメスープにアスパラガスとパスタを絡め、卵を入れてレモンを利かせていただく。スプーンですくいながら食べるパスタも美味しい。今日の〆は何時ものイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、野菜サラダ
2、ミネストローネ
3、いかのフリッター
4、アルファベトのクリームソースパスタ
5、ワンタンのピザ
6、鶏形パスタの親子

080509_1946816001817c82p2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-69

今日は久しぶりのお寿司と天ぷら。先ずは旬最後のはまぐりのお汁をレモンの皮の刻みをトッピングしていただく。レモンが利いてはまぐりの実がプリプリで美味しい。続いて若竹煮をいただく。昆布も旬竹も薄めの鰹だしを吸いながら一緒に食べると旨い。三品めは近頃ご無沙汰のクジラのオバケ、定番の酢味噌でいただく。懐かしく美味しくてコロのおでんが食べたくなった。四品目はお刺身を塩とワサビ醤油でいただく。やはり生は美味ちーい。では刺身と同じネタのお寿司をいただく。鮭の焙りにいくらを乗せた親子も、お酢を利かせた人肌のシャリがネタを引き立てて美味しい。六品めは海老と野菜の天ぷらを、ミツバのお汁と一緒に塩レモンでいただく。天つゆの変わりにお汁に浸けた天ぷらも旨い。今日の仕上げはチェリーとイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、はまぐりのお汁
2、若竹煮
3、クジラのオバケ
4、お刺身の盛り合わせ
鯛/中トロ/サーモン/いか/たこ/いくら/うに/たまご/あなご
5、お寿司
6、海老と野菜の天ぷら
海老/いか/たこ/旬竹/大葉/アスパラガス/ミツバ/玉ねぎ/人参
7、ミツバのお汁
8、チェリーとイチゴヨーグルトのアイスクリーム 

080507_2121012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-68

今日は創作日本料理。早速いただいた堀たての旬竹のサラダ、レタスの上に旬竹の刺身と生ハムを乗せ、バジル・ビネガー・マヨネーズ・パプリカにレモンを搾っていただく。旬竹の刺身は美味しい。次は旬竹定番の木の芽の和え物、今回は木の芽の変わりにバジルを使いナッツ・味噌・みりん・鰹だし・砂糖で和えていただく。バジルが木の芽に負ける事無く和えた旬竹は旨い。今年最後の旬竹万歳。三品目はなすの田楽、下焼きしたなすに合わせ味噌を乗せ再度トースターでこんがり焼く。旬最初のなすは旨い。四品目は鰆の塩焼き、ごぼうを添え下ろし大根でいただく。焼き加減がとても良くレモンだけで美味しい。五品目は大根と豆腐に卵を落したお汁に山椒を掛けていただく。半熟の卵がお汁にとろけて旨い。最後はチンゲンサイとしめじを豚肉と一緒に炒め一味とレモンを掛けていただく。豚肉がレモンでさっぱり一味でピリッとして美味しい。今日の〆は久しぶりのハーゲンダッツのアイスクリームでした。

1、旬竹刺身のサラダ
2、旬竹のバジル和え
3、なすの田楽
4、鰆の塩焼き
5、大根と豆腐と卵のお汁
6、豚肉の炒め物
7、アイスクリーム

080504_1903012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

男の勝手気ままな手作りごはん-67

今日はフレンチ。先ずはカボチャのクリームスープ、潰したカボチャにキャベツを入れコンソメスープと生クリームで煮詰める。熱々で美味しい。ではサラダを、レタスにクレソンをたっぷり散らしセロリとトマトをトッピングして、バルサミコ酸ソースとオリーブオイルに塩胡椒とレモンを搾っていただく。ただ一言旨い。次は塩水に浸けて置いたあさりを、オリーブオイルとニンニクで香り付け、白ワインで煮込みミツバをトッピングしてレモンを搾っていただく。ニンニクとお汁と一緒に食べる旬のあさりは美味しい。四品目はロールキャベツ、合い挽き肉に新玉の刻みを揉み込み、湯がいたキャベツとベーコンで巻きブイヨンにプチトマトを入れてじっくり煮込む。キャベツがトロトロで肉汁も相まって美味しい。五品目はカレイのムニエル、人参・じゃがいも・椎茸を添えレモンを搾っていただく。バターが香ばしく美味しい。最後はポークピカタ、チンゲンサイ・カリフラワー・じゃがいもを添えていただく。卵たっぷりで焼いた豚のピカタは旨い。今日の仕上げはイチゴヨーグルトのアイスクリームでした。

1、カボチャのクリームスープ
2、クレソンのサラダ
3、あさりの酒蒸し
4、ロールキャベツ
5、カレイのムニエル
6、ポークピカタ
7、イチゴヨーグルトアイス

080502_1935012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-66

今日は創作中華料理。先ずはサンラータン、豚肉に片栗粉と卵白を揉み込んで炒め、中華スープで椎茸・キクラゲ・えのき・さやいんげん・プチトマトを煮込み、片栗粉でトロミを付けて卵を綴じセロリをトッピングしていただく。ラー油も豆板醤も利いてて美味しい。ではメインのハイファン風鯛の海鮮サラダを用意。大根のつまの上に鯛と人参・セロリ・レタスとミルしたカシューナッツを乗せ、胡麻ダレ・ごま油・ポン酢・和辛し・豆板醤・醤油・塩胡椒にレモンを搾った合わせタレでいただく。言うなれば中華風カルパッチョ、鯛・野菜・カシューナッツとタレの一体感がとても旨ーい。三品目はこの前仕込んで解凍した焼売を蒸す。すだちを搾り辛し醤油でいただく。作った焼売はやはり美味しい。四品目は海老チリ、下ごしらえした芝海老を、ニンニクで香り付けした油で新玉ねぎと一緒に炒め、豆板醤・ラー油・生姜・砂糖少々・塩胡椒に片栗粉でトロミを付けケチャップで仕上げる。海老がプリプリして豆板醤がピリピリ利いて旨ーい。五品目は鶏もも肉の焼ビーフン、これも下ごしらえしたもも肉を炒め、鶏ガラスープとみりんで旬竹・椎茸・レタス・生姜にビーフンを入れ、煮汁を飛ばしきぬさやを入れ、酒・ナンプラー・塩胡椒とごま油を回しがけて仕上げる。心持ちアルデンテに仕上がったビーフンが美味しい。今日も〆は別腹のにバニラのアイスクリームを入れました。

1、サンラータン
2、ハイファン風鯛の海鮮サラダ
3、焼売
4、海老チリ
5、鶏もも肉の焼ビーフン
6、バニラのアイスクリーム

080501_1914012_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

男の勝手気ままな手作りごはん-65

今日は創作日本料理。では生昆布と生姜の酢漬けのスライスにキューリとミツバをトッピングしてすだちを掛けていただく。お酢が利いてて美味しい。次は鰆の煮付けをいただく。ごぼうとえのきを一緒に煮込んだ鰆は旬だけあって格別に旨い。三品目は何時もの豆腐とミツバのお汁。すだちが利いてて美味しい。四品目は豚バラをカボチャとアスパラガスを一緒に網焼きして塩胡椒とレモンを搾っていただく。網焼きにする事で適度に脂が抜けレモンが利いて旨ーあーい。五品目は再度鰆の登場。砂糖醤油とみりんで照りを付けながら焼き上げ、蒸かしいもとマッシュルーム・アスパラガス・白ネギを添えていただく。焼いた鰆は言う事無く旨い。六品目はカニの卵巻き、久しぶりの卵焼きは旨い。七品目はふろふき大根、鰹だしだけでじっくり煮込んだ大根に一味を振りかけ木の芽と一緒にいただく。何も足さな何も引かないふろふき大根は良く煮えてとっても旨ーい。今日の〆も飽きずにイチゴとバニラのアイスクリームでした。

1、生昆布と生姜の酢漬け
2、鰆の煮付け
3、豆腐とミツバのお汁
4、豚バラの網焼き
5、鰆の照り焼き
6、カニの卵巻き
7、ふろふき大根
8、イチゴとバニラのアイスクリーム

080430_195002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »