« 男の勝手気ままな手作りごはん-18 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-20 »

2008年3月 5日 (水)

男の勝手気ままな手作りごはん-19

今日は創作日本料理。まずはほうれん草のおひたしをいただく。次に煮込んでおいた豚の角煮を野菜と一緒に辛しでいただく。トロトロの豚がとても旨い。三品目はふろふき大根。アスパラ・人参・海老と刻みゆずをトッピングしてあっさりした鰹だしでいただく。次にサーモンといくらの親子サラダをいただく。サーモンといくらの塩加減が野菜と合ってとても旨い。そろそろ、グレを煮込みだす。五品目は電子レンジで温めたブロッコリーの芯を、卵で巻いてマヨネーズ・ソースでいただく。何故か芯が旨い。次は鶏のブラックペパー焼きに蒸かし芋を添えてシンプルにいただく。鶏本来の味を楽しむ一品である。いよいよメインの煮込んでおいたグレをいただく。とても美味しいので、残るのは猫もビックリ骨だけ。魚好きの証拠。最後はほうれん草のバターソテイ。海老・椎茸・ごぼう・マッシュルームと一緒にいただく。今日はお腹いっぱいで、用意しておいた岩海苔のお汁は飲めませんでした。
1、ほうれん草のおひたし
2、豚の角煮
3、ふろふき大根
4、サーモンといくらの親子サラダ
5、ブロッコリーの卵巻
6、鶏のブラックペパー焼き
7、グレの煮込み
8、ほうれん草のバターソテイ


Kc3a00152


|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-18 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-20 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-19:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-18 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-20 »