« 男の勝手気ままな手作りごはんー8 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-10 »

2008年2月22日 (金)

男の勝手気ままな手作りごはん-9

今日は魚がメインの創作日本料理。久しぶりのたまご焼きがきれいに巻けて、とても満足。段取りの都合でいきなりメインのがしらの煮付け。鰹を効かしただしであら炊きの煮付けと違い、砂糖は控えめにゆっくりと煮込む。がしらやおこぜなど深海魚は顔のわりに、淡白でとても旨い。次に大根をおでん風にカラシでいただく、愛嬌にしめじを添えて。そしてたまご焼きはほうれん草と少しだけだしを入れて巻く。これもまたまた旨い。次に既に仕込んでおいたキュウリとわかめの酢漬けをいただく、お酢の酸味が口直しにとても旨い。そしてだし巻き用の小分けしたほうれそうにおかかをかけてこれも口直し。次に二品目のメインの鮭、塩胡椒だけで焼いた素材味重視の一品。冬の鮭はシンプルの方が脂がのってとても旨い。そして〆に豆腐と京薄揚げにミツバとすだちの汁。デザートはイチゴとホイップクリームでした。
1、がしらのにつけ
2、大根のおでん
3、ほうれん草のたまご巻き
4、わかめとキュウリの酢漬け
5、おかかほうれん草
6、鮭の塩胡椒焼き
7、お汁
8、デザート



080221_20460123

|

« 男の勝手気ままな手作りごはんー8 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-10 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-9:

« 男の勝手気ままな手作りごはんー8 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-10 »