« 男の勝手気ままな手作りごはん-4 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-6 »

2008年2月18日 (月)

男の勝手気ままな手作りごはん-5

今日は、買い出し三日分の最終日。計画通りに分けておいた材料を使っての串カツ。例の自慢のマルチクッカーのまたまた出番。天ぷらと同じく油を使わないので、少々食べ過ぎても胸焼けなど全くない。もちろん香ばしく仕上げる為にスプレー油を少し掛けてもいい。串カツはパン粉を使うので、好みの食パンをブレンドして、ヘタまでミキサーで頃合いの大きさに挽く。ヘタを入れる事でサクサク感がでて、串カツにはちょうど良い。以前行きつけの串カツ屋で伝授。コロッケなどは、かなり大きめに挽くとカリカリと歯触りも良く旨い。まずは串カツのネタの下ごしらえ。材料は一昨日の天ぷらと同じ。こうする事で、沢山のネタの用意が無駄無く出来て都合がいい。取り合えずネタの準備ができた所で、スタートのサラダを用意。今回のサラダは、煎り胡麻と胡麻オイルと大葉がポイント。トマト・レタス・パプリカに和えて出来上がり。ごぼうやミョウガを入れても、どんな材料でも結構相性がいい。サラダを少し食した所で、下準備しておいた好みの串カツのネタを焼き始める。まずは王道の海老から。サーモンはいくらを添えて親子で。ネタによって揚げ時間が違うため、タイミング良くでネタを入れる。たっぷりとレモンをかけて揚げ立てをいただく。ネタによっては塩やソースに加え、好みのサラダドレッシングでも旨い。今回はソース・塩に山椒と胡麻油を用意。串カツも天ぷらも基本的にはネタの鮮度による。魚貝類は、刺身用のネタを使う事で、レアーに揚げたりしっかり揚げたりネタの旨さが楽しめる。今日は主にネタを中心に楽しむ為、汁物は作らずサラダだけ。キャベツは串カツの定番だが敢えて今回はレタス。予定通り26品完食、今日も旨かった。
1、サラダ
2、串カツ たらの芽/ペコロス/子なす/ごぼう/人参/レンコン /ミツバ/さつまいも/南京/きぬさや/獅子唐/アスパラ/ヤングコーン/椎茸/まいたけ/大葉/竹の子/海老/いか/かに/いくら/きす/帆立/サーモン/ホタルイカ/鶏



080216_2006〜01−2−4.jpg

|

« 男の勝手気ままな手作りごはん-4 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-6 »

日本食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の勝手気ままな手作りごはん-5:

« 男の勝手気ままな手作りごはん-4 | トップページ | 男の勝手気ままな手作りごはん-6 »